アスペクト

【上級者向け】月と土星のアスペクトの解釈|星読み辞典

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

「ホロスコープに月と土星のアスペクトがあった場合、どう解釈すればいいんだろう…」とお悩みのあなたへ。

この記事では、月と土星のメジャーアスペクト(0,60,90,120,180度)の解釈の例を紹介します。

なこ
なこ
私のホロスコープにはどんなアスペクトがあるんだろう?
博士
博士
ホロスコープを確認じゃ。バナーをクリックすると作れるぞ。
horoscope

月と土星の意味とアスペクトの影響

博士
博士
まずは月と土星が持つ意味と、天体間の影響のおさらいじゃ。

月と土星が表すもの

月と土星

月は、感情や無意識の反応などを表す天体です。

リラックスして落ち着いているときに出る、ありのままの素の自分を表すとも言われています。

一方で、土星は、制限を意味し、人生における課題を与える天体です。

より自分らしく生きていくためのヒントや進路を教えてくれる存在であり、人が成長するためにとても重要な星として扱われています。

月と土星の意味をまとめると次のとおりです。

  • 慎重
  • 保守的
  • 模範的な行動
  • 忍耐力がある

 

これらについて、月と土星のアスペクトがソフトであればスムーズに進み、ハードであれば困難や試練に遭遇しやすいといえます。

アスペクトの影響は天体の年齢域と関係する

アスペクトは、遠い天体が近い天体に影響を与えると解釈します。

これは、「年齢域の高い天体が年齢域の低い天体に影響を与える」と言うこともできます。

天体には年齢域という考え方があり、その順番に従って、年上の天体が年下の天体に影響を与えると読みます。

月と土星の関係は、土星の方が年齢域が高く、土星から月へと影響を与えると解釈します。

天体間のアスペクトの影響

月と土星のコンジャンクション(0度)

コンジャンクション(0度)

2つの天体の良い部分も悪い部分も強め合う関係

0°(コンジャンクション)

月と土星のコンジャンクションを持つ人は、慎重で控えめです。

どちらかというと、実年齢よりも大人びていたり、落ち着いて見えたりするかもしれません。

小さな頃から、弟や妹の面倒を見ていたり、母親の代わりに家事をやることが多かったりしたという人もいるでしょう。

責任感が強く、しっかり者のあなたは、早く大人になろうとしていたかもしれません。

親に甘えたい時も弟や妹に譲ってしまったり、助けてほしい時も自分の力でどうにかしようとしたりしたこともあるのではないでしょうか?

自分自身で感情や行動を制御することに慣れてしまっているかもしれませんね。

そのため、感情をありのままに表現することには抵抗があるでしょう。

「ここまでなら大丈夫」と、事前にボーダーラインを設定するように、喜びや悲しみを抑えてしまうところがあるかもしれません。

 

もしくは、模範解答のような、当たり障りのないリアクションをしてしまうことが多いかもしれません。

不安感が強くなると、ますます感情を制限しがちになります。

感情をありのままに表現するためには、心が安心感で満たされている必要があります。

「甘えてもいいんだ」「助けてもらってもいいんだ」という許可を自分に出すことを心がけると良いでしょう。

月と土星のオポジション(180度)

オポジション(180度)

2つの天体がぶつかり合う関係、対立するまたは高め合う

180°(オポジション)

月と土星のオポジションを持つ人は、大人になっても、両親や家族の影響を強く受けているかもしれません。

例えば、何世代にもわたって、同じ家や地域でずっと暮らしていたり、同じ種類の専門的な仕事についていたりする場合もあるでしょう。

伝統や古くからのしきたりなどに縛られてしまうこともありそうです。

月と土星のアスペクトを持つ人は、どちらかというと、早く大人になることを求められます。

ただし、月と土星のオポジションを持つ人は、ずっと守られる立場に置かれやすい傾向があります。

いつまでも両親の管理下に置かれる状況で、責任を取ることや自立することが難しくなる場合も。

あなたにとって、住み慣れた家での家族との生活は、安定していて安心できるもの。

「ずっと、このままでもいいのかもな」と思っていることもあるでしょう。

 

しかし、家族の形とはいつか変化するものです。

残念ながら、永遠に続くものではありません。

子どもの頃は、両親や家族に守ってもらうことが必要だったかもしれません。

しかし、大人となった今は、自分自身で安心できる場所や相手を見つけることが必要かもしれませんね。

守られることを手放すことで、本当の意味で大人へと成長することができるでしょう。

月と土星のスクエア(90度)

スクエア

1つの天体が葛藤する関係、不調和の状態または何らかの解決策を取るよう働きかける作用も

90°(スクエア)

月と土星のスクエアを持つ人は、家族や家庭を持つことを強く望むかもしれません。

一人でいることへの恐れを持つ一方で、家族や家庭を持てば、心からの愛情や深い結びつき、日常から本当の安心感を得られるという期待もあります。

また、物理的な家を所有することで、家庭の土台や基盤をしっかりとさせ、安定も得ようとすることもあるでしょう。

 

また、月と土星のスクエアを持つ人は、「自分が必要とされているかどうか」をとても気にするかもしれません。

そこには、「自分が必要とされていなかったらどうしよう」という恐れがあるのです。

そのため、無意識に自分の必要性をアピールしようとします。

例えば、一生懸命に母親の役割をこなそうとしたり、何かの育成やお世話をしたりすることに熱心になる場合があります。

反対に、自分の家族や家庭に責任を持ちたくない、縛られたくないと強く感じる人もいるでしょう。

特に、母親が父親に従順だったり、父親のもとで制限された生活をしていた場合は、そこに反発したくなることもあるかもしれません。

月と土星のトライン(120度)とセクスタイル (60度)

トライン(120度)・セクスタイル(60度)

2つの天体が調和していてエネルギーがスムーズに働く関係

トラインとセクスタイル(イージーアスペクト)を持つ人は、月と土星のエネルギーがスムーズに通ります。

「自分を満たしてあげられるのは、自分だ」と知っているので、感情や求めていることに対して真摯に向き合おうとします。

それは、他者に対しても同じで、相手が喜ぶためなら、常に一生懸命になれる人です。

繊細で傷つきやすい一面があるので、できる限り社会に受け入れられるようなやり方で行動しようとします。

相手を傷つけたり、争ったりすることは避けたいので、許可をもらうためなら相手の言いなりになることも交渉手段の一つとして選べます。

「遊ぶよりはまず仕事」という考えの持ち主で、責任感も強いので、まわりの期待を裏切ることはしません。

そのため、周囲の人からの信頼も厚いでしょう。

あなたの冷静で的確なアドバイスを求めに、相談にくる人も多いかもしれませんね。

【まとめ】 月と土星のアスペクト

月と土星のアスペクトを持つ人は、常に慎重に物事を見極めつつ、一つ一つを確実にこなしていこうとします。

コンジャンクション・ハードアスペクト(オポジション・スクエア)を持つ人は、自分の感情に制限をかけ、あるがままに振る舞うことに抵抗があるかもしれません。

しかし、心から感じるままに振る舞っても大丈夫だと思える場所や、自分が何を感じているのかをじっくりと受け止めてくれるような人との出会いが、あなたの制限された感情を解き放ってくれるでしょう。

ソフトアスペクト(トライン、セクスタイル)を持つ人は、何事にも真剣に向き合う姿勢と、模範的な行動が、まわりの厚い信頼に繋がっていきます。

相手を思いやりながらも、冷静な判断でうまく結果に結びつけることができるでしょう。

今回の記事を参考に、月と土星の関係性についてイメージを膨らませながら、読み解きを深めていってくださいね。

Moon
星読みにおける月の意味をわかりやすくまとめてみた!星読みで月にはいったいどんな意味があるか知っていますか?この記事では初心者の方でも月の意味をイメージできるように、わかりやすさに徹底的にこだわって書きました。...
Saturn
星読みにおける土星の意味をわかりやすくまとめてみた!星読みで土星は人生における課題を与える天体です。ホロスコープから土星を読み解き、自分の土星を知って使いこなす方法を解説! ...
アスペクト翻訳1_アイキャッチ
アスペクトとは?星読み初心者向けから上級者向け記事まとめ占星術のアスペクトの意味や各天体ごとの詳しい読み解きを解説!星読みテラス内の関連記事をまとめました。...
マダム
マダム
月星座や土星星座のことをもっと知りたい方は、星よみ協会の無料講座をチェックしてみてみてくださいね。

自在に星読みをしている人の
思考パターンが分かっちゃう講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

なこ
なこ
もっと学びたい!あなたに、おすすめの占星術勉強法はコチラ
ABOUT ME
星読みテラス
星読みテラス
星読みテラスは、占星術が学べるサイトです。ストーリーを読むうちに気づいたらあなたのネイタルチャートが読めてしまう「初心者コース」や、天体ごと12星座ごとの解説など、基本的な占星術の知識から、上級者向けの占星術情報までお届けします。