アスペクト

【上級者向け】月と天王星のアスペクトの解釈|星読み辞典

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

「ホロスコープに月と天王星のアスペクトがあった場合、どう解釈すればいいんだろう…」とお悩みのあなたへ。

この記事では、月と天王星のメジャーアスペクト(0,60,90,120,180度)の解釈の例を紹介します。

なこ
なこ
私のホロスコープにはどんなアスペクトがあるんだろう?
博士
博士
ホロスコープを確認じゃ。バナーをクリックすると作れるぞ。
horoscope

月と天王星の意味とアスペクトの影響

博士
博士
まずは月と天王星が持つ意味と、天体間の影響のおさらいじゃ。

月と天王星が表すもの

月と天王星

月は、感情や無意識の反応などを表す天体です。

リラックスして落ち着いているときに出る、ありのままの素の自分を表すとも言われています。

 

一方で、天王星は、あらゆる概念を書き換え、変革をもたらす天体です。

それまでの常識や当たり前を一瞬にしてガラリと変えたり、新たな視点で物事を見ようとしたりします。

 

月と天王星の意味をまとめると次のとおりです。

  • 変化や自由を好む
  • 気分屋
  • 反発心
  • 突然の出来事

これらについて、月と天王星のアスペクトがソフトであればスムーズに進み、ハードであれば困難や試練に遭遇しやすいかもしれませんが、それをきっかけに大きく成長できるといえます。

アスペクトの影響は天体の年齢域と関係する

アスペクトは、遠い天体が近い天体に影響を与えると解釈します。

これは、「年齢域の高い天体が年齢域の低い天体に影響を与える」と言うこともできます。

天体には年齢域という考え方があり、その順番に従って、年上の天体が年下の天体に影響を与えると読みます。

月と天王星の関係は、天王星の方が年齢域が高く、天王星から月へと影響を与えると解釈します。

天体間のアスペクトの影響

月と天王星のコンジャンクション(0度)

コンジャンクション(0度)

2つの天体の良い部分も悪い部分も強め合う関係

0°(コンジャンクション)

月と天王星のコンジャンクションを持つ人は、変化を求める自由人です。

安定や安らぎのある快適さよりも、常に変化のある環境を好みます。

変化による刺激を感じることで、生きている実感や活気に満ちた感覚を得ようとします。

制限や束縛されることは苦手で、「自分の道は自分で選び取りたい」「気ままに自由を味わいたい」と考える人です。

「人生は何が起こるか分からないから面白い!」という考えで、刺激や興奮を心待ちにしているようなところもあります。

そのため周囲の人からは、いつも落ち着きがないように見えたり、型破りな生活をしているように思われたりするかもしれません。

 

何かに傷つくようなショックな出来事があると、自分を守るために感情を切り離すことがあります。

もし無愛想や無関心な面を見せる時は、傷ついた心を必死に隠している時かもしれません。

また、感情を切り離す代わりに、あなた自身がまわりと距離を取ろうとすることもあります。

例えば、突然SNSのアカウントを消してしまったり、知らない間に家を引っ越して連絡を絶ってしまったりするなどして、周囲の人を慌てさせることもありそうです。

誰かに頼ることが苦手かもしれません。

一時的にでも人との関係を切り離したり、距離を取ったりして自立せざるをえない道を選ぶことで、心の安定を図ろうとするでしょう。

月と天王星のコンジャンクションを持つ人にとって、「距離を取る」という行動は重要な意味を持つということができるでしょう。

月と天王星のオポジション(180度)

オポジション(180度)

2つの天体がぶつかり合う関係、対立するまたは高め合う

180°(オポジション)

月と天王星のオポジションを持つ人は、幼い頃に突然起きた出来事や経験が、ショックやトラウマとなっているかもしれません。

特に、母親と引き離されたり、見捨てられるような経験、あるいは拒まれたような感覚を持ったことがある場合は、対人関係に対して恐れを持ちやすくなります。

「自分自身を受け止めてもらえないのではないか」「また自分の気持ちを跳ね除けられるのではないか」と考えてしまいがちです。

そのため、自分が自立してしまうと母親がもっと離れていくような気になるので、あえて自立を避けたり、自立の道を狭めてしまう場合があります。

 

また、月と天王星のオポジションを持つ人は、非常に敏感なので、物事を間違った方向に受け取りやすい傾向があるかもしれません。

相手の言ったことや行動を素直に受け止められず、深読みして疑ってしまうところがあります。

しかし、一瞬にして色々な可能性を考えられるのは、頭の回転の早さと柔軟さがあるとも言えます。

疑心暗鬼になり過ぎず、他人を信頼することを心掛けてみると良いでしょう。

月と天王星のスクエア(90度)

スクエア(90度)

1つの天体が葛藤する関係、不調和の状態または何らかの解決策を取るよう働きかける作用も

90°(スクエア)

月と天王星のスクエアを持つ人は、相反する感覚で矛盾した行動を取りやすいかもしれません。

例えば、穏やかで安らぎに満ちた家庭を持って、根を下ろしたいと感じていても、心のどこかには物足りなさがあり、刺激や変化も求めたいという感覚を覚えることもあるでしょう。

相反する感覚は普段の気分にも表れやすいでしょう。

例えば、さっきまで一人で過ごしていたいと思っていたのに、次の瞬間には仲間と一緒にいたいと思ったり、相手を暖かく歓迎したと思ったら、急にそっけなくなったりするなんてこともあります。

そのため、周囲の人は、あなたを理解するまで少し時間がかかるかもしれません。

 

また、月と天王星のスクエアを持つ人は、伝統的な家族の形や習慣に息苦しさを感じやすいでしょう。

家族の中にいても、自分だけがまるで異分子のように感じることがあります。

伝統的な家族の形に反発して、「関わった人は全て家族」「全世界はみんなが家族」というような家族像を受け入れたり、先進的な習慣を立ち上げたりすることもあるかもしれません。

結果的に、自分の育った環境とは大きく異なる場所や、まったく違う文化を持つ海外などで生活することもありそうです。

月と天王星のトライン(120度)とセクスタイル (60度)

トライン(120度)・セクスタイル(60度)

2つの天体が調和していてエネルギーがスムーズに働く関係

トラインとセクスタイル(イージーアスペクト)を持つ人は、月と天王星のエネルギーがスムーズに通ります。

日常に起こる様々な変化に対して抵抗がなく、むしろ「変化があるから刺激的で楽しい!」と感じるタイプでしょう。

独創的な感覚と鋭い感性で、物事を違った角度から見たり、受け止めることができます。

独自の世界観を持つ人と言えるでしょう。

母親が進歩的なタイプだったり、少し型破りな人だったりすることもあるかもしれません。

子どもの自主性や自由を尊重してくれるような教育方針の元で育ってきた人は、自身が育ってきた環境を、好意的に受け止めている場合が多いです。

 

また、トラインとセクスタイル(イージーアスペクト)を持つ人は、相手を暖かく思いやる気持ちが強く、多様性も求めます。

様々な年齢、背景、文化、アイディアを持つ人を平等に受け入れて楽しもうとするでしょう。

【まとめ】 月と天王星のアスペクト

月と天王星のアスペクトを持つ人は、日常の中に変化を求め、常に新しい自分を探していくでしょう。

コンジャンクション・ハードアスペクト(オポジション・スクエア)を持つ人は、突然の出来事が人生に大きな影響を与えることがあるかもしれません。

 

しかし、それを乗り越えるたびに成長し、自分の世界や可能性を大きく広げていくでしょう。

ソフトアスペクト(トライン、セクスタイル)を持つ人は、変化や刺激を楽しく受け止めながら、人生の波に乗っていけるでしょう。

唯一無二の感性を活かしながら、求めるものを自由に選び取っていきましょう。

 

今回の記事を参考に、月と天王星の関係性についてイメージを膨らませながら、読み解きを深めていってくださいね。

Moon
星読みにおける月の意味をわかりやすくまとめてみた!星読みで月にはいったいどんな意味があるか知っていますか?この記事では初心者の方でも月の意味をイメージできるように、わかりやすさに徹底的にこだわって書きました。...
Uranus
天王星は占星術界の革命児!その意味をまとめてみた占星術の天王星は、あらゆる概念を変えていく変革のエネルギーを持っています。うまく使いこなすことで限界を突破していくことができるでしょう。この記事では初心者の方でも天王星を深められるようわかりやすくお伝えしていきます。...
アスペクト翻訳1_アイキャッチ
アスペクトとは?星読み初心者向けから上級者向け記事まとめ占星術のアスペクトの意味や各天体ごとの詳しい読み解きを解説!星読みテラス内の関連記事をまとめました。...
マダム
マダム
月星座や天王星星座のことをもっと知りたい方は、星よみ協会の無料講座をチェックしてみてみてくださいね。

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

なこ
なこ
もっと学びたい!あなたに、おすすめの占星術勉強法はコチラ
ABOUT ME
星読みテラス
星読みテラス
星読みテラスは、占星術が学べるサイトです。ストーリーを読むうちに気づいたらあなたのネイタルチャートが読めてしまう「初心者コース」や、天体ごと12星座ごとの解説など、基本的な占星術の知識から、上級者向けの占星術情報までお届けします。