風の時代

ウィズコロナの2020年日本を星読みで占う!やっぱり大波乱の年

アフターコロナ2_アイキャッチ

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

星が教えるコロナ時代のヒント

新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに、先の見えない日々が続いています。ウィズコロナ時代、アフターコロナ時代の日本はどうなるの?大きな変化の波に上手く乗るにはどうすればいいの?コロナ時代を生きるヒントを探ります。

今回は、ウィズコロナ時代に突入した2020年の日本を星読みで占います!

ホロスコープを読んでみると、まさにコロナ禍を指しているような星の配置や、ウィズコロナ時代を生きるヒントが浮かび上がってきました。

西洋占星術師のかげした真由子先生がやさしく解説します。

アフターコロナ1_アイキャッチ
【どうなる?ウィズコロナ時代】「日本の誕生日」の星を読み解くウィズコロナ時代をどう生きる?占星術の星たちが教えるヒントを紹介します。今回は国や社会を占う「始原図」について解説!...

2020年ウィズコロナの日本を【始原図 ✕ 春分図】で占う

2020年の日本を占うために、「日本の誕生日」のホロスコープである【日本の始原図】と、1年間の社会のムードがわかる【2020年春分図】を重ねて読み解きます。

アフターコロナ2_始原図と2020春分図

変わりたいのに変われない苦しさ|日本の始原図✕2020年春分図

【始原図の冥王星】と【2020年の月】がオポジション(180度)

アフターコロナ2_(内円)冥王星と(外円)月180

これは、2020年の日本を読み解く際に最も特徴的なポイントで、まさにコロナ禍を象徴する星の配置です。

国や社会を読み解くマンデン占星術では、月は「国民の気持ち」を表します。

つまり、2020年の日本の国民の気持ちに、始原図の冥王星=抗えない大きな力がプレッシャーをかけているということです。

抽象的に言うと「変わりたいのに変われない」という苦しさではないでしょうか。

国民が、スクラップ・アンド・ビルドの星である冥王星に変化を強いられるものの、一気に変わることができず非常にしんどい思いをしている、という状況です。

前向きに解釈するなら、これまで変化させることが難しかったことも、コロナ禍をきっかけに変えていけるということ。

ただし、変化の過程は超ハードになりそうです。

 

また、月には「健康状態」という意味があり、始原図の冥王星がある6ハウスも「国民の健康」「感染症」などを表します。

これは新型コロナウイルス感染症そのものを表している、と読めます。
 

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

自然災害には最大限の警戒を|日本の始原図✕2020年春分図

【始原図の天王星】と【2020年の火星】がインコンジャンクト(150度)

アフターコロナ2_(内円)天王星と(外円)火星150

前回の記事で、日本の始原図はマンデン占星術で「国土」を表す4ハウスに天王星があり、自然災害が宿命だとお伝えしました。

その天王星が、2020年春分図の火星と誤差1度のインコンジャンクト(150度)を形成しています。

さらに、2020年春分図の火星は木星がコンジャンクション(0度)で、インコンジャンクトの影響を強めていて、

2020年は特に自然災害にしっかり警戒しておきたい年になりそうです。

2020年の日本は、すでに新型コロナウイルス感染症の流行や令和2年7月豪雨といった天災が起きていますが、

気を緩めず、日頃から非常時に備えておくことが大切になるでしょう。

まゆちん先生
まゆちん先生
2020年の春分図は山羊座に4天体が集合しているだけでも大波乱の予感。
それが始原図の4ハウスと関係していて、安定を脅かすムードが漂っていますね。

自分の頭で考えて行動を|日本の始原図✕2020年春分図

【始原図の太陽】と【2020年のMC】がオポジション(180度)

アフターコロナ2_(内円)太陽と(外円)MC180

2020年春分図のMC、つまり日本が社会的に目指す地点は、牡羊座です。

国として意見をしっかり持つ、積極的に行動する、といったことに向かっていく一年になるでしょう。

しかし、このMCは始原図の太陽とオポジション(180度)の緊張関係にあるため、ゴールにたどり着くまでに苦労が多そうです。

新型コロナウイルス感染症を巡る政府の対応を振り返ってみても、目指す地点にたどり着けているとは言えないでしょう。

私たちにとって、「日本全体が苦労する分、せめて国民一人ひとりは自分の頭で考えて行動できるようになりましょう」というアドバイスと受け取ることができそうです。

まゆちん先生
まゆちん先生
ざっくり言うと、国も個人も「いろんな依存から自立していく」というテーマが共通しています。

国民は情報の大海原で溺れそう|日本の始原図✕2020年春分図

【始原図の月・Asc】と【2020年の水星】がほぼコンジャンクション(0度)

アフターコロナ2_(内円)月・Ascと(外円)水星0

日本の始原図で「国民」を表す月と、「社会に見せている顔」を表すAscに、2020年春分図の水星がほぼコンジャンクション(0度)のアスペクトを取っています。

これらはサイン(星座)は異なるものの、影響があると読むほうが自然でしょう。

水星は情報を司る星なので、2020年は日本国民にとって情報をどう扱うか、どう広めるかといったことが課題になる一年です。

すでに大きなインパクトがあったのは、コロナ禍で一気に始まったリモートワークですね。

 

2020年春分図の水星は魚座にあるので、扱うのは「整理されていない情報」と言えます。

日本国民は突然、情報の大海原に放り出されたようなものですから、突然の事態に溺れそうになっているのです。

まゆちん先生
まゆちん先生
2020年は特に、情報との付き合い方について国民一人ひとりが自分の頭できちんと考えることが求められます。
先ほどの「始原図の太陽」✕「2020年春分図のMC」から言えることと同じですね。

情報に溺れそうになっても、過度に不安になる必要はありません。

なぜなら、日本の始原図の月(国民)は水瓶座なので、私たちは本来、理性的に考えていける素質を備えているから。

メディアやネットでの情報の洪水に不安になった時や、リモートワークで情報の管理・共有が上手くいかず混乱した時は、

「今は溺れそうになっても仕方ない」と状況を客観視してみましょう。

冷静な頭を取り戻せたら、自分にとってどの情報が大切なのか取捨選択したり、どこに問題があるのか理性的に分析したりしてみてください。
 

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

日本ならではの精神性を思い出せ!|日本の始原図✕2020年春分図

【始原図の金星】と【2020年の金星】がオポジション(180度)

アフターコロナ2_(内円)金星と(外円)金星180

前回の記事で、始原図の金星は9ハウスにあり、良い意味での「宗教心」だとお伝えしました。

その金星が、2020年春分図の金星と真正面から向き合うオポジション(180度)の角度をとっています。

オポジションはハードアスペクトですが、私は日本人がもともと持っている良い宗教心をもう一度取り戻す時だと受け取りました。

「宗教心」と言うとピンとこないかもしれませんね。

善の心、調和の心、感謝の心、良心と考えてください。

「お互いに思いやりの心を持って」「みんなで仲良く」「感謝の気持ちを忘れずに」といった日本人の良さを思い出す時ではないでしょうか。

 

しかも、星たちは「思い出しましょうね」と柔らかく語りかけるのではなく、「思い出せ!」と強烈に訴えかけています

なぜなら、始原図の金星と2020年春分図の金星のオポジションに、始原図のAscが加わって「Tスクエア」という複合アスペクトを形成しているから。

アフターコロナ2_(内円)金星と(外円)金星と(内円)AscTスクエア

この配置によって、金星のエネルギーがより強調されている印象です。

Tスクエアは、葛藤から抜け出す解決策を見出そうとしたり、お互いに高め合おうとする力が働いたりします。

2020年は「日本人のならではの精神性を思い出せ!」という刺激的なパワーを、コロナ禍のさまざまなピンチを乗り切る原動力にしたいものです。

稼ぎ方やお金の流れに変革が訪れる|日本の始原図✕2020年春分図

【始原図の2ハウス】に【2020年の天王星】が入っている

アフターコロナ2_(内円)2ハウスと(外円)天王星

お金や財産を表す2ハウスに変革の星・天王星が入っているということは、2020年は経済・金融において所有の概念が書き換えられていきそうです。

2020年現在、天王星は牡牛座にあり、所有の概念が書き換わっていくことは全世界共通ですが、

日本では特に2ハウスの分野にスポットライトが当たります。

コロナ禍をきっかけに、「稼ぎ方を変えないといけない」という意識が芽生えたり、キャッシュレス決済を使い始めたりした人も少なくないのでは?

また、ウィズコロナ時代、アフターコロナ時代の新しい生活が始まってお金の使い方が変わったり、

経済の先行きに不安を感じて投資や貯蓄などに興味を持つ方もいるでしょう。

2020年は、今までにない意識の変革が日本国民一人ひとりに訪れるでしょう。

【まとめ】ウィズコロナ時代が幕開けの2020年日本は大波乱

ウィズコロナ時代に突入した2020年の日本を、星読みで占いました。

コロナ禍を思わせる波乱と変革の星の配置が、たくさんありましたね。

  • 変わりたいのに変われない苦しさ
  • 自然災害には最大限の警戒を
  • 自分の頭で考えて行動を
  • 国民は情報の大海原で溺れそう
  • 日本ならではの精神性を思い出せ!
  • 稼ぎ方やお金の流れに変革が訪れる

 

以前とは変わってしまった暮らしに戸惑っている人も、星のメッセージからあなたにとっての生きるヒントを読み取ってみてくださいね。

次回は、コロナ禍で延期された東京オリンピックについて星読みで占います!

アフターコロナ1_アイキャッチ
【どうなる?ウィズコロナ時代】「日本の誕生日」の星を読み解くウィズコロナ時代をどう生きる?占星術の星たちが教えるヒントを紹介します。今回は国や社会を占う「始原図」について解説!...
2020年3月20日は春分!【根本的な改革】が求められる1年に2020年3月20日春分図から社会の動きや過ごし方を西洋占星術師・かげした真由子先生が読み解きます。...

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

ABOUT ME
浜田有希
浜田有希
太陽牡羊座、月乙女座。自分自身が星読みの勉強で「わかりにくい!」とストレスを感じた経験をもとに、やさしい表現や図解で初心者にわかりやすい記事を作ることにこだわっている。記事執筆のほか、細部まで丁寧に向き合う月乙女座の強みを活かして原稿チェックも担当。マスコミ出身、取材歴10年以上でインタビューも得意。