星読みテラスとは

星読みテラスへようこそ!

hoshiyomigudance

\女性のためのボランティア講座/無料講座バナー

博士

テラス博士
「ようこそ星読みテラスへ。ここに訪れたということは、おまえさん、西洋占星術や星読みに興味があるということかな?」


「うんうん、そうなんです!でも沢山の情報があって・・・。
どこから知ればいいのかわからなくて、さまよっているうちにここに来ちゃったけど、よかったかな。(オロオロ)」

テラス博士
「おぅ、おぅ、もちろんウエルカムじゃ。ちょいとワシの星の話でもきいていくとよい。

この星読みテラスでは西洋占星術、とか星読みと呼ばれるものをお伝えしとるんじゃがのぅ、その思想の土台となっているのが、”as above, so below”という思想なんじゃ。」


「んんん????いきなり難しい話!!!!
あず、あばぶ そう びろぅ?」

博士
「苦笑。そう。ちょっとカッコつけて英語で言うてみたがのう、難しいことじゃないのじゃ。

そう、上と下は一緒♡ってことじゃ。

上なるものは下なるものと等しい、っていう意味なんじゃよ。

天空に浮かぶ星たちは、私たちが生きる地上を映し鏡のように照らし出しているし、その星たちは、私たち一人ひとりを映し出している、という世界観なんじゃ。」


「へぇーーーー!それってどういうことなの?上って星空のこと?じゃあ、下は私たちのいる地球?」

hoshiguidance1

博士
「まあ、そんな感じじゃ。天空で起こっていることは、地上でも起こっているという考え方じゃよ。

まあ、そこまで難しく考えんでも、悩んだ時、ふと空を見上げたくなるじゃろう。

ほら、こんな経験はないかな?悩んだ時、星空を見上げたら・・・
そこに答えが見つかるかもしれない・・・なーんておもったことないかのぉ。

自分を見失いそういなった時、星空をふと見上げたら・・・
そこに自分がいた、なーんてな。わしはロマンチストなんじゃ。」


「流れ星にお願い事したことはある!
あ、それと小さい時にかわいがってくれて、今は天国にいるおばあちゃんとお話ししたい時は星を見るなあ。」

博士
「そうそう、そんな風にな、星空というのは我々の心を映し出してもくれるし、色々な存在と時空を超えてつながっている場所でもあると思うんじゃ。

お前さんの天国にいるおばあちゃんもな、本当に星にいると思うんじゃ。お前さんの心の中の星にな。

昔の人も生き物のように動く宇宙には何かあるんじゃないか!と思うてな、一生懸命会話しようとしたんじゃよ。

そんな世界観をお伝えしたいのが星読みテラスなんじゃ。
生き物のように動く天空と話できたら楽しそうじゃろ。

天に浮かんどる星たちが、おまえさんのことを知っておるのじゃよ。
星を読むと自分がわかるんじゃ。」


「でもぉ、星空って言っても広大すぎて、それがどう私自身とつながっているのか・・・
なんかまだピンとこないなあ。」

博士
「そんな、お前さんに聞かせたい物語があるんじゃ。聞いてみてくれるかのう。」


「うん!ききたい!(わくわく)」

 

星を使いこなせちゃう無料講座

 
テラス博士2


私たちが住んでいる地球から見える星達は、思い思いのスピードで回り続けています。

hoshiguidance2

ゆっくり大きな円を描きながら回る星。
くるくる素早く回る星。
一つとして同じ瞬間はなく、生き物のような宇宙。

ぐるーり、くるくる回り続ける星達。

ある日、地球という星で、あなたが「オギャー!」と生まれた日。

hoshiguidance3

その瞬間の星空の一瞬が切り取られ、

その星空の情報が一つのタネにギュギュッ!と詰められ!

hoshiguidance4

「オギャー!」と生まれたあなたの身体と共に、その「タマシイノタネ(魂の種)」は地球という伝説の森に降り立ちました。

hoshiguidance5

その「タマシイノタネ(魂の種)」は、あなたの魂に内蔵されていて、あなたと一緒に成長していきます。

タネに含まれているのは「あなたの情報」

あなたがどんな色の花を咲かせるのか?といった魂の縮図です。

hoshiguidance6

だからその「タマシイノタネ(魂の種)」は、あなた以上にあなたのことを知っているかもしれませんね。

hoshiguidance7

 

星を使いこなせちゃう無料講座

 
テラス博士3

博士
「どうじゃ?星読みの世界がちょっと掴めたんじゃないかノォ。

ほれ、おまえさんホロスコープって聞いたことあるかのぉ。
おまえさんがオギャーッて生まれた時の天空を切り取った図じゃよ。

物語で出てきた「タネ」の中身じゃよ。

これをなタネ・・・ちがう!ネイタルのホロスコープというんじゃ。

horoscope


「ネイル?」

博士
「ネイルじゃないわい。(苦笑)ね・い・た・る!ネイタルじゃよ。
生まれた時の星空の図じゃ。

その宇宙の一瞬を切り取った情報が詰め込まれているんじゃよ。
たましいの種には様々な情報が詰まっているじゃけど、それを図にしたものじゃ。

星読みテラスではな、まずこの図を読んでいくのじゃ。わくわくするじゃろ。
お前さん以上に、お前さんのことを知っている図かも知れないんじゃ。

どんな花を咲かせるか?
はたまた樹木なのか?
自分らしさが詰まった世界にたったひとつの「タマシイノタネ(魂の種)」なんじゃよ」

hoshiguidance9


「うん!わくわくする!!!!!・・・・・・・
でもさあ、博士ぇ。もしかしてタネが自分のことを知っている!ってことは生まれた時に人生ってもう決まっちゃってるの!?それって怖くない!?」

博士
「よい反応じゃ!!!!ふぉっふぉっふぉっ!!!」


「えっ!どういうこと!人生は決まっているの!?」

博士
「わからん!(ドヤ顏)」

テラス博士4


「えっ!(冷汗)」

博士
「冗談じゃ。
というか、ワシも神様じゃないのでわからんけどな、でもまあ、ワシもいろいろ研究してきた結果こう考えとるんじゃ。

おまえさんにだけに与えられた星空の刻印である「タマシイノタネ(魂の種)」は決して、人生の決められた脚本ではないのじゃよ。

「タマシイノタネ(魂の種)」がどんな風に育つか、周りとどんな風に関わっていくかは、おまえさんの「意志」次第でな。

そして、もっといえば脚本なんか知らなくてもおまえさんは呼吸をするのと同じように育っていく存在なので、ただ、地球上に生まれたという事実だけで素敵に自分らしく幸せな人生を送る可能性にあふれた存在なのじゃよ。

みんな生まれただけで天才なんじゃ。ふぉふぉ。

「星読みテラス」がお伝えしたいのは、人生や運命が決まっている、ということではないんじゃ。

どんな人も天才だということじゃ。
ただ、長い人生の中でそんな素晴らしい存在であることを忘れちゃう時もあるんじゃよな。

だから、自分のことをもっと知りたい、と思った時、自分を見失いそうな時、もっともっと!自分らしく表現したい時、

この「タネ」の中に詰め込まれたたましいの刻印をそっと覗き込んでみようではないか?
ということじゃ。

なんじゃろうなあ。

その「タネ」には、おまえさんのたましいの可能性を広げるための
イメージやシンボルが詰め詰め込まれているんじゃよ。

古代の人もな、そうやって星と会話しながら大自然とともに生きてきたんだと思うんじゃ。

おまえさんにだけ与えられた唯一の星の刻印であるタネの情報を読み解くとな
自分だけの素敵な可能性に気づくであろうよ。

おまえさんが、この地球に降り立つ時に持ってきた素敵な作品にな。
誰もが生きているだけで一人一人がユニークで、スンバラシイ存在だってことをな。

おまえさんという魂の種子は、地球という伝説の森に生まれおちたんじゃ。

これから、どんな華麗な花を咲かせるか、はたまた実がなる樹木になるのか。
そして、その花や実をだれとわかちあうのか?
たのしみじゃのぉ。

おおっと、そろそろ家に戻らないとな。。。
子供達がお腹をすかせて待っておるわい。

つぅーわけで、もしよかったら「あなたのたましいの縮図」を知るため、一緒に、読み解きの旅に出るかのぉ。」


「うん!(きらきら)・・・・あ!
でも星読みってたくさんの記号とか覚えなきゃいけないとか、難しい計算とかしなきゃいけないんじゃないのぉ・・・」

博士
「あ!?難しくてついてこれるかどうか心配かのぉ?

大丈夫じゃ。うちのテラスが誇る名物講師がおるからな!ふぉ、ふぉっ、ふぉ。
きっとお前さんも星読みが大好きになるに違いないぞぉ。

まずは、お前さんという魂がこの世でどんな風なテーマを持って生まれてきたか?
確認してみるといいぞ。
もっと自分のことが好きになるかもしれんし、今お前さんが「どうしようかなあ」と考えている課題があれば灯台のように何かのヒントになるかもしれんな。

それでは、いってらっしゃーい!また会おうなのじゃ。

星読みテラスはこのふたりが案内します♪

博士ウインク

テラス博士
星読みテラス 研究所に所属。図書館司書。

子供の頃から、本を読んで過ごすのが好き。たまにご飯も忘れるぐらい。
小学生の時、ちょっと怪しい本(〇〇魔術、宇宙人襲来もの)を読んでいたので、若干両親は心配するが、彼があまりにも夢中で楽しそうだったので伸び伸びと育てる。

小学校の時に見たSF映画がきっかけで宇宙に目覚める。
なぜ宇宙は生まれたのか?と探求していたら、いつのまにか星読みの世界に魅せられる。
(この広い銀河には宇宙人がいると信じているタイプ。)
科学も大好き、不思議な世界も大好きである。
ヘリオンと出会ったのもそのおかげ。

マーガレット夫人と、実は2人の双子の女の子がいる4人家族のお父さん。
ただいま絶賛子育て中。自分の娘たちに読ませようと「星読み絵本」を作成中。

夫人とは大学の星読みサークルで出会い、後輩だった夫人の方が彼の博識ぶりに一目惚れ。人生のモテ期をここですべて使い果たす。(笑)
卒業後はしばらく町の図書館司書として働くが、数年後、兼ねてから夢だった星読みテラスを夫人の「やればいいじゃなーい!」の一言で設立することに。
多くの人に星読みの楽しさと奥深さを伝えたいと思っている。そして好きな本に囲まれた日々を送ることを幸せに感じている。

趣味は料理。映画鑑賞。絵を描くこと。

madam

マダム・マーガレット
太陽は天秤座、月星座は射手座
年齢は内緒。

星読みテラス 星の教室担当講師

小さい頃の夢は小学校の先生。女性らしく見えるが実はなかなかの行動派。
子供の頃の愛読書は「赤毛のアン」。

若かりし頃、バックパッカーで色々な国を見て回り、ある国で占星術師に出会う。
その時にその占星術師が言っていた「自分らしく生きることが一番の世界貢献じゃの。」という言葉に感銘を受け、広い世界を見ているうちに、何か自分にもできる世界貢献を考えるように。
星を使って自分らしく生きる人を応援したいと講師になろうと決める。

帰国後、恋人だったテラス博士にその思いを話し、彼の夢を後押しすることで、星読みテラスの講師としてその夢を実現する。
小学校の先生になりたかったという素質を生かし、難解になりがちな星読みの知恵を、初心者にもわかりやすく教えることがミッション。

趣味はピアノをひくこと。旅をすること。


*イラストレーター:汐月アヤコさん
*キャラクターデザイン:あさのさん


星読みテラスの著作権についてはこちらの案内をご覧ください
著作権について

 

\ 星よみ協会の無料講座 /
基本的な占星術の知識を
身につけながら、
あなただけの星の読み方を
身につけてみませんか?
星を使いこなせちゃう無料講座

講座内容を見てみる ​

ABOUT ME
星読みテラス
星読みテラス
星読みテラスは、占星術が学べるサイトです。ストーリーを読むうちに気づいたらあなたのネイタルチャートが読めてしまう「初心者コース」や、天体ごと12星座ごとの解説など、基本的な占星術の知識から、上級者向けの占星術情報までお届けします。