魂占い

【かげした真由子インタビュー(後編)】新刊『魂占い』に込めた著者の想い

魂占いインタビュー③

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

生きづらさを抱える人が多いと言われる現代社会。

みんながあてのない「自分探しの旅」や「幸せ探し」に奔走しています。

でも、はたしてほんとうの自分は闇雲に探して見つかるものなのでしょうか?

私たち一人ひとりが生まれた瞬間からずっと持っている「魂の自分」を「思いだす」ことが大切と語るのは、星読みテラス監修のかげした真由子(まゆちん)先生

星読みを「魂」の視点から深掘りするというテーマで生まれた新刊『魂占い』について、インタビューで語っていただきました。

今回は、『魂占い』に込めた著者の想いや星読みテラス読者さんへのメッセージについて語っていただくインタビュー後編です。

魂占いインタビュー②
【かげした真由子インタビュー(前編)】新刊『魂占い』誕生のきっかけ『命日占い』の著者・かげした真由子先生が2022年3月に発売される新刊『魂占い』誕生のきっかけについて語ります。...
まゆちん先生

かげした真由子(かげした・まゆこ)

太陽双子座、月乙女座。愛称「まゆちん」。サウンドクリエイター、ベンチャー企業の立ち上げ、保険営業マンの秘書などを経てタロット占い師に。2008年より占い師・心理セラピストとして独立。現在までの鑑定数はのべ1万4千件。2018年からは星よみ協会の無料講座制作にたずさわる。一人ひとりが安心して自分らしく生きるための占い活用を日々研究しつつ、占い師の先生として後進の育成に取り組む。著書『命日占い』『命日占い〈未来編〉』(サンマーク出版)は累計10万部のベストセラー。

▷YouTubeチャンネル「スピリチュアルリーダーズTV」
▷アメブロオフィシャルブログ

講師紹介_インタビュー_かげしたさん
【星読みは人生を優しくつなぐ】かげした真由子さんインタビュー星よみ協会の無料講座の講師である「占い師の先生」かげした真由子さんに、占星術と講座への思いについてインタビュー。...

かげした真由子著『魂占い』(サンマーク出版)が2022/3/21(月)に発売されます!

担当編集者
担当編集者
魂の使命を知りたいという人におすすめです

天国にいた頃の記憶を思い出す占い
魂占いバナー3_580 × 187

新刊『魂占い』に込めた著者の想い|11種類の「魂」で見る魂の使命

――『魂占い』が、占星術の太陽星座と違う点とは何ですか?

前回のインタビューでも少しお話しましたが、『魂占い』とは、太陽星座をベースに私、かげした真由子の世界観から新たな切り口で表現した占いです。

太陽星座とは、生まれた時の太陽の位置で12分割して星座を割り出す考え方のことですね。

12星座の中にもさまざまな「魂」があります。

まずは自分の信念を明らかにすることが大事な「魂」もあるし、誰かと関わることが大事な「魂」もあります。

そして、それぞれの人の「魂」にとって、しっくりくる「繋がり」があるのです。

『魂占い』では、自分本来の「魂」に戻って、自分らしさを思い出していくためには、何とどんな「繋がり」をすると良いのかについてを大切にしています。

あくまでも12星座という概念はそのままで、この「繋がり」で分けていくという考え方が『魂占い』と太陽星座の占いとの大きく違う点です。

―― それでは「魂」にはいくつかの種類があるということですか?

はい、その通りです。

太陽星座の12星座という考え方をベースに、6つの「繋がり方」を組み合わせると、11種類の「魂」に分けることができるんです。

この考え方をもとに、『魂占い』では、11種類の「魂」別に「魂の使命」とは何かを解説しています。

自分が持つ「魂」について知ることで、「魂の使命」を思い出すことができます。

もし自分の「魂の使命」と違うことをすると、なんらかの違和感や障害がサインとしてあらわれて元に戻されることになるんです。

これが、「なんとなくしっくりこないな…」という悩みに繋がってしまうんですね。

ただ、そういったプロセスはすべて「魂の使命」を思い出すための必然なのかもしれませんが、「自分らしさが分からない」という経験があるという方もいるのではないでしょうか。

『魂占い』をうまく活用していただければ、自分らしく幸せに戻るために何をすれば良いのかが分かります。

ぜひ「魂」視点で自分の使命を紐解く体験をしてみてほしいなと思います。

―― 『魂占い』で、かげした先生の「魂」はどんなものなのでしょうか??

そうですね、私の場合は、【神話を紡ぐ手】です。

【神話を紡ぐ手】とは、ざっくり言うと点と点をつなげる「魂」です。

周囲の人との繋がりを大切にしながらも、自分自身に対する繋がりも重視するタイプ。

周囲と自分との関係に板挟みとなって矛盾を抱えがちな一方で、だからこそ矛盾を物語に変えられる人でもあります。

周囲と関わることで自分らしさを作り上げ、自分の価値観がさまざまな人と関わることで磨かれていくイメージですね。

私自身も、自分の中の気付きを物語にして他の人へと伝えたいという欲求があります。

例えば、占いや心理学などを学ぶなかで得られた専門的な知識。

もっと分かりやすく人に伝えたい、まだ知らない人に届けたいというのは「魂の使命」と深く繋がっていると思います。

『魂占い』の出版もまさにそうした流れの一つと言えるかもしれません。

かげした真由子先生

人と人とが心地良く繋がりあえば、お互いに生きる意味を与えらえる

――『魂占い』では、なぜ「繋がり」という考え方を取り入れたのでしょうか。

人間は、みんなが繋がりを求めていく生き物です。

なぜなら私たちは、進化していく過程で、社会を構成する戦略をとってきたから。

人や社会との繋がりが自分の居場所、つまり生きる意味を形作っていくのは、もう本能的なものなんです。

だから、私たちにはどんな形にせよ繋がりが必要なんだと思うんです。

とはいえ、人や社会との心地良い関係性の築き方にはさまざまな方法がありますよね。

そこで、『魂占い』では、あなたにとって一番しっくりくる「繋がり」を解説しています。

もし読者さんが自分の生きる意味を見つけたら、他人にも生きる意味を与えられるようになってほしいなと思っています。

人と人とが繋がっていくことで、世の中の生きづらさを感じる人を少しでも減らしていきたいというのが、『魂占い』を出版した一つの理由でもありますので。

――生きる意味を見つける人がどんどん増えていったら、世の中は変わっていきそうですね。

ええ。私たちは、自分ひとりで生きているわけではありません。

それは生きる意味を互いに受け取り、与えることにも繋がります。

私は、社会のみんなが繋がっていけばお互いに生きる意味を与えられると考えています。

むしろ、与えあわなければならないと思っています!

なので、本書の中でも「生きる意味はみんなで作っていこうよ!」ということを言っています。

とにかく「生きる意味を人から受け取っているか?」「生きる意味を人に与えているか?」が大切なんです。

もしまだ自分の生きる意味がわからないという方は、自分が生きる意味を【受け取る】のが先です。

まず私が『魂占い』の本を通じて、あなたに生きる意味を【与えます】!

必要としている方に私の想いを受け取ってもらえると嬉しいですね。

――最後に、星読みテラス読者さんへメッセージをお願いします。

『魂占い』は、太陽星座を「魂」目線で読み解いた本です。

「魂」の本質を伝えることで、「生きづらさ」「自分の人生にOKを出したい人」の手助けをしたいと思っています。

誤解があるといけないのですが、『魂占い』は占星術の太陽星座を否定したり対抗したりするものではなく、私自身が占星術のことを大好きだから生まれた占いです。

星読みテラスの読者さんは、占星術を学ばれている、いわゆる占星術ファンの方が多いのではないでしょうか。

私もまた、数千年もの長い歴史を持つ占星術に最大級の敬意を持っているファンの一人です。

占星術は、人生の考え方や生き方に役立つ情報が詰まった本当に素晴らしいものだと思います。

だから一人でも多くの人に「もっと占星術を自分の考え方や生き方と結び付けてみてほしい!」と思っています。

『魂占い』は、占星術を「魂」の視点から読み解くという非常に新たな試みをした本です。

占星術を愛しているという方にも違った視点をお届け出来ると思いますので、ぜひ受け取っていただけると嬉しいなと思いますね。

――前編・後編にわたるインタビューをありがとうございました。星読みを魂視点で読み解く『魂占い』は2022年3月21日発売です。

天国にいた頃の記憶を思い出す占い
魂占いバナー3_580 × 187

自分の生まれ持った使命を読みとく
感覚的であたらしい星読み

星よみ協会のボランティア講座_バナー

ABOUT ME
星読みテラス
星読みテラス
星読みテラスは、占星術が学べるサイトです。ストーリーを読むうちに気づいたらあなたのネイタルチャートが読めてしまう「初心者コース」や、天体ごと12星座ごとの解説など、基本的な占星術の知識から、上級者向けの占星術情報までお届けします。