特集

【グレート・コンジャンクション後の二極化】風の時代の生き方・仕事

グレコン3_アイキャッチ
一生に一度!時代の転換点がくる

2020/12/22の水瓶座のグレート・コンジャンクションは、星の大イベント!現代を生きる私たちがこれほどの時代の節目を経験するのは一生に一度しかありません。新しい価値観の「風の時代」への転換点です。星読みテラスでは、グレート・コンジャンクションの歴史や私たちへの影響、風の時代の生き方などを大特集!

この記事では、グレート・コンジャンクションによって起こる「風の時代」を解説します。

  • 風の時代とは?
  • 風の時代に起こる「二極化」とは?
  • 風の時代に乗るための自分軸の作り方
  • 風の時代に乗るための仕事や生き方のポイント

などについて、星読みテラス監修者のかげした真由子さんに聞きました。

2020年水瓶座グレート・コンジャンクションで世界は風の時代に

グレート・コンジャンクション

グレート・コンジャンクションとは、木星土星が同じ位置で重なる現象のことです。

この現象は約20年に一度しかないもので、2020年には水瓶座でグレート・コンジャンクションが起こります。

 

時代の大きな流れを見ると、これまでの約240年間のグレート・コンジャンクションは、牡牛座・乙女座・山羊座という地のエレメントの星座で起こっていました。

しかし、2020年のグレート・コンジャンクションは、水瓶座という風のエレメントの星座で起こり、

その後も約20年ごとに風のエレメントの星座(双子座・天秤座・水瓶座)で木星と土星が重なります。

これにより、世界は地の時代から風の時代へと移行します。

グレート・コンジャンクションの歴史
2020年12月水瓶座のグレートコンジャクションとは|風の時代へ2020年水瓶座で起こるグレートコンジャクションによって時代は社会的な構造改革を迫られる?!新しい時代を生きるポイントをお伝えします!...

【風の時代】は世界が自由でフラットな社会になることを表す

風の時代になると、どのようなことが変わっていくのでしょうか。

結論から言えば、社会は従来のピラミッド構造のシステムから平等なシステムへと移行していきます。

いわば【対立構造】から【対等構造】への変化です。

【地の時代・〜2020年】リーダーが影響力をもつ【対立構造】

2020年に至るまでの約240年間の地の時代は、社会が【対立構造】でした。

対立構造では上下関係やヒエラルキーがあり、ピラミッドの頂点にいるリーダーだけが大きな影響力を持っていました。

例えば、私たち一人ひとりが、個性を持つ色とりどりの絵の具だとした場合、ピラミッドのトップにいるリーダーが「赤色」であれば、

リーダーの下にいる人たちにも「赤色」が流れ込んでいきます。

彼らも一人ひとりが独自の色を持っているのですが、対立構造ではリーダーの色に影響されることが大前提なのです。

ピラミッド構造地の時代は、トップにいるリーダーが元気に活躍していれば、その下にいる人たちはリーダーの大きな力に身を委ねて生活することができました。

そして、それぞれの居場所が確保されるというメリットもありました。

ですから、対立構造の社会は、私たちにとって有益なものだったのです。

自分自身で何かを選択しなくても、また自分の選択に責任を負わなくても、リーダーのおかげでそれなりに豊かに暮らせていました。

 

しかし、対立構造の社会では、ピラミッドの頂点にいるリーダーが頼りなければ、その下にいる人たちの安全は脅かされます。

また、自分がリーダーになりたい場合は、常に戦いに勝利し、ピラミッドの頂点を目指して勝ち上がることが求められ、ときには対立も起こっていたのです。

地の時代にはこのような課題がありましたが、2020年12月のグレート・コンジャンクションを機に風の時代が幕を開けると、社会の構造も変化していきます。

【風の時代・2021年〜】個々が自由に選択して生きる【対等構造】

2020年12月末から始まる風の時代とは、社会が【対等構造】になる時代です。

なぜなら時代の転換点となるグレート・コンジャンクションが水瓶座で起こるからです。

水瓶座は対等な人間関係を求める星座で、友愛・博愛・オリジナリティ・進歩的な概念などを表します。

 

対等構造の社会は、無数のカラフルな色鉛筆が同じ机の上に乗っているようなイメージで、誰もが対等な関係です。

星読みでは、「私たちはそれぞれの色(個性や生き方)を持って生まれてくる」と言われていますね。

風の時代は、自分の色のままに生きていく時代なのです。

「私はスカイブルー」「私は桜色」「私はマゼンダ色」と、人々は本来の自分をアピールして生きるようになるでしょう。

対等構造対等構造の社会にはピラミッドのような上下関係がないので、リーダー、ヒーロー、カリスマは存在しません。

たとえそのような人がいたとしても、トップダウン式に大きな影響力を発揮することはなくなるでしょう。

リーダーの権力によって他の人たちの生活が左右されることはありません。

その一方で、さまざまな選択を人に委ねたり、大きな力に守ってもらったりすることはできなくなっていきます。

風の時代で起こる【二極化】とは選択の多様化を表す

【二極化】は対立構造で生きるか・対等構造で生きるか常に問われる

選択写真このように時代が地から風へと移行すると、大きな変化が訪れます。

それは、世の中が二極化するということです。

二極化とは、前の時代(地の時代)の生き方・仕事の仕方を選ぶか、または、新しい時代(風の時代)の生き方・仕事の仕方を選ぶか、という選択をしていくことを表します。

例えば、2020年は新型コロナウイルスの流行によって働き方の見直しを迫られました。

「ウイルスに感染するリスクはあるが従来どおり会社で仕事をする」「上手くいくか未知数だがテレワークに切り替える」といった選択を、さまざまな企業や組織が行いましたね。

今後二極化が進むと、このような選択は個人レベルでもたくさん起こるようになります。

 

風の時代は、ピラミッド構造が消滅し、リーダーが他の人の生き方を決めることがなくなります。

自分の人生の選択は、自分自身で行わなければなりません。

新しい時代で物事を選択していくときには、自分軸が必要になります。

自分軸とは、他の人の価値観に惑わされず、自分の気持ちに正直になって、それを貫いていく姿勢です。

風の時代になり、それぞれの個性を重んじる社会になると、正解は一つではなくなります。

自分自身が納得できる選択こそが、あなたにとっての正解なのです。

 

「でも、どんな選択が正しいのかなんて、私には分からない。今まで、大事なことは誰かが決めてくれていたし…」という方もいるかもしれません。

大丈夫です。自分軸を作る方法は、ちゃんとあります。

それを次からご紹介していきますね。

【風の時代の生き方と仕事】自分軸で選択し本物の自分になろう!

風の時代の生き方と仕事は【自分軸をつくる意識】が大事

育む写真風の時代に、自分軸を育てていく方法は、主に2つあります。

1つ目は、本物を探す能力を育てること。

2つ目は、本物の自分になるために自分自身を育てること。

なぜ本物が大事なのでしょうか。

それは、風の時代への移行とともに本質からブレた価値観や物事は淘汰されても、本物であれば輝き続けられるからです。

また、自分が本物なら、偽物の価値観や物事を正しいほうへと導いていくこともできます。

 

もしあなたが風の時代の波に乗る生き方・働き方を望むなら、2つ目の本物の自分になるために自分自身を育てることをおすすめします。

なぜならば、1つ目の「本物を探す」ということは、地の時代の対立構造の価値観であるからです。

地の時代の社会は、偉大な本物のリーダーに影響を受けることが大切だとされてきました。

本物のリーダーを探し、その人の選択に身を委ねることが正解だったのです。

例えば、「透き通った水色」の人が、赤色のリーダーに影響されて「ピンク色」になったとしても、それが安全な生き方でした。

 

しかし、風の時代に訪れる対等構造の社会の生き方・仕事の仕方は、誰かの色に染まっていくものではありません。

誰かに承認されたいために働くのではなく、自分軸で仕事をすることで本当の意味で社会に貢献できる人。

自分や誰かを犠牲にせず、それぞれの人の意思を大切にした生き方をする人。

風の時代には、そんな本物が求められます。

誰かに寄りかかって生きることはなくなります。

しかし、誰かの色に染まらなくても自分の生き方や仕事をクリエイトできるようになるでしょう。

風の時代の生き方と仕事は【自分の強みや望みを知ること】が必要!

水瓶座写真風の時代の流れに乗るために、自分軸をつくるヒントをもう1つご紹介します。

自分軸を作るには、自分に興味を持ち、自分を知ることが大切です。

具体的には、生まれ持った性格や強みを知って育てていくことです。

「私の本質は何色で、私がやりたい仕事って何だろう?」

「私が輝くには、どんな生き方が良いの?」

「私と違う色の人たちとは、どんな関わり方をすると心地よいのかな?」

風の時代に向けて、自分自身に、このような問いかけをしてあげましょう。

 

風の時代は、自分を知り、自分軸をつくり、自分らしい色になるという選択をし続けていけば、本物になることができます。

ただ、そのためには、他の人からの影響を受けない時間が少し必要かもしれません。

2020年は新型コロナウイルスの感染防止策として、世界中でソーシャル・ディスタンスをとるようになりましたね。

この機会に、一人の時間をつくって、自分自身を見つめてみましょう。

そうすれば、新たな風の時代に、自分軸をもつ本物の自分で生きることができます。

【まとめ】星読みで自分軸をつくり風の時代らしい生き方と仕事を!

2020/12/22のグレート・コンジャンクションによって、世界は風の時代となり、二極化が起こります。

二極化とは、世界が対立構造から対等構造に変化し、「地の時代の価値観で生きるか?」、または「風の時代の価値観で生きるか?」という選択を日々迫られることを意味します。

新しい時代に必要なのは、リーダーや他人に依存しない自分軸の生き方をすることです。

風の時代は、自分軸をつくり、自分自身が本物になりましょう。

この自分軸は、自分の強みや本当にやりたい仕事などを知ることで、育てていくことができます。

 

自分を知り、風の時代の流れに乗るためには、星読みはうってつけのツール!

星読みによって、自分自身の運命のハンドルを握り、思い通りの人生を描いてくださいね。

 

\星よみ協会の無料講座開催中♪/
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
kinuko
kinuko
太陽魚座、月蠍座。「○○の星を持つ人は○○をするのはNG」といった選択肢に制限ができる占いに疑問を持つ中、星読みテラスに出会い「主体的に人生を生きるための星読み」に共感。月蠍座の気質を活かし、心に深く響く記事を目指す。ライター、編集歴10年以上。専門分野は、健康、心理、ボディワークなど。