天体別12星座解説

あなたの月星座を調べる方法と12星座別の解説

月星座目次_アイキャッチ
マダム
マダム
この記事は自分の月星座を調べたり、その解釈を深めたい人に向けての記事です。
そもそも星読みは初めてという人は、初心者コースから読みすすめてみることをオススメします♪
マダムと一緒に初心者コースで星読みを学ぶ♪

あなたは自分の月星座を知っていますか?

この記事では、自分の月星座を読みときながら、12星座ごとの月星座の特徴や、どうすれば心を安定した状態にできるのかをお伝えしていきます。

素の自分らしさってなんだろう?
どうすれば心を安定した状態にすることができるんだろう?
といったことを知ることができるでしょう。

月星座の調べ方もお伝えするので自分の月星座がわからないという方も安心してくださいね。

なこ
なこ
月に星座?
なんだか不思議で神秘的♪
博士
博士
月星座は太陽星座と同じく自分を表すぞ!

自分の太陽星座を知っている人は多いと思うが、月星座も知っている人は案外少ないかもしれんな。

この記事で自分の月星座を知って、太陽と一緒に自分らしさを発揮するのに役立てておくれ。

月星座の調べ方〜ホロスコープを作ってみよう【無料作成】

博士
博士
よし、ではさっそく自分の月を読みといていこうかの。

まずは手元にホロスコープを用意しておくれ。

博士
博士
もしホロスコープがない場合は、下の天球儀をクリックして、簡単な質問に答えていくだけで、ホロスコープを手に入れることができるぞ。
ふぉふぉふぉ、わしが開発したホロスコープシステムじゃ。
horoscope

>>月星座読みときのワークシート

博士
博士
このワークシートも別ページで開いたり、プリントアウトして実際に書き込みながら読み進めていくと、より理解ができてオススメじゃぞ。
なこ
なこ
ホロスコープも準備した!
ワークシートもある!よーし!(ワクワク)

それではまずホロスコープから月を見つけていきましょう。

月の記号はこちらです。

月記号

ホロスコープのどこに月記号がありますか?
見つけたら、月がいる星座(サイン)を確認します。

horoscopemoon

例えばこのホロスコープの場合、月は蠍座にあります。

月が蠍座にあるので、月星座(サイン)は蠍座となります。

なこ
なこ
わたしの月星座(サイン)は、蠍座だよ!
蠍座の月ってどんな感じなんだろう??
博士
博士
そうじゃな。
星座(サイン)別に読み解く前にもう一度簡単に月がどういうものかを復習しておこうかの。天体の意味をとらえてから、サイン別に読んだ方がわかりやすいぞ。

月星座とは素のままのあなたの性格を表します

星読みの世界では、月は「ありのままの素の自分」を表しています。

ありのままの素の状態というのは、心がリラックスし、安定している状態ということです。
あなたの土台の部分がしっかりとしていて、地に足がついている状態とも言えます。

こういう状態にいてこそ、自分らしさを発揮することができるようになります。

なんとなくふわふわと落ち着かないような状態では、何事も集中できないでしょうし、自分の才能やエネルギーを発揮することもできませんよね。

ただ、ありのままの素の状態というのは、自分では普段なかなか意識しにくいものです。

月星座を読みとくと、そんな「ありのままの素の自分」の姿がわかります。

ではどうして月は「ありのままの素の自分」を表すようになったのでしょうか。

星読みの世界で、月は「受け皿」として考えられています。

例えば、実際の月が太陽の光を受けて夜空に輝くように、太陽の「受け皿」であったり。

beginnermoon

命の「受け皿」としての役割もあります。

わたしたちにとっての命の受け皿とは、心や身体ですね。

ですから月は、わたしたちの心や身体と深く結びついていると考えることができます。

また、わたしたちの心や身体が持つ命を守る仕組みは本能的なものであることから、月はわたしたちの本能的な部分や無意識の反応を表しているとも言われています。

あなたの月をより具体的に読みとく鍵が星座(サイン)になります。

12星座(サイン)によって、月星座の特徴や安定した状態はそれぞれ違っているのです。

もしあなたが今なんとなく落ち着いていないな、自分らしさを発揮できていないなと感じるのでしたら、自分の月星座の特徴を知り、上手に開放してあげましょう。

そうすることで、あなたの心は安定を取り戻していくでしょう。

12星座別!月星座の特徴と安定する方法を解説

月はあなたの素の自分らしさを表しますが、月が12星座(サイン)のどこに位置するかで、その特徴が大きく変わってきます。

ここでは具体的に星座(サイン)別の月の特徴をお伝えします。また、自分らしい人生を歩むには、月を「安定させること」が大事ですので、その方法も書いてます。

月星座が牡羊座の人は【自己表現や積極的な行動で安定】

月星座が牡羊座の人は、本能的にあらゆることに向かって突き進みたいという欲求を持っています。

一見穏やかに見える人でも、新しいことを切り開いていくパワーを内に秘めています。

自分を自由に表現したり、行動を起こして前に進んでいくことで、安定した自分でいることができます。

安定していない場合は、後先考えずに行動したり短気な性格として表れるかもしれません。

なんだかよくわからないけど、自分で思うように生きられなくってモヤモヤを感じている…。

そんなときは一旦立ち止まり、「本当はわたしは何をしたいのか、今何を感じているのか」を問いかけてみましょう。

時には自分の思うように行動してみる、生きてみることも月星座が牡羊座の人にとってはいいかもしれません。

月星座牡羊座
月牡羊座は【自己表現や積極的な行動で安定】月牡羊座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が牡牛座の人は【不安のない環境や生活で安定】

月星座が牡牛座の人は、本能的に安定した状態を求めます。温和で粘り強い性格で、一つの物事に取り組む力を持っています。

心地よい環境、経済的な安定に身を置き、おいしいものを食べるなど自分が心豊かに感じることをしながら暮らすことで、安定した自分でいることができます。

安定していない場合は、不快な感情を避けるために物を所有することに依存したり、粘り強い性格が逆に頑固な性格として表れるかもしれません。

ただ、本当の意味で、自分自身が満たされているのであれば、牡牛座のマイナス面が過剰になることはありません。

今、あなたの身の回りにあるものや環境が、本当にあなたを満たすものであるのかどうかを意識しましょう。

月星座牡牛座
月牡牛座は【不安のない環境や生活で安定】月牡牛座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。 ...

月星座が双子座の人は【絶え間ない変化と新しい情報で安定】

月星座が双子座の人は、本能的に新しいことを求めています。社交的で好奇心旺盛です。臨機応変に対応する力を持っています。

常に動き続けて変化していくことが、双子座にとって安定した状態と言えます。新しいアイディアや情報を収集したときに、心地よさを感じます。

安定していない場合は、好奇心旺盛でいろんなものに手をつけるものの楽しめず長続きしない、心も移り気で不安定になりやすいかもしれません。

そもそも様々なことに興味を持ち、関心をもったことにはためらわずに飛び込むフットワークの良さが月星座双子座の魅力でもあります。

もしあなたが無意識のうちにその双子座の性質に振り回されてしまっているのだとしたら、まずはその性質を自覚しましょう。

そして自分自身が心地よい感覚になれるよう、目的を持って情報を集める、その情報を人へも伝えるなどしながら、プラスの方向へ使いこなせるようにしてみましょう。

月星座双子座
月双子座は【絶え間ない変化と新しい情報で安定 】月双子座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が蟹座の人は【感情を共有してつながると安定】

月星座が蟹座の人は、本能的に感情を表し共有したいと思っています。

月と関係が強い蟹座は、あらゆる感情や情緒といったわたしたちの心の動きと深い関わりがあります。感情豊かで人情味にあふれています。

人と感情を共有することで、安心を感じます。

自分の感情を示して、それが受け入れられて、温かなつながりを築いているときに安定しています。

安定していない場合は、人に依存したり干渉しすぎたり、また、自分の感情を受け入れられないことを恐れて引きこもってしまうこともあるかもしれません。

月星座蟹座の人にとって、人からの拒否や無関心は何よりも恐ろしいことなのです。

人にではなく、自分で自分の感情を受け入れ、大切にすることを意識しましょう。

自分の感情を押さえ込んだり、否定したりせず、ありのままに流れていく感情を静かに見つめられるようになれたとき、自然とあなた一人でも安定した心を保つことができるはずです。

月星座蟹座
月蟹座は【感情を共有してつながると安定 】月蟹座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が獅子座の人は【才能で評価・注目されると安定】

月星座が獅子座の人は、本能的に自分を表現したいと思っています。

エネルギッシュな面を内に秘めていて、あたたかく寛大な性格です。

自分をアピールして、才能を認められ高く評価されているときや注目されているときに安定しています。

安定していない場合は、過剰に自己中心的となり、自分が中心でいたいあまりに感情をあらわにしたり、傲慢になったり。また、人からの評価を求めすぎるかもしれません。

求めるものが手に入らないことで無力感を感じるかもしれません。

そういうときこそ、周囲の人々や社会が一体何を求めているのかを意識しましょう。

今、求められる役割やメッセージを通してあなたを表現することで、人々の心に響くものが生み出されるはずです。

そうやって初めて、あなたという存在が人々に認められ、この世に影響を与えることができるのです。

月星座獅子座
月獅子座は【才能で評価・注目されると安定 】月獅子座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が乙女座の人は【相手の役に立っていると安定】

月星座が乙女座の人は、本能的に完璧でありたいと思っています。

繊細で純粋な性格で、論理的で現実的です。

周囲に気を配り、相手が求めるものを提供したり、相手の役に立つことができたとき、あなたの心はとても満たされ安定するでしょう。

相手や周囲のことに対する分析や気配りはとても得意ですが、自分の月を満たす(自分の感情を分析しケアする)のは苦手かもしれません。

自分に対しても完璧さを求めるあまり、神経質、潔癖として表れることも。

月星座乙女座は、自分の身を置く環境がきちんとしていたら安心するので、行き過ぎない程度に掃除をしたり、お片づけノウハウに凝ってみたり、繊細な自分を尊重してあげる行動をとると月が安定します。

自己管理も得意なので健康に関する良い習慣をつけることもいいかもしれませんね。

月星座乙女座
月乙女座は【相手の役に立っていると安定】月乙女座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説! 心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。 ...

月星座が天秤座の人は【調和的な人間関係を築けると安定】

月星座が天秤座の人は、本能的に他者の存在を意識しています。

人からどう見られているか、どうすればいい関係を気づけるのかを感じ取り、客観的な視点を持っています。

バランス感覚に優れており、人間関係のバランスを保つのも上手です。相手との適度な距離感が保たれ、お互い調和的な関係であるとき、心が安定しています。

何よりも調和を大切にする天秤座は、感情を表に出そうとしません。なぜなら感情というのは不安定で、物事のバランスを崩す傾向があると思っているからです。

自分の月星座を意識できていないと、相手と表面的な付き合いになったり、人の目を気にしすぎるかもしれません。

そういうときは、思い切って一人で過ごす時間を作ってみましょう。

普段は人と社交的に接し、無意識のうちに相手からの視線を気にしたり、気を遣うことも多いかもしれません。

ときには他人のことは気にせず、自分一人で好きに過ごせる時間を作ることも大切です。

普段はできないような、ダラダラ、ゆるゆるとした時間を過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

月星座天秤座
月天秤座は【調和的な人間関係を築けると安定】月天秤座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が蠍座の人は【強い探究心を活かせると安定】

月星座が蠍座の人は、本能的に物事の本質を見据えます。じっくりと腰をすえて物事に取り組む性格です。

ひとつのことに集中し突き詰めていく強い探究心を活かしているとき、心は安定しているでしょう。

反対に安定していないとき、その本質を見据える性格は、疑い深い、根に持つなど、激しい感情を伴うものになるでしょう。

それは、自分自身を表現することへの大きな困難にもなり、感情のブロックは身体の不調として表れるかもしれません。

人や、物事の裏に隠された真実にたどり着こうとするあまり、自分の内から激しい感情が出てくることもあります。

決して蓋をして見て見ぬ振りをするのではなく、しっかり向き合うことが月を満たすことにもつながります。

月星座蠍座は、物事を一度壊しリセットしてからまた新たなスタートを切ったり、新しいものを生み出すことでも安定することができます。

自分が何を残して、何を新しくしようとしているのか、見極めることを意識するのもよいでしょう。

月星座蠍座
月蠍座は【強い探求心を活かせると安定】月蠍座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が射手座の人は【高度な知識や宇宙との調和で安定】

月星座が射手座の人は、本能的に広い世界を見る自由を求めています。

理想が高く、自由奔放な性格で、好奇心も旺盛です。

より高度な知識を得たときや、自分が宇宙の一部として調和していることを認識できたときに、安定を感じるでしょう。

安定していないときには、その自由奔放さは無責任な性格として表れたり、不注意で機転が欠けている、というマイナス面が出てくるかもしれません。

新しい世界を切り開き続けることができる前向きな姿勢は月星座射手座の大きな魅力であり強みでもあります。

しかし、その性質を無自覚のうちに発揮しているとしたら、周囲の人にとっては大きなマイナス面に映ってしまう可能性もあります。

もし、周囲からの理解を得たいと感じているのなら、自分の行動を振り返り、自分は何を描き、どこを目指しているのか、その理想を人々に伝えることを意識してみましょう。

月星座射手座
月射手座は【高度な知識や宇宙との調和で安定】月射手座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。 ...

月星座が山羊座の人は【ルール・秩序があると安定】

月星座が山羊座の人は、本能的に社会的ステイタスを重視します。そのため、真面目で責任感が強い性格です。

ルールを守り、秩序が保たれているとき、心が安定しています。古きよきものを大切にし、地に足ついた人生を好みます。

常識を大事にする山羊座は、自分の感情的な反応が適切なものかどうかで不安になりやすいかもしれません。

また、成功したいという欲求がマイナスに出ると、利益ばかりを追い求めるようになることもあるかもしれません。

「こうでなければいけない」という自分への理想が高すぎるがために、無意識のうちに自分にプレッシャーをかけすぎたり、結果が出なかった時に激しく落ち込むことも。

そうやって自分を追い詰めてばかりだと苦しいばかりになります。そのストイックさに気づき、別の方向で解消するようにしましょう。

ランニングなど地道にコツコツと続ける運動をするとよい気分転換になるかもしれません。

月星座山羊座
月山羊座は【ルール・秩序があると安定】月山羊座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。 ...

月星座が水瓶座の人は【自分らしさを大切にすると安定】

月星座が水瓶座の人は、本能的に個性的でありたいと思っています。独創的で自由な発想を持っています。

自分らしさやオリジナリティを大切にすることで心が安定します。また、感情的にもさっぱりしていて引きずりません。

安定していないと、個性的な部分が悪目立ちして奇抜すぎたり、感情的にも冷たいという印象を持たれるかもしれません。

それでもそんな月星座水瓶座の性質を理解し受け入れてくれる人がいたら、あなたはその人のことをとても大切にしたいと思うでしょう。

自由と孤独の両方を知っている月星座水瓶座の人は独りでいても平気ですが、その反面この広い世界のどこかに自分の理解者がいるはずだと思うと安心できます。

仲間を探すためにネットワークを広げ、インターネットなども活用しながら、自分の想いを共有できる仲間を見つけるとよいでしょう。

月星座水瓶座
月水瓶座は【自分らしさを大切にすると安定】月水瓶座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...

月星座が魚座の人は【大切な人とつながりを感じると安定】

月星座が魚座の人は、本能的に人の感情を共有したいと考えています。感受性が鋭く、同情的で、共感性が強いという特徴があります。

自分の大切な人との時間を持ち、気持ちを受容し、つながりを感じているときに、心は安定します。

安定していないとき、過度な同情心から相手の依存を生むかもしれません。

傷つきやすい繊細な感性を持つため、人に対して臆病になったり、人を避けるようになるかもしれません。

また、無意識のうちに、誰かに話を聞いてもらいたい人を引き寄せてしまいやすいので、受け取った否定的な感情を発散できるよう自分なりの方法を持つことも大切。

他人と自分との境界線がとても曖昧な場合が多いので、人の影響をたやすく受けてしまいがちです。

相手に振り回されていると感じたら、一線を引いて、ひとりの時間を持つようにしましょう。

そこで心ゆくまでポジティブな空想や夢を描く想像力を使うことで、活力を取り戻すことができます。

月星座魚座
月魚座は【大切な人とつながりを感じると安定】月魚座の性質や対人関係・恋愛関係での特徴、幼少期から受けている影響などを解説!心の満たし方や安定する方法、今よりももっと自分らしく生きるためのヒントが得られます。...
博士
博士
ちなみに、星読みの魅力は自分で自由にイメージをふくらませられるところなんじゃ。
この解説はあくまでもひとつの答えとして、参考にしてもらうといいぞ。

もっと自分なりの解釈も見つけてみたいという人は、その読みときのコツを次で伝えるぞ。

月星座のキーワード一覧

さて、月の役割と星座(サイン)ごとのキーワードを組み合わせて、月星座のイメージをふくらませることはできたでしょうか。

冒頭で博士から渡されたワークシートをやってみたいという人は、こちらの内容を参考にして、ぜひ自分なりに月星座を解釈してみてくださいね。
ワークシートをダウンロードする

星座(サイン)ごとのキーワード

牡羊座 牡羊座 ➕情熱的、パワフル、常に前向き、自分を自由に表現する
➖衝動的、短気、闘争的、周りが見えない
牡牛座 牡牛座 ➕温和、粘り強い、忍耐強い、穏やか、地道、安定
➖消極的、防御的、鈍感、快楽主義
双子座 双子座 ➕社交的、好奇心旺盛、経験が豊富、臨機応変
➖三日坊主、器用貧乏、飽きっぽい、表面的
蟹座 蟹座 ➕感受性豊か、人情深い、母性的、面倒見が良い
➖悲観的、臆病、内気、愚痴っぽい、依存、過干渉
獅子座 獅子座 ➕寛大、誇り高い、自信に満ちている、気前がいい
➖自意識過剰、幼稚、独善的、遊び好き、自己中心的
乙女座 乙女座 ➕冷静、良識的、分析的、世話好き、論理的、現実的
➖心配性、神経質、完璧主義、否定的、批判的
天秤座 天秤座 ➕調和的、社交的、公平、協力的、スタイリッシュ、優雅
➖優柔不断、お調子者、試練から逃げる、負けず嫌い
蠍座 蠍座 ➕徹底的、懐が深い、愛情深い、探究的
➖感情が激しい、破壊的、執念深い、嫉妬深い、自嘲的
射手座 射手座 ➕おおらか、理想が高い、哲学的、楽観的
➖ルーズ、放浪的、無責任、落ち着きがない
山羊座 山羊座 ➕真面目、責任感が強い、堅実、根気強い
➖ステイタスにこだわりすぎる、意固地、打算的
水瓶座 水瓶座 ➕独創的、個性的、理論的、サバサバしている
➖反抗的、冷たい、奇抜すぎる、突飛
魚座 魚座 ➕共感性が強い、感受性が鋭い、直観的、同情的
➖臆病、依存的、犠牲的、神経過敏

キーワードの上段(➕)は月がうまく使いこなせている状態ととらえるとよいでしょう。
反対に下段(➖)は月がうまく使いこなせていないときの状態です。

例えば月が牡羊座にある人の場合、月をうまく活かせていると情熱的で、前向きに自分を表現していけるでしょう。

一方、月をうまく活かせないでいるときは、周りが見えなくなり短気で人との争いを引き起こすこともあるかもしれません。

こうしたキーワードを元に、自分なりのイメージをふくらませてみましょう。

博士
博士
このキーワードが唯一の正解だ!と思わずに、どんどん言葉のイメージを広げていくことがとっても大事じゃぞ〜
なこ
なこ
このワークシートも使ってみてね♪
beginner_worksheetmoon
なこ
なこ
キーワードからイメージを膨らませていけばいいんだね!
じゃあ、せっかくだから初心者コースでやったワークを、もういっかい復習してみようかな。
博士
博士
そうじゃの〜。最初とは違ったとらえ方ができるかもしれんの。
やってみる度に自分にしっくりくる言葉が見つかるかもしれんから、何度でも振り返ってみるといいぞ。

初めてでどうもコツがわからんという人はこちらの記事を読んでもらえるとできると思うぞ
星読み初心者コース 基礎編へ

>>あなたの太陽星座の調べ方と12星座別の解説
>>あなたの水星星座の調べ方と12星座別の解説
>>あなたの金星星座の調べ方と12星座別の解説
>>あなたの火星星座を調べる方法と12星座別の解説
>>あなたの木星星座を調べる方法と12星座別の解説
>>あなたの土星星座を調べる方法と12星座別の解説
>>あなたの天王星星座を調べる方法と12星座別の解説
>>あなたの海王星星座を調べる方法と12星座別の解説
>>あなたの冥王星星座を調べる方法と12星座別の解説

星よみ協会の無料講座開催中♪
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
星読みテラス
星読みテラス
星読みテラスは、占星術が学べるサイトです。ストーリーを読むうちに気づいたらあなたのネイタルチャートが読めてしまう「初心者コース」や、天体ごと12星座ごとの解説など、基本的な占星術の知識から、上級者向けの占星術情報までお届けします。