星よみ協会の無料講座案内

講師インタビュー・森野御土日古さん 星読みでエアポケットを抜ける

星を使いこなす

「星を使いこなせちゃう無料講座」は、星読みのスキルをお伝えすることはもちろん、将来、星読みをお仕事にするためのエッセンスもふんだんに盛り込んでいます。

講座に登場する講師や、星読みのお仕事について紹介していきます!

今回は「星を使いこなせちゃう無料講座」を立ち上げ、講師も務めている森野御土日古(もりの・おとひこ)さんにインタビュー。

「心の傷は癒したのに、まだ自分らしい人生を生きられない…」と悩む人に、星読みを使って次のステージへ進む方法を伝えている森野さん。

「人生のエアポケット」を抜ける方法についてお話を伺いました。

森野御土日古(もりの・おとひこ)

太陽牡牛座、月射手座。株式会社&U(アンドユー)代表。日本トランスパーソナル学会理事。「カウンセラーの東大」といわれる大正大学で臨床心理を学び、カウンセラーや一般企業での就職を考えるも、自分の人生を模索するため、バックパッカーに。3年に渡る旅の中で星読みと出会い、カウンセリングマインドを活かした独自の星読みが口コミで評判となり、またたくまに人気を博す。その後独立して&Uの前身となる一般社団法人e-Heartを設立し、「人生のエアポケットを抜ける」をテーマに星読みを使って自分の人生をクリエイトする講座等を展開。「星を使いこなせちゃう無料講座」をプロデュース。

こころ業界を依存から自立へ 、自分らしく生きる人を増やしたい

ヘリオんと森野さん

――森野さんが星読みを始めたきっかけを教えてください。

僕はもともと大学で臨床心理学を学んでいて成績も良かったのですが、臨床心理士になるのはやめました。

お金がない人から高額なカウンセリング料をとるという意味で、ビジネスモデルが破綻していると思ったからです。

その後3年ほど、バックパッカーをしながらいろんなところに顔を出して、瞑想や座禅などの修行を行いながら自分の生き方を模索しました。

そして、あるコミュニティで星読みに出会いました。

 

――臨床心理を学んでいた立場から見て、星読みをどう思いましたか?

正直、「こんな適当なこと言うだけで、お金もらえるの?それだったら僕のほうがもっとうまくやれる」と思いました(苦笑)。

試しにセッションをやってみたらどんどん評判になっていき、2ヶ月後にはほぼ集客なしでセッションの予約が100件を超えました。

この時期、星読みを研究して楽しかった反面、「これでいいんだろうか?」という感覚がありました。

 

――「これでいいのか?」というのは具体的にどういうことでしょうか?

占い業界のイメージがドロドロしていて、イヤ〜な感じがしたのです。

もちろん、まともな占い師さんもいますが、そうでない方も少なくないのが実情です。

僕と一緒に「星を使いこなせちゃう無料講座」を作った占星術師のかげした真由子さんによると、「占いを勉強した方の多くは、一度は占いに依存してしまった経験がある」そうです。

星読みは自分を知る優れたツールですが、不安を煽りクライアントを依存させるやり方は、占い師もクライアントも幸せではありません。

だから、&Uの前身となる一般社団法人e-Heartを設立して、占い師を始めとしたこころ業界のプロの育成を始めることにしました。

こころ業界を「依存」から「自立」へ、「ドロドロ」から「すがすがしさ」へと変えていくのが僕の願い。

星読みを使って自分の人生の道を歩む人が増えてほしい、と考えています。

人生が停滞するエアポケット 特定の価値観にしがみつくと抜け出せない

――森野さんがプロデュースした「星を使いこなせちゃう無料講座」は、「人生のエアポケットを抜ける」をテーマにされていますが、エアポケットとはどんなものなのでしょうか?

エアポケットとは、自分の心の痛みを解消するなどの「癒し」のステージを終えて、「自分らしい人生」に移行するときに落ちてしまう穴のようなものです。

「心を癒やして、好きな仕事・ライフスタイルを実現して自分らしく生きている人」って、そう多くないと思いませんか?

自己実現には癒しとは別のテクニックが必要なんです。

 

――自己実現のために星読みが使えるということでしょうか?

そうですね。自己実現には社会との折り合いやマーケティングも必要なのですが、それ以前に、「自分を知ること」が必要です。

自分を知らないままマーケティングを勉強しても、うまくいきません。

星読みは、自分を知ることができる最高のツールです。

自分の性質や心の奥底を知ると、外れていくブロックがあります。

 

――「星読みで自分を知ってエアポケットを抜ける」って、実際はどういった感じですか?

僕の例でお話ししますね。僕は太陽星座が牡牛座なのですが、牡牛座は「確実な何かを手に入れたい」「所有したい」というサインです。

実際に、僕は人脈や資産などをできるだけ持っておきたい気持ちがあります。

ところが、ずっと実践していた坐禅の修行では「所有は悪」とされていて、このギャップには悩みました。

自分らしく生きたいのに、太陽星座のパワーを活かせずエアポケットに落ちていました。

座禅の教えのように、従来は良いとされてきたけれど実は自分の人生の邪魔をしている価値観のことを「ポジティブブロック」といいます。

エアポケットに落ちてしまうとき、ポジティブブロックによって先に進めないことがあります。

坐禅の教えも一理あります。

しかし、特定の価値観にしがみついていると、人は本当の意味で自立はできません。

なぜなら「ある価値観に依存している」ことになりますから。

似たような例では、癒しの世界では「お金を所有するよりも人間関係が大事」と説かれることが多いです。

たしかにそうかもしれません。でも現実社会では、家族が幸せに暮らすにはある程度のお金が必要になるなど、お金が人間関係を支えていることもたくさんあります。

だから「お金より人間関係が大事」という考え方もポジティブブロックの一つと言えます。

エアポケットを抜ける鍵は【自分にフィットする太陽星座の目的】の発見

――森野さんは、ポジティブブロックをどのように解消してエアポケットを抜けたのですか?

僕がやったのは、改めて星読みと向き合うことです。

本当の自分を生きるには、自分が納得できる自身の太陽星座の意味を見つけ出すことが必要です。

太陽星座は自分の人生の目的を指し示してくれるからです。

ただし、既存の占星術の本に書いてある太陽星座の意味は、その人にとって正しくない場合もあります。

なぜなら、伝統的な占星術の解釈は現代の人間の進化に追いついていないことがあるから。

なので、従来の太陽星座の意味をもとに、自分にフィットする太陽星座の目的を連想していく作業が必要だと考えて、やってみました。

 

――森野さんにフィットする太陽牡牛座とは、どんなものだったのですか?

僕の場合は「とりあえず所有はしておきたいけれど、それを使わない」のがしっくり来る、という結論に至りました。

不思議ですけど、僕は資産は使わなくていい一方で、所有が増えると「人生が進む感じ」を感じることができたんですね。

自分自身を「欲が消えた牡牛座」と認めることができたとき、エアポケットを抜けたのです。

 

――星読みってやっぱり、自分の資質を表すものなのですね。

そうそう。悔しいけど、星読みってめっちゃ当たります(笑)。

僕は月星座が射手座で、たしかにプライベートは自由じゃないとイヤだし。

ですから、牡牛座の僕が魚座や射手座に憧れても、それでは次のステージに移行できないわけです。

他の星座のようになろうと頑張っても、苦手意識をなんとなく克服できる程度。

結局、「人生の扉」は自分の太陽星座と向き合った先にしかないのですね。

自分の感覚を磨きながら星読みの知識と照らし合わせていくと、「扉」が出てきて、人生が一気に進みます。

 

――自分を認めて、自分を生きる。未来予測も含めて星読みを使えると、自分の感覚にフィットする生き方ができそうですね。

そうですね。「全部がしっくりくるところ」があるんです。

そこにコンパスを合わせるために模索するツールが、星読みです。

やりたいことが分からないときは、太陽星座と月星座の意味をヒントに人生の目的を模索すればいい。

自分が持つ星の意味がしっくりこないときは、しっくりくる意味を連想ゲームのように探していけばいいんです。

星読みほど個人の情報を詳しく読み解けるツールはめったにないので、自分の人生を生きるために活用するには最高だと思います。

 

――星読みをそのように使えると、自分の人生を生きられそうです。

ええ。特に現在の段階でエアポケットにいる人は、自分自身の癒しは終わっていてこころの健康度が高いですから、こういった方たちに星読みを学んでいただいて、こころ業界のプロをもっと育てていきたいですね。

自分の人生をクリエイトするには、占いの知識だけじゃなくて、エアポケットを抜けるスキルが必要です。

「星を使いこなせちゃう無料講座」などを通じて、こころの業界、占いの業界を変えていきたいと思っています。

かげしたさんインタビュー_アイキャッチ
講師インタビュー・かげした真由子さん 星読みで運命のその先へ「星を使いこなせちゃう無料講座」は、星読みのスキルや星読みをお仕事にするためのエッセンスをふんだんに盛り込んでいます。講座を監修した「占い師の先生」かげした真由子さんに、占いの哲学や講座に込めた思いなどをインタビューで伺いました。...

森野御土日古さん監修の無料講座はこちら!

自分の人生を生きるための、星の使い方。

ホロスコープという羅針盤を活用しつつ、自分の意識にチューニングを合わせることで、本当に望む自分の人生が見えてくるかもしれません。

「森野さんの星読みをもっと知りたい!」という方は、ぜひ「星を使いこなせちゃう無料講座」をチェックしてみてくださいね。

\星よみ協会の無料講座開催中♪/
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
kinuko
kinuko
太陽魚座、月蠍座。「○○の星を持つ人は○○をするのはNG」といった選択肢に制限ができる占いに疑問を持つ中、星読みテラスに出会い「主体的に人生を生きるための星読み」に共感。月蠍座の気質を活かし、心に深く響く記事を目指す。ライター、編集歴10年以上。専門分野は、健康、心理、ボディワークなど。