逆行

【2020年9〜11月】火星逆行とは?感情や情熱の方向性を見直すとき

火星逆行

2020年は9月10日〜11月13日の約2ヶ月間、火星が逆行します。

火星は外へ向かって自分を表現するモチベーションを意味する天体です。

火星は約2年に1度逆行し、火星が逆行すると自己表現のエネルギーが弱くなったり、エネルギーがスムーズに出せなくなったりすることが起きやすいと言われています。

この記事では、2020年9〜11月に起こる火星逆行について詳しくご紹介します。

火星逆行中に起こりやすいことや、今回の火星逆行期間の過ごし方について、これから詳しく説明していきますね。

なこ
なこ
火星が逆行してスムーズにエネルギーが出せないって…
なんだかあぶなっかしくて、ヒヤヒヤするね〜
博士
博士
ふぉっふぉ。
火星はパワフルじゃからのう。火星のエネルギーを正しく扱えれば、必要以上に怖がることはないぞ。
まずは火星逆行について説明していくぞ。

【火星逆行の影響】調子が出ず感情や情熱を見直す時

火星は、あなたが内側から外に飛び出す時に必要なエネルギーを表す天体です。

火星には闘争心や攻撃性といった意味合いもありますが、それは火星のエネルギーをうまく使いこなすことができず、暴走してしまったときに現れる状態です。

火星はわたしたちが持っている内なる想い、自分の才能や個性を外側へ発揮していくサポートをしてくれる存在なのです。

火星のエネルギーをうまく使いこなすことで、あなたの夢を実現したり、自己表現に一役買ってくれたり、社会で役に立つための行動力を与えてくれたりします。

 

そんな火星のパワーが弱まる逆行期間は、エネルギーがスムーズに出しにくくなり、自己表現や行動力の勢いが弱まるなど、エネルギーのコントロールや見直しが促されます

具体的には次のようなことが起きると考えられます。

火星逆行の影響①調子が出ず実力が発揮しづらくなる

火星は外へ向かって自分を表現するモチベーションを意味する天体。

順行しているときは自己表現や夢の実現、社会で役立つためのパワーを発揮しています。

でも、逆行期間中は一旦おやすみ。

これまで外側に向けて発揮されていた火星のエネルギーを、一度内側に向ける必要が出てきます。

そのため、これまでのやり方通りではうまくいかず「なんとなく調子が出ない」「自分の出番がない」と感じて、実力を発揮しづらくなる人が増えそうです。

スランプに陥ったように感じて「不調の原因は何なのか?」と、自分の内面やとりまく状況を見直すようなことも出てきそうです。

火星逆行の影響②イライラしやすく感情が爆発しやすい

火星逆行中はエネルギーが思うように使えなくなることにより、イライラや葛藤を感じやすくなります。

そのため、ストレスや鬱憤がたまりちょっとしたことで感情が爆発しやすくなり、衝動的な言動で喧嘩や口論になってしまうことが考えられます。

感情をためこんだり、我慢する癖がある人、感情のコントロールが苦手な人は、この期間の過ごし方に注意が必要です。

心にもない言動で身近にいる人との関係にヒビが入ったりしないよう、他のことでストレス解消したり、適度に気分転換するよう心がけると良いでしょう。

滞ったエネルギーに逃げ道をつくってあげることで、コントロールしてみてみましょう。

火星逆行の影響③エネルギーの使いどころの見直し期間

火星逆行期間中は、火星の外に向かって表現するパワーの流れが弱まりがちです。

そのため、これまで外に向かってどんどん表現する火星のパワーの流れにのっていた人にとっては

「本当にこれまで通りでいいの?」と気持ちが揺り戻されたり、エネルギーの使いどころの見直しを迫られたりすることがあるかもしれません。

なこ
なこ
なるほどね〜
イライラとかモヤモヤが溜まって爆発しちゃうとか、周りの人も穏やかでいられないからつらいよね〜。
博士
博士
火星逆行中は何かと葛藤やフラストレーションを感じやすくなるからのう。
それでも「火星逆行中だから」と前もって知っておけば、何かしら対策は立てられるはずじゃ。

お次は、天体の逆行現象について説明するぞ。

火星逆行は【地球から見て逆向きに動いているように見える】現象

太陽系の天体は、太陽を中心にして常に同じ方向へ向かって動いています。

これを順行と呼びます。

逆行とは何かを簡単に言うと、本来の進行方向ではなく、逆向きに動いているように見える現象です。

地球から見たときに、逆方向に動いているように見えることです。

まずは、順行の状態です。

地球の軌道と、外惑星の見え方(オレンジ色の矢印)の方向が一致していますね。

外惑星_順行一方、逆行では地球の軌道と外惑星の見え方が逆になっています。

外惑星_逆行
なこ
なこ
なるほどね!

【牡羊座火星逆行期間の過ごし方】逆行終了後の自分をイメージしよう

2020年は9月10日〜11月13日の約2ヶ月間にわたって火星逆行が起こります。

火星逆行の影響は、どの星座で起こるかによって影響も変わってきます。

2020年の火星逆行は「情熱」「行動力」「新しい経験」を表す牡羊座で起こるので、

これまで情熱を傾けていたことや「これから何のために行動をするか」に見直しが入る期間と言えるでしょう。

具体的に起こることと、上手な過ごし方を解説していきますね。

火星逆行期間の過ごし方①情熱を取り戻し行動力を調整していく

2020年6月28日に火星が牡羊座に入り、それ以来「情熱」「行動力」「新しい体験」といった牡羊座のテーマに関してエネルギーが注がれるようになりました。

実際に6月末頃から、自分の中の情熱の燃やし方や、何のために行動するかが変わってきた、と感じる人も多いかと思います。

火星は牡羊座の支配星でもあるので、牡羊座では火星のメッセージが発揮しやすくなります。

 

よって、2020年の逆行期間では、自分が本当にやりたいこと、自分が求める新しい体験に向かって情熱を取り戻したり、

新しい方向に向かって行動力を調整したり見直ししていくことになりそうです。

例えば、毎日仕事に全力投球、帰ったら寝るだけ、といったエネルギーの使い方をしていた人がいたとします。

昨今ではコロナの影響やリモートワークといった仕事環境の変化もあり、火星逆行中は、これまでと同じような働き方ができなくなった…と感じることが多くなるでしょう。

それによって、イライラやフラストレーションを感じるかもしれませんが、何に情熱を燃やすか、エネルギーの使いどころを見直す時が来た、と捉えてみると良いでしょう。

 

特に2020年のこの期間は「自分は何のために働くのか?」「本当にやりたいことって何だったっけ?」といった本来の目的、本当の望みに立ち返ることができる貴重なタイミングです。

自らのエネルギーを注ぐ場所や方向性を考え直して、本来の目的・本当の望みに向かって行動力を調整していくのに最適な期間です。

その結果、火星逆行期間が終わる11月中旬頃には、仕事に100%注いでいたエネルギーを、本当にやりたかったことに向けられるようになっているかもしれません。

もしくは、新しく副業をはじめたり、趣味の時間を充実させたりすることによって、新しい体験が始まっていく可能性が十分にあります。

火星逆行期間の過ごし方②感情に素直になり信頼関係を大事にする

また、牡羊座の火星は自分自身の感情や想いがクローズアップされます。

「誰かに言われたからやる」「ルールや規則で決まっているからやらなくてはいけない」といった、周囲の期待や義務感から一度離れてみて、自分の本心に立ち返ってみる。

ステイホームでそんな時間を持つことになった人も少なくないと思います。

 

火星はその人自身の愛情の表し方でもあります。

火星逆行期間は、あらためて自分自身の感情や本当の想いに気づき、自分は「何に愛情を注ぐか」について見直すことになりそうです。

 

この牡羊座火星期間は、自分の感情や想いに素直になることが重要です。

火星逆行期間が終わる頃には、自分が本当に大事にしたい人、身近な信頼関係を大事にすることにもっとエネルギーを使えるようになるでしょう。

火星逆行期間の過ごし方③感情のコントロール方法を身につける

前述の「火星逆行の影響②」の中でも触れましたが、火星逆行中はエネルギーが思うように使えなくなることにより、イライラや葛藤を感じやすくなります。

特に火星が支配星である牡羊座に滞在するこの時期は、火星のエネルギーがいつもよりパワフルになっている時。

 

この牡羊座火星の逆行期間は、つい衝動的にカッとなってしまって喧嘩や口論に発展してしまったり、思いもよらない突発的なアクシデントが起こるなど、

間違った方向にエネルギーが出てしまうことも考えられます。

いつも以上に感情のコントロールやエネルギーの使い方に意識的になる必要が出てくるでしょう。

日常的に感情を溜め込んでしまう人、言いたいことを我慢しがちな人は、この期間に思いもしない形で感情を爆発させないためにも、こまめに自分の感情をチェックするようにしましょう。

感じていることを紙に書き出してみたり、1日の終わりに日記を書くのも良いでしょう。

自分の感情に気づきやすくなる手助けになります。

ついイライラを身近な人にぶつけてしまったり、怒りっぽくなりがちな人は、この期間に感情をコントロールする方法を身につけると良いでしょう。

疲れを感じる前に息抜きやリフレッシュする時間を取り入れたり、朝に瞑想の時間を取り入れたりするのも、感情を落ち着かせることに役立ちます。

 

また「人はこうあるべき」といった強すぎる固定観念によって、怒りの感情が強くなっている人もいます。

必要以上の「〜するべき」は手放してしまうのが良いでしょう。

そして「自分の手で変えられないものは仕方がない」といった、良い意味での割り切りを身につけると、自分も身近な人も楽になるでしょう。

いずれにせよ、自分の感情がどこから来るのか、自分の内面を客観的に捉えてみたり、見直しをするのに良いタイミングです。

火星逆行期間が終わる頃には、以前より感情がコントロールできるようになって、日々を機嫌よく過ごせるようになっているイメージを持って過ごしましょう。

【まとめ】火星逆行期間中に感情を見直し本心から情熱を発揮!

火星逆行期間は、調子が出ずにフラストレーションが溜まったり、情熱の燃やし方や、何のために行動するかに見直しが入ったりする可能性が考えられます。

でも、止まったり逆戻りしたように見えたとしても、時代は少しずつ着実に進んでいきます。

少し混乱が起こるかもしれませんが、それは一時的なもので、順行に戻れば解消されるはず。

逆行期間は、情熱やエネルギーを注ぐ方向性を見定めるための準備期間という気持ちで、自分の内側に意識を向けてみると良いでしょう。

火星逆行の時期に起こることを肌で感じながら、本心から湧き上がる情熱を発揮できるようになっていきましょう!

博士
博士
惑星の逆行と言えば、水星逆行も有名じゃな。こちらで詳しく説明しておるから、興味を持った方は読んでおくれ。
水星逆行
【2021年1月】水星逆行とは?仕事や生活への影響をアップデートの好機に2021年1月から始まる水星逆行の影響は?逆行期間中に起こりやすいこと・水星逆行期間の過ごし方も紹介!...

 

\星よみ協会の無料講座開催中♪/
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
藤衣真菜
藤衣真菜
太陽双子座・月魚座。長年イラストやデザインの仕事と作家活動を並行して行うも、宇宙に後押しされるように星読みを学びはじめ、半年後に個人セッション開始。自分の人生を選び取るための星読みを、心に響く表現で届けられるよう日々模索中。アートや音楽を通して見えない世界に没頭する時間が心の栄養。