まゆちんの星読みニュース

【34~45歳】火星期のあなたへ|あなたがより自分になるために

まゆちんTVアイキャッチ_火星年齢期

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

火星期のテーマに取り組もう!

今回は、火星期(34~45歳)の解説です。

火星期とは占星術の年齢域の考え方の1つで、自分の星座に関係なく、すべての人にやってきます。

何かとプレッシャーがかかることが多い年代ですが、明るく軽やかに過ごしたいですよね。

この年代に起こりやすいことや、取り組むべきテーマなどをお伝えします♪

まゆちん先生
まゆちん先生
火星期(34~45歳)の人が取り組んでおきたいテーマについては、こちらの動画でもくわしく解説していますよ。

占星術の年齢域【火星期は34~45歳】

昔から、占星術には人間の発達段階と天体を結びつけて考える【年齢域】というものがあります。

年齢域は、人の一生をだいたい10年ずつくらいに区切り、【その年代ごとに育むべきテーマ】を設定しています。

例えば「0~7歳は月で、感情が発達するとき」「7~15歳は水星で、知性が発達するとき」というように、その年代ごとにテーマがあるのです。

それぞれの天体の年齢域は次のようになっています。

天体 年齢域 特徴
0〜7歳 自分の心が安定する土台を作る
水星 7〜15歳 知性やコミュニケーション能力を伸ばす
金星 15〜24歳 大好きという感性を高める
太陽 24〜34歳 人生の目標を見出す
火星 34〜45歳 人生の目標を具体的に形にしていく
木星 45〜57歳 自分のことも人生も受容できるようになる
土星 57〜70歳 社会的な成果を生み出していく
天王星 70〜84歳 今までの常識を打ち壊していく
海王星 85歳〜死ぬまで 目に見えない世界へつながっていく
冥王星 死後 魂の世界

 

今回、紹介する火星期は34~45歳。

太陽期で自分らしさに気づき、火星期ではさらに人生の目標に向かって進んでいくときです。

ちょうど人生の折り返し地点にさしかかる頃で、社会や家庭などからもプレッシャーがかかることも多い年代と言えます。

この火星期をどう過ごしたらいいか、何に気をつければいいのか、占星術の観点からお伝えします。

天体の年齢域アイキャッチ
天体の年齢域から占星術の全体像をとらえよう占星術の天体の年齢域について解説。人間の発達段階と天体との関係がわかるとホロスコープがもっと読める!...

火星は【こだわりを押し出す力】と【矢を放つ力】

火星イラスト

火星は戦いや攻撃性を表す星です。

主張する力や自分の中のこだわりを世の中に押し出す力として、表現されることもあります。

また、火星は矢を放つような力とも表されます。

矢を放つときは、目標を定めて、的に集中して、ブレないように力を制御して矢を放ちます。

火星期ではこれと同じように、「目標を決めてそれを達成するために力を注ぐ時期」。

実際に、火星期にあたる34~45歳の人は人生の方向性が決まり、その方向へ進んでいる人も多いのでしょう。

 

しかし、この年代は人によって生活環境や状況がさまざま。

特に女性は、すでに介護が始まっている人もいたり、育児の真っ最中の人もいたり、人によって状況は大きく異なります。

また働き盛りの人も多く、仕事では部下の育成など自分以外の仕事が回ってくる人も少なくありません。

そのため、「純粋に自分のことだけを考えていればいい」というわけにもいかず、もやもやした感情やジレンマを抱えている人も多いかもしれません。

火星期はこのような「進みたいのに進めない」といった悩みを抱えることが多い時期と言えるのです。

Mars
星読みにおける火星の意味をわかりやすくまとめてみた!星読みで火星は外へ向かって自分を表現するモチベーションを意味する天体。ホロスコープで火星を読み解き使いこなす方法を解説!...

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

年齢域は【花の成長】に例えると理解しやすい

まゆちん的には、年齢期は「花の成長」としてとらえると理解しやすくなると考えています。

もっと火星期を理解するために、年齢域の流れを見ていきましょう。

1_火星期を囲んで目立たせたver

月は【0~7歳】

月

人間が「オギャー」と生まれて、感情(月)を育てていきます。

月の時期はぐんぐんと栄養を吸収するときや、大人の言うことを吸収するときと言われています。

花に例えると、種が発芽して双葉が出始めて、根っこを張ろうとするときです。

水星は【7~15歳】

水星イラスト

水星は知性を表すことから、この時期は知性の発達のとき。

言葉を覚えて知識を増やしていくときです。

人間では、ちょうど義務教育にあたる頃でしょう。

大きな花になろうと、葉を増やして根っこもますます張り巡らせていくときです。

金星は【15~24歳】

金星

感性を磨くとき。

人間で言うと思春期にあたり、恋愛に興味を持ち始めるころです。

ワクワクすることや好きなことに夢中になります。

花に例えると、葉が成長してつぼみをつけるころです。

太陽は【24~34歳】

太陽

成人になって、アイデンティティを育むときです。

自分の使命や自分らしさが育っていきます。

いよいよ、自分という大きな花を咲かせるときです。

火星は【34~45歳】

火星イラスト

アイデンティティが育ったら、今度はそれを社会へ打ち出していくときに入ります。

咲かせた花から種がポロポロと飛び出すようなイメージ。

つまり、自分をどんどん外側に出していくときと言えます。

木星は【45~57歳】

木星

自分という存在が社会に根ざしていくときです。

今まで自分がやってきたことに成果が出て、より広がっていきます。

これは、影響力を持つとも言えるでしょう。

花で言うと、火星期でこぼれ落ちた種が大地に蒔かれ、また芽を出して成長をはじめるときです。

自分の影響力が拡大していくときとも言えるでしょう。

土星は【57~70歳】

土星

人生の集大成を迎えます。

今までの人生を振り返り、自分のためだけでなく、人のために生きようと考えるときです。

花に例えると「私は大地であり、花であり、根っこである」というように、自分という存在が世界と統合されていくイメージです。

 

このように、火星期は自分らしさや使命を自覚して、今度はそれを社会に押し出してチャレンジするときなのです。

種がポンと弾け飛ぶように、あなたらしさを世の中に押し出したいという情熱が高まる、そのようなときと言えるでしょう。

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

火星期は【より自分らしくなるため】にある

火星期ではさまざまなことが起こりますが、実際にあった例をいくつか紹介します。
火星期には次のようなことが起こりやすくなります。

  • 経済的に自立したくなる
  • 妻であり母である前に、ひとりの人間として個性を発揮したくなる
  • 好きなことを仕事にしたい気持ちが出るけれど自信がない、やり方がわからない
  • 忙しくなりすぎて身体を壊す
  • そこそこ幸せでも「もやもや」する
  • 人生が退屈になる

「自分はこんなもんじゃない」「もっと先に行けるはず」と感じている人は、まさに火星のパワーを感じ取っています。

自分がより自分らしくなるために、火星が個性を押し出そうとしているのです。

心理的にも身体的にも忙しくて大変な時期かもしれませんが、ぜひ前向きに捉えてみてくださいね。

火星期だからこそ【大きな変化を起こせる】

「火星期ってなんだか大変そう」と思ってしまう人もいるかもしれません。

けれど、心配しなくても大丈夫です。

火星期では次のような嬉しいことも起こせるのです。

  • これまでより大きな変化を起こせる
  • 断ち切りたい過去のパターンから脱出できる
  • 目的達成、問題解決が起こる
  • 底力が出てくる(新しい能力が開花、または才能に気づく)
  • 身体機能が高められる(筋トレで運気アップも)

先ほども書きましたが、火星期は「矢を放つ力」です。

矢は一度放ったら方向を変えられません。

それゆえに、ねらいをしっかり定めて集中して矢を放つ必要があります。

「なりたい自分」にねらいを定めて、火星のパワーを使ってみましょう。

火星期は【私がやります】という意志が大切

「火星のパワーってどうやったら使えるの?」という人のために、最後は火星にスイッチを入れる方法をお伝えします。

火星のスイッチを入れるには、次の2つを意識してみましょう。

Noを自分に許す

一言でいうと【断る力】です。

これは自分の中の「譲れないもの」に気づいて、それを貫く力とも言えます。

また、火星は自分の中に持ち込まれた違和感を押し出す力とも表現されます。

自分の中に「No」という感情が出てきたら、恐れずに言葉にしていきましょう。

「やってみます」ではなく「私がやります!」

火星期はチャレンジするときと説明してきました。

しかし、この時期は「ちょっとやってみようかな」という軽い気持ちではブレが生じてしまう可能性があります。

火星期は「ちょっとやってみる」ではなく、「私がやります!」という迷いのない意志が大切なのです。

やりたいと思うことがあったら、「私がやります」と手を上げていきましょう。

 

この2つを意識すれば、現実は大きく変わっていくはずですよ。

あとは、しっかり身体のメンテナンスをすれば、準備はOKです。

火星のパワーを使って、火星期をスイスイと軽やかに進んでいきましょう。

火星逆行2023_アイキャッチ
【2022年~2023年】火星逆行とは?感情や情熱の方向性を見直す時2022年10月30日〜2023年1月13日の火星逆行の影響は?逆行期間中に起こりやすいこと・火星逆行期間の過ごし方も紹介! ...
まゆちんTVアイキャッチ
【火星双子座期到来!】変化の力が強い時期の過ごし方とは?2023年3月までの火星双子座期の過ごし方を解説。今からでも間に合う!変化の時の過ごし方とは?星座別アドバイス付。 ...
まゆちん先生
まゆちん先生
火星は「前に進む力」「推進力」という意味もあります。
火星のパワーを味方につけて、あなたの才能を開花させてくださいね♪

「自分の中の星を自在に使いこなしてみたい」という人は、こちらの無料講座 で占星術を学ぶのもおすすめです。
太陽・月・水星・金星などを使って、自分の星を使いこなすコツをお伝えしています。

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

ABOUT ME
星読みテラス
星読みテラス
星読みテラスは、占星術が学べるサイトです。ストーリーを読むうちに気づいたらあなたのネイタルチャートが読めてしまう「初心者コース」や、天体ごと12星座ごとの解説など、基本的な占星術の知識から、上級者向けの占星術情報までお届けします。