月星座

月乙女座は【相手の役に立っていると安定】

月星座乙女座

星よみ協会の無料講座
この記事では、月乙女座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説していきます。

この記事を読むことで、心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。

乙女座の月を上手く活用してあなたの魅力を更に開花し、豊かさを手に入れましょう。

博士
博士
もし、自分の月星座が何座かわからない、という場合はこのホロスコープシステムを使って調べてみておくれ。
horoscope
博士
博士
ホロスコープを読んで自分なりに解釈したいときはこっちの記事から読むのがオススメじゃぞ!
月星座目次_アイキャッチ
あなたの月星座を調べる方法と12星座別の解説自分の月星座を知っていますか?月星座は「ありのままの姿」を知ることができます。12星座別星座の特徴や読みとき方を解説。 ...

太陽星座と月星座の違い【社会的な自分とプライベートな自分】

月星座とは何か知っていますか?

一般的な星占いに書いてある星座は「太陽星座」といい、生まれたときに太陽が位置していた星座を表しています。

一方「月星座」は、生まれたときの月が位置していた星座のこと。

太陽星座が社会を生きるうえでの方向性や、欲求、自分らしさなど表向きの自分、また未来を表すのに対して、

月星座は持って生まれた自分の性質や無意識ともいわれる素の自分など、プライベートな自分を表します。

心の土台となる月を満たし安定させることで、太陽が持つ欲求を叶えていくことができるのです。

まずは月乙女座の性質を知ることで何を求め、どうしたら心が満たされるのかを確認してみましょう。

月乙女座の性質は【ピュアで繊細・思慮深く冷静】

12星座中6番目の乙女座は、周囲の状況を観察し、常に気を配る性質を持っています。

12星座の中でもひときわ愛情深く繊細な感受性を持ち、「乙女」という名のとおり、純粋で真っ直ぐなところも特徴です。

  • 自分よりも相手を尊重する
  • 自分の役割を果たしたい
  • 世の中をよくしたい
  • 人との調和も大切だけど、自分の基準で物事を整理したい
  • 清潔好き

誰かの役に立ちたいという使命感を常に抱いている月乙女座。

「いま、自分にできることは何だろう?」と考え、相手の求めるものを提供できたとき、心がとても満たされます。

 

月乙女座は、分析力が高く、思慮深いことも特徴。

行動派に見える人でも、思いつきで行動することは少なく、周囲を見てしっかり判断し、自分の役割を見つける冷静さを持ち合わせています。

また、自分の理想とする美しい世界を実現したいという欲求があり、そのためなら、たとえ自分が犠牲になっても、純粋な気持ちで誠実にものごとに向きあおうとします。

一方で、想像や空想が得意であるものの、相手の些細な反応を過敏に拾ったときには、ネガティブな空想を膨らませてしまうことも。

そして、無意識に完璧でありたいと思っていることから、持ち前の気配りや細やかさが神経質や潔癖として表れてしまうこともあります。

月乙女座は、「整理整頓したい」「きちんとしていたい」という欲求を満たすと安心できるので、身の回りを片付けてみることで月が安定します。

月乙女座の子供時代は【いい子でいようと努力する】

月星座が一番発揮されるのは生まれてから7歳頃まで。

幼少期は意識して何かをするというよりは、本能のまま、ありのままの自分で生きていますよね。

そして幼少期の体感や母親との関係は、大人になった今はあまり覚えていないかもしれないですが、生きていくうえでの心の土台やあなたの常識として無意識の中で記憶されています。

幼少期の自分を知ることで、あなたの本来持っている資質や心のクセやブロックを知ることができます。

 

月乙女座の子供時代は常にいい子でいようと努力します。

兄弟がいる家庭では、その兄弟の中で誰よりも役に立つ子でいようとするでしょう。

母親が困ることがないようサポートをすることで、母親からの愛情を得たいという想いがあるからです。

成長してからも母親を支えていく気持ちは続き、「母親の助けになりたい」という月乙女座の子供の時からの想いは、大人になってパートナーとの関係でも影響し続けます。

月乙女座の人間関係は【控えめで慎重】

思いつきの行動はせず、じっくりと分析してから判断する月乙女座は、はじめは慎重に人間関係を深めていきます

初対面から積極的に話しかけていくことは、あまりありません。

まず相手がどんな人なのかを分析し、きちんと確認してから親しくなります。

自分が思う正しさを周囲が認めないことを恐れる月乙女座は、自分で決めているルールや習慣を、誰かに批判されると心が安定しません。

そのため、恋愛にも控えめで慎重です。

 

ここでも冷静さを保ち、恋愛特有の大きな盛り上がりよりも、相手を分析し判断するので、相手に高い基準をもとめてしまい、相手を傷つけてしまうことも……。

けれど一度心を開くと、一気に距離を縮めていく傾向があります。

  • 母親に似た相手を好きになる
  • 包容力がある
  • 癒し系

月乙女座は、恋愛相手に「母親に似た雰囲気」を求めがち

優しい母親であれば優しい相手を、スポーツが得意な母親であればスポーツ好きな相手を求めるといった感じです。

月乙女座の愛情深さで相手をとても思いやるので、癒し系の存在でいられるでしょう。

また、多くを語らずとも察してくれる感受性の高さから、傍にいるだけで相手の気持ちを楽にしてあげられる包容力を発揮します。

月乙女座にとっては、恋愛の場面で「いかに自分が相手の役に立てているか」を確認していくことが重要で、「相手の役に立っている」と思うことができれば、心が満たされて幸福感も増していきます。

大切な人を献身的にサポートし、お互いを補い合いながら愛を育てていくことに喜びを感じるでしょう。

月乙女座に大切なことは【完璧を求めすぎず五感に身をゆだねる】

律儀で真面目な反面、適当にやり過ごすことができない傾向にある月乙女座は、完璧を求めすぎないことが大切です。

繊細な感受性、行き届いた気配りのできる細やかさは月乙女座の特性ですが、その力がマイナスにはたらいてしまうと、神経質な面として表れてしまうことも。

自分の基準を他人にも求めてしまい、他人の失敗を見過ごせず、つい口うるさくなってしまうと、悪気はなくても、相手は「責められている」と感じてしまうことがあるかもしれません。

 

完璧を求めすぎないことを意識してみると、相手の役にたつことで満たされる、純粋で真っ直ぐな乙女座の月のパワーをより良く発揮できるでしょう。

また、月乙女座は細部に渡り、どんなこともきちんと分析し、整理してまとめたい欲求があるので、「自分の心の中を分析して言葉にする」ことも、月を満たし、安定させることに繋がります。

そして、細部にこだわり始めたときほど、全体を俯瞰したり、物事を客観的に見ることを意識してみると良いでしょう。

 

さらに、感覚や感性に従ってみることが大切です。

頭の中をからっぽにすると心が安定してきます。

頭で考えることから離れ、五感で感じられる環境に身をおくと、リラックスできて安定した自分でいられます。

  • 森林浴や散歩
  • 瞑想
  • ヨガや呼吸法などを実践してみる
  • 好きな香りを楽しむ
    など

五感に心地よい刺激を与えてあげることは、無意識に完璧を求めてしまう月乙女座の心をほぐし、満たされていくでしょう。

自分らしく輝くために乙女座の月を活かそう

月乙女座の性質から心の満たし方、安定する方法までご紹介しました。

なんだかうまくいかないとき、悶々として前に進めないとき……そんなときは乙女座の月を満たし、安定させることを意識してみてくださいね。

心の土台である月を整え、月乙女座の性質を活かすことで、太陽が表す社会的な自分、未来に向かうための自分をさらに輝かせることができるでしょう。

人生の方向性や、社会での欲求などを知ることで乙女座の月との関係性も見えてきます。

ぜひ太陽星座の記事も合わせてチェックしてみてください。

太陽星座目次アイキャッチ
あなたの太陽星座の調べ方と12星座別の解説太陽星座はあなたが自分らしく生きるためのヒントを教えてくれます。太陽星座の調べ方と生きるヒントを12星座別に解説します。...

 

まゆちん先生
まゆちん先生
「ホロスコープを読めるようになりたい!」というあなたへ。
私たちの無料講座では、星がスイスイ読めるコツをおうちにいながら動画で学べます!
詳しくはこちらのページをチェック♪

\星よみ協会の無料講座開催中♪/
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
kozue
kozue
太陽射手座、月乙女座。自分を知りたいと星読みを学び、胸の奥深くの心情を揺り動かされる体験をしたことから占星術にひかれる。楽しく、気づける、活かせる星読みを大切にしたいと日々模索中。心理とスピリチュアル、映画、生け花、マクロビスイーツが心身の癒し。海と山、夜空の星や月を眺めるなど自然を感じることが好き。