星よみ協会の無料講座案内

講師インタビュー・かげした真由子さん 星読みで運命のその先へ

かげしたさんインタビュー_アイキャッチ
星を使いこなす

「星読みって楽しい」「星読みを仕事にしたい!」
ホロスコープを読み始めると、自分で楽しむだけではなく、お仕事として人に喜んでもらいたいと思うようにもなりますよね。

「星を使いこなせちゃう無料講座」は、星読みのスキルをお伝えすることはもちろん、将来、星読みをお仕事にするためのエッセンスもふんだんに盛り込んでいます。

講座に登場する講師や、星読みのお仕事について紹介していきます!

今回は「星を使いこなせちゃう無料講座」の講師の一人で、信頼される占い師の育成に取り組んでいるかげした真由子さんにインタビュー。

占い師として大切にしていること、講座づくりに込めた思いなどについて、お話を伺いました。

かげした真由子(かげした・まゆこ)

太陽双子座、月乙女座。愛称「まゆちん」。占術はタロット占いと西洋占星術で、占い師歴は約25年。占い師の先生としてこれまでに300名のプロを輩出。心理学等も学び、未来を当てるだけではなく運命のその先へと導くことができる問題解決型の占い師を育てることにこだわる。2018年からは「信頼できる、10年続くプロを養成する」というコンセプトをもとに動画制作を行う。「星を使いこなせちゃう無料講座」監修。著書に『占い好きが幸せになれない理由』(マガジンランド刊)。

必要なのは知識だけじゃない!信頼される占い師を育てたい

――かげしたさんが占いを始めたきっかけを教えてください。

占いを始めたのは、かれこれ24〜25年前です。当時は、大学で作曲を学んだ後サウンドクリエイターとしてゲームソフトの曲を作っていたのですが、その収入だけでは家賃が払えなくなってしまって…(笑)。勉強もしないまま、電話占い師を始めました。まずタロットから始めて、心理カウンセリングを学び、最後に星読みにたどり着きました。

右も左もわからない占い業界に飛び込んで、「世の中にはいろんな悩みがあるなぁ」と知ると同時に、「何だこの変な業界」とも感じました(苦笑)。占いが昔から好きだったとか、占いに救われたという思い入れがなかったので、占い師とお客さんの持つ「矛盾」が透けて見えたのかもしれません。

 

――「矛盾」ってどんなことですか?

例えば、占い師はお客さんを占いに依存させてはいけないのに、「こうしないと悪い結果になる」と強迫的になったり、逆に相手に気を遣って無意識に良いことばかりを言ってしまったり。

続けるうちに「お客さんの幸せにあまり貢献できていないんじゃないか」と感じるようになりました。「なぜ人は悩むんだろう」「なぜ苦しみから抜け出せない人がいるのか」という気持ちが芽生えて、心理カウンセリングも勉強するようになりました。

そういう体験を通して「占い師は、占いの活用方法をお客さんにちゃんと伝えることが必要だよね」と思うに至りました。占いで依存させない。占いを使って自立して、人生をクリエイトしていけるように。

そして占い師をしながら、10年、20年先も自分ができることを考えたときに、占い師を育てることにコミットした講師は意外と少ないと気づきました。

 

――世の中には占い師養成講座がたくさんありますが、「占い師を育てる」って難しいことなのでしょうか?

占いの深い知識を教える先生はいっぱいいますが、私の経験上、スキルだけだと本当に役に立つ占い師は育たないんです。自分が知っている占いの知識をシェアすることと、占い師を育てるのとはまた違います。現場に出ると、人としての在り方、beingや、人を見る力が問われるので。そこから次第に、占い講師の仕事へシフトしていくようになりました。

というわけで、今は占い師ではなくて、「占い師の先生」をしています。安心して占いを学べる環境づくりと、占い師として生計を立てていくことを大事にしながら、本当に信頼される占い師を星読み講座で育てることをしています。今の仕事はそんな感じですね。

占い師としての哲学は「運命のその先へ」

――占い師としての哲学はありますか?

「運命のその先へ」が哲学です。長い人生の間には、嫌なことや受け入れ難いことも起こります。私も、阪神淡路大震災で被災したり、死を身近に感じたりと、試練や悲しい出来事が人生の中でたくさんありました。「望まぬことでも起きるときには起きてしまうんやなぁ」と、身を持って理解しています。

だからこそ、「今を生きましょう」と伝えたいです。これは星読みでいうと太陽の力ですね。どんな出来事があっても「次のステージを見たい」「また次の物語があるはずだ」と思える原動力は、太陽が持つパワーです。誰かがつらいときに占いが役に立てばうれしいですね。生きている限りは前を歩いていきましょう、って。

 

――鑑定ではどんなことを大切にしていますか?

鑑定では、未来の傾向を精密に読みといて、将来を良いものに変えていくための活用法をお伝えします。よく「運命は決まっているんですか?」と質問されるんですが、正直私もわかりません(笑)。

でも「たたき台としての未来」を読むことはできます。心理学を学ぶとよくわかるのですが、多くの問題はその人の心や潜在意識、観念がつくっているので、占いを使って、起こる出来事を自分の望む未来にクリエイトしていくことはできるんです。

私は「気づけば同時に癒される」と思っています。だからお客さんが悩みの原因に気づけるように、きちんと言語化するように心がけています。星読みもタロットの場合も、その人にフィットする表現で占い結果を伝えるようにしていますね。

 

無料講座で学ぶと、人生の目的=太陽が輝く方法がわかる

――かげしたさんが監修した動画レッスン「星を使いこなせちゃう無料講座」は、どんな内容でしょうか?

一言で表現するなら、自分の中の使っていない天才性を導き出す講座です。講座内容は、主に水星と金星に注目して、それらの伝統的な意味をお伝えしつつ、従来の占星術で考えられてきた以上のパワーがあることをイメージワークなどで理解していただきます。そして、水星と金星の力を使って、人生の目的としての太陽を輝かせていく方法をお伝えします。

例えば、水星が天秤座の人がいるとします。伝統的な意味では、客観視する能力があるタイプと読めますが、ご本人はその星の意味に対してしっくりこないと感じていることってよくあるんです。「私、そんな客観的ちゃうねんけど」って。こんなふうに「星の意味を勉強しても、自分とどう結びつけていいかわからない」と悩む方は少なくないんです。かつての私もそうでした。

なので、図説や絵でたくさん説明をしながら、「あなたの星を書いてみて」というワークも取り入れながら、実際に手を動かして理解してもらえるようにしています。まずは自分と星との関係に気づくことから始めてもらえたらと思っています。

 

――「水星と金星を使って、太陽を輝かせる」って具体的にはどんな感じですか?

例えば、私は水星牡牛座で、金星蟹座。水星の牡牛座は地のエレメントで、着実で経験主義。私は体験したことしか伝えられないタイプなので、星の意味と合っていると思いますね。牡牛座の水星は一見不器用なようですけど、この能力は講師のときにすごく活かせています。

私、太陽は双子座なんですが、悪く言えば「適当なことをかいつまんで伝えることができてしまう」ところがあります。でも牡牛座の水星があるおかげで、体験してから教えるという堅実さが加わっていると感じます。

一方、金星は「自分のわくわくポイント」を表し、蟹座は誰かと気持ちでつながることに対して楽しい、うれしいと感じます。実際の私も、占いのお客さんや生徒さんの悩みが解決したら単純に「良かったなあ」とか「うれしい」と思うので、まさに蟹座だなと思います。

つまり私は、金星と水星の力を活かしながら、太陽双子座の「分かりやすさ」という能力で講座をまとめる、というふうに天才性を発揮しているんですね。太陽が牡羊座なら牡羊座らしい天才性、蠍座なら蠍座らしい天才性があるので、みんなに自分らしい才能を見つけてほしいです。

 

占い師の「大丈夫ですよ」はパワフル!占い師だからできること

――かげしたさんは「占い師」と「心理カウンセラー」という二つの顔を持っていますが、どんな違いがあると感じますか?

様々な占いの現場での経験を通し、占い師という立場が良くも悪くもパワフルなことに気づきました。占いとカウンセリングは、どちらも未来を信頼できていない方が相談にやって来る点は同じです。でも、未来予知のプロである占い師は、その人の未来をストレートに提案することができるので、「大丈夫ですよ」という言葉が相手にパワフルに響くんですね。相談者にとっても「大丈夫」の根拠になる要素もあるから安心できるというか。

占いと心理学って、実は核となる部分が共通しているんです。心理学では「コンプレックスはその人の才能である」というセオリーがあって、それは星読みも同じ。星は「変なこだわり」や「偏ったビリーフポイント」「自分に禁止している部分」が、その人のしんどいところであると同時に、その人の才能であることも知らせてくれるんですね。だから、セラピストマインドや心理学の技術を持った人が占い師になったら、占いを通してうっかり、多くの生きづらさという闇が光に変わるんじゃないかな?と思っています。

でも、それまでブレーキになっていた要素を、セッションを通じてオセロゲームのようにひっくり返していけるのは、まさに占いならではの力。ずっと「自分なんて価値のない存在だ」と言っていた人でも、自分の才能に気づいて「才能を活かしていきたい!」と目覚めることができたりするんです。

 

――人生が180°違って見えるなんて!星読みってすごい可能性を秘めているんですね。

よく「こんなひどい星の下に生まれているんですけど、大丈夫ですか?」とか「星のアスペクトがハードな角度ばかりで不安です」と相談されることがありますが、まったく心配ありません。だって、歴史上の偉人のホロスコープを見てみると、ブレーキとなる要素を全部良い方向に変えていっているんですよ!他の誰かができるなら、私たちにだってできるはず。不可能ではありません。

また、これまでは「これは不吉だ」としか解釈されなかったホロスコープの解釈も、最近では心理化、多様化が進み、同じホロスコープでも「クリティブだ」と解釈されることもあります。星読みのスタンスも多様化してきて、面白い時代になってきました。

 

――最後に、「星読みをもっと学びたい」「いつかは星読みを仕事にしたい」という方にメッセージをお願いします。

星読みは、ただ良い言葉だけを並べるんじゃなくて、ブレーキやマイナスの要素からも可能性をすくい上げればすくい上げるほど、光になります。そこにちゃんとフォーカスできる占い師さんが増えたら素敵だな、と思っています。

 

かげした真由子さん監修の無料講座はこちら!

かげしたさんが人生を通してつかんだ、星読みの極意。

ときに悲しいことがあっても、星がいつでも、それぞれの幸せの形と可能性があることを教えてくれているのですね。

夜空にさまざまな星がまたたいているように、ぜひ自分らしい人生の創り方と星読みのスタイルを見つけてみてください。

「かげしたさんの星読みをもっと知りたい!」という方は、ぜひ「星を使いこなせちゃう無料講座」をチェックしてみてくださいね。

 

\星よみ協会の無料講座開催中♪/
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
kinuko
kinuko
太陽魚座、月蠍座。「○○の星を持つ人は○○をするのはNG」といった選択肢に制限ができる占いに疑問を持つ中、星読みテラスに出会い「主体的に人生を生きるための星読み」に共感。月蠍座の気質を活かし、心に深く響く記事を目指す。ライター、編集歴10年以上。専門分野は、健康、心理、ボディワークなど。