2021年の運勢

2021年12月22日冬至は【身近な人間関係と向き合う時】

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

冬至図を読む

冬至〜春分の3ヶ月間、社会はどんなムードになるの?私たち一人ひとりはどのように受け止めればいいの?星読みテラスを監修する西洋占星術師・かげした真由子先生が、この冬をより良く過ごすヒントをお届けします。

mayuchin

かげした真由子(かげした・まゆこ)

太陽双子座、月乙女座。愛称「まゆちん」。サウンドクリエイター、ベンチャー企業の立ち上げ、保険営業マンの秘書などを経てタロット占い師に。2008年より占い師・心理セラピストとして独立。現在までの鑑定数はのべ1万4千件。2018年からは星よみ協会の無料講座制作にたずさわる。一人ひとりが安心して自分らしく生きるための占い活用を日々研究しつつ、占い師の先生として後進の育成に取り組む。著書『命日占い』『命日占い〈未来編〉』(サンマーク出版)は累計10万部のベストセラー。

▷YouTubeチャンネル「スピリチュアルリーダーズTV」
▷アメブロオフィシャルブログ

講師紹介_インタビュー_かげしたさん
【星読みは人生を優しくつなぐ】かげした真由子さんインタビュー星よみ協会の無料講座の講師である「占い師の先生」かげした真由子さんに、占星術と講座への思いについてインタビュー。...

冬至とは【太陽が冬至点(山羊座)】に入る日

2021年12月22日、日本(東京)ではの0:59に冬至を迎えます。

冬至は「日の出から日没までの時間が1年でもっとも短い日」として知られていますが、

星読みの世界では、太陽が冬至点(山羊座)に入る日であり、その瞬間のホロスコープ(チャート)を冬至図と呼びます。

まゆちん先生
まゆちん先生
冬至図以外にも、春分図、夏至図、秋分図がありますよ!これらは「四季図」と呼ばれています。
四季図 太陽が入るサイン
春分図 牡羊座
夏至図 蟹座
秋分図 天秤座
冬至図 山羊座

 

四季図は特定の個人の資質ではなく、

「日本という国の情勢、国を取り巻くムード」をあらわすホロスコープとなります(場所を東京で算出した場合)。

まゆちん先生
まゆちん先生
占星術では、1年の中でいくつか社会の傾向を占う図があります。それぞれの期間を整理しておきましょう!
種類 読み解ける期間
春分図 春分から1年
夏至図・秋分図・冬至図 その日から3ヶ月
日食図・月食図 その日から約半年

 

冬至図を見ると、冬至〜春分の3ヶ月間の社会のムードを読み解くことができます。

2021年12月22日の冬至図とは?ホロスコープを確認しよう

今回は2021年12月22日に冬至が起こります。

山羊座に太陽が入った瞬間の図なので、太陽が山羊座の0度にありますね。

画像1_2021年冬至図chartこのチャートは、いわば「今年の冬が生まれた日」。

冬至図を確認することで、春分までの3ヶ月にわたる社会のムードを読み解くことができます。

では、ホロスコープを読み解いていきましょう。

【2021年冬至図】平和が訪れて広い視野から物事を見られるように

【ASCが天秤座17度】人間関係の変化を客観的に振り返る

出生図(ネイタルチャート)を読む時、ASC(アセンダント)は、その人の第一印象を表します。

一方、四季図(冬至図)では季節のテーマを表します。

今回の冬至からの3ヶ月を表す看板となるASCは天秤座の17度です。

画像1:ASCと天秤座今回の冬至のASCは、サイン(星座)の真ん中近くの度数のため、向かい側にある牡羊座の要素が流れ込んできます。

牡羊座は主観的、天秤座は客観的。

かなり広い視野で物事を見ているかのようです。

またこの度数には、引退した船長」というサビアンシンボルがあてられており、今までの対人関係の失敗を客観的に眺めて深く分析することを表しています。

サビアンシンボル天秤座_017客観的な視点を手に入れたからこそ、改めて新しい自分に気付くということを表しています。

私たちは新型コロナウイルスの影響で2022年からあらゆる変化を強いられてきました。

その時はただ必死に情報を集め、自分なりに人間関係を作り、自分にとってベストな選択を模索してきた方も多いと思います。

そういった取り組みを経験したからこそ、至る境地があるということでもあるのでしょう。

自粛ムードが続いた影響で、人間関係にも変化があったと思います。

そのような中で、誰かとの関係でうまくいかなかったことがあったとしても、それを冷静に分析してきた方は、深い理解に至るでしょう。

【ASCの支配星が金星】社会のムードは平和や活気を取り戻していく

ASC天秤座の支配星(ルーラー)は、金星です。

画像2:金星・太陽・水星つまり、2021年冬至図のカラーを表す天体は、金星ということになります。

喜びを表す星である金星が滞在するのは、国土や国の環境を表す4ハウス。

ここだけ見ると平和なムードを感じさせます。

また、太陽と水星は、3ハウスに滞在しています。

3ハウスは情報や交通網を表すエリアですので、国内の移動も活発になりつつあり、我が国も以前の活気を取り戻してきたムードです。

身近な人間関係と向き合うことが課題に

【北半球に8天体が大集合】プライベートな自分を見直す時期

2021年12月22日の冬至図は、全体的に北半球(ホロスコープの下半分)に天体が集まっています。

画像3:2021冬至図の下半分を強調南半球は社会的でオフィシャルな要素、北半球は、プライベートで身近なことを表します。

冬至からの約3ヶ月は、半径3メートル以内の幸せを追求することがテーマになってくると言えそうです。

3メートルとまでいかなくても家庭や地元のこと、身近な人間関係と向き合うことが課題になる人も多くなるでしょう。

 

また、2021年の冬至図では、国民の心情を表す月が大きく一つだけ孤立しています。

画像4:2021冬至図の月と下半分を強調北半球に大集合する天体と孤立した月の配置は、私たちが「外からの情報を当てにしない姿勢」を表しているかのようです。

ポジティブに捉えると、情報に振り回されない姿勢が育ってきたと言えます。

そして、だからこそ身近な人間関係、対話を大切にしましょうというメッセージにも見えます。

自分にとってのベストな答えは外側にあるのではなく、内側の世界、つまり自分の大切な人と一緒に考えたり、話し合ったりしながら決めていかなければならないことに気付くのです。

そういった意味では人との活発なコミュニケーションが課題になってくるでしょう。

まゆちん先生
まゆちん先生
星読みを学んでいる時によくあるお悩みやその解決方法が気になる方はコチラを読んでみてくださいね。
読者アンケートでいただいたオススメ勉強方法をまとめています♪

【冥王星と金星が0度】残された国の課題とは変容に関すること

2021年12月22日の冬至図は、日本の国土を表す4ハウスに、冥王星と土星が滞在しています。

さらに、冥王星と金星が0度(コンジャンクション)で重なっています。

画像5:冥王星_金星が0度これは今回非常に3ヶ月を読み解く上で重要な配置です。

土星は課題や制限、冥王星も抗えない変容や支配を表します。

私たちの国は、まだ何かしら変容しなければならない課題を抱えているようです。

金星と冥王星の重なりも、ただ平和で楽しいというよりは、

国が進化していくためにも、馴染んだ環境や価値観をまだまだ変化させていく必要性を物語っているかのようです。

金星のおかげで平和さが増していくものの、我が国はまだ重たい荷物、難問を抱えているような様相がうかがえます。

だからこそ、身近な人とのコミュニケーション、関係性を育んでおくことが大事なのでしょう。

【月と冥王星/金星が180度】国民の意識が政治や国の動向に集まる

金星と冥王星の0度(コンジャンクション)が表すのは、馴染みのある何かからの変容です。

そして、この金星と冥王星は、国民の心情を表す月と180度(オポジション)で向かい合っています。

画像6:月と冥王星_金星が180度国のトップを象徴する10ハウスに、国民の感情である月があるので、国民の意識が政治や国の動向に集まっていることを物語っています。

これは国民が「自分のことは自分で決める」という意識にも見えますが、実際の政治や国のリーダーは国民の心情にまだチューニングしきれないのかもしれません。

そして、月と木星は150度(クインカンクス)です。

月は国民の生活、木星は社会の取り組みなので、国がもっと生活を保証する工夫が求められていますね。

 

また、月は「女性」を象徴します。

月と180度の関係性を取っている金星も若い「女性」を象徴します。

 

女性を象徴する2つの天体に対して、容赦のないプレッシャーをかける冥王星が角度を取るため、

私たちにとって女性の代表者のような存在の人がニュースに取り上げられるなどして問題に直面するのかもしれませんね。

 

「女性の生き方」に関連する出来事を通して、私たちも身近な人間関係を考え直すのでしょう。

【天王星と水星が120度】新しいやり方が生まれていく

2021冬至図チャート2021年12月22日の冬至図で、木星は5ハウスに滞在しているので、育児や子どもに関しては良い環境が保たれているようです。

国家予算を表す2ハウスには出費を表す火星が入っているため、巨額の支出などがあるかもしれません。

国の動きと、プライベートの動きはいささか足並みが揃わないような様相です。

ただし、進化の星である天王星が水星とクリエイティブな角度である120度(トライン)を取り、新しいやり方を生み出せる可能性を示しています。

画像7:天王星が水星と120度-土星と90度情報ツールなども日進月歩で、絶え間ない進化を続けていくでしょう。

2021年を代表する星の配置である土星と天王星の90度(スクエア)も、これまでのやり方を超えていくことを促しているようです。

【まとめ】冬至から春分までの過ごし方

2021年の冬至図から、冬至〜春分の3ヶ月間の社会のムードを読み解いてみました。

最後に、これらの冬至図の特徴から見いだせる冬至からの3ヶ月間の過ごし方のヒントをまとめておきましょう。

【1】引き続き、さまざまな選択肢が目の前に置かれていくが、外側の情報ではなく家族や身近な人とじっくり話し合って答えを出すことが大事。

【2】「女性の生き方」について、女性自身だけではなく、すべての人が思いを馳せて考えてみると良い。

【3】絶え間なく進んでいく情報社会では、進化を上手に生活に取り入れていくと良い。

以上です!

素敵な冬至になりますよう、お祈りしています。

まゆちん先生
まゆちん先生
スピリチュアルリーダーズTVでは、冬至図について動画でお伝えしています♪

2022年の星と運勢
【2022年運勢占い】星読みで知る1年【星座別ランキングあり】2022年の運勢をお届け。12星座別、1~6月の月別運勢、2022年ラッキーな星座BEST3を紹介。...
2022年木星魚座期は無意識のパワーで時代の変化の波に乗る2021年12月末〜2022年に起こる木星魚座期で起こること、時代の変化の波にのる方法を解説!木星水瓶座期の振り返りも!...

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

ABOUT ME
かげした真由子
かげした真由子
太陽双子座、月乙女座。愛称「まゆちん」。サウンドクリエイター、ベンチャー企業の立ち上げ、保険営業マンの秘書などを経てタロット占い師に。2008年より占い師・心理セラピストとして独立。現在までの鑑定数はのべ1万4千件。2018年からは星よみ協会の無料講座制作にたずさわる。一人ひとりが安心して自分らしく生きるための占い活用を日々研究しつつ、占い師の先生として後進の育成に取り組む。著書『命日占い』『命日占い〈未来編〉』(サンマーク出版)は累計10万部のベストセラー。