新月・満月

2021年6月双子座の新月・日食は【様々なものから納得できるものを選ぶ時】

2021_6月新月_アイキャッチ

暗記じゃない、星の読み方を学べる
ボランティア講座

星よみ協会のボランティア講座_バナー

新月は種まきのとき

2021年6月10日、双子座で新月・日食を迎えます。星読みテラスを監修する西洋占星術師・かげした真由子先生が、今回の新月の解説と過ごし方のポイントをお届けします。

2021年6月10日19:52、双子座で新月を迎えます。

新月と満月はワンセットで、新月に蒔いた種が満月に実ると考えます。

次の6月25日の山羊座満月に向けて、どのような種を蒔くタイミングなのでしょうか。

読み解いていきましょう。

2021年6月の新月・日食は【様々な意見が飛び交う新月】

2021年6月10日、双子座新月を迎えますが、今回は日食を伴います。

占星術的には、月食は満月の時に起こり、日食は新月の時に起こります。

約半年に1度起こるので、今回の新月は特別な日と言えるのですね。

 

また、月食や日食は「生まれ変わり」「脱皮」といった、リニューアル感を伴う解釈がされます。

今回の日食が起こる双子座は広いところからたくさんの情報を集めて、理解し、日常に生かす星座です。

そのため、たくさんの選択肢が目の前に並び、多くの情報があなたに目覚めを促します。

 

一見、バラエティ豊かな情報や選択肢はあなたを迷わすかもしれませんが、その反面「こんなのもありかもしれない」という目覚めを起こすものにもなります。

それこそが双子座の日食のもたらす「脱皮」といえそうです。

好奇心にしたがって色々な情報に触れているうちに、サイズの小さいところに収まっていたことに気づき、さらに今の自分にふさわしいサイズを求めるような感じですね。

 

またそもそも日食は政治の世界、国家体制で言うところの新旧交代を表すため、政治的なことで変化があるかもしれません。

半年に1度の日食を伴う双子座の新月。

どんなタイミングになるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

新しい時代を軽やかに生きたい、
感覚的な女性にぴったりな新しい星読み

星よみ協会のボランティア講座_バナー

2021年6月10日 新月・日食のホロスコープを徹底解説!

2021年6月10日双子座新月・日食のチャートを細かく読み解きながら、さらに洞察を深めていきましょう。

画像1_0610新月chart 画像2_シンプル解釈

双子座・数え度数20度の新月・日食【さまざまなメニューが並ぶカフェテリア】

2021年6月10日は、双子座で日食を伴う新月となります。

双子座は多様性を表し、ひとつの価値観に囚われずに「様々なことを広く知り、理解する」ことを表す星座です。

今回は「カフェテリア」というサビアンシンボルをもった度数で起こる新月です。

サビアンシンボル双子座_020

このサビアンシンボルは、その名の通り、様々なメニューを気軽に味わえるってことを表しています。

「フランス料理店」でもなく「ラーメン専門店」でもなく、日本で言うところのファミリーレストランに近いイメージです。

手軽に様々なメニューが提供される場所であり、専門店ほどのこだわりをもっていない軽やかな思考を表しています。

 

現在の日本でもオリンピックについて、新型ウイルスについて、ワクチンについて……様々な情報や意見が主張されています。

しかし今の段階では「ひとつの正解をこだわりをもって決定づける」より、「色々な意見を並べてみる」タイミングであることを物語っているのです。

新月と水星が0度【あらゆる可能性を考えてスタートする】

2021年6月10日の新月と水星(逆行)コンジャンクション (0度)です。

画像4_月水0

水星双子座の支配星であり、物事を「広く浅く知り、理解する」ことをさらに強調した配置です。

2021年6月10日の新月・日食はこだわりを持ってひとつに何かを絞り込むのではなく、あらゆる可能性を考えてスタートを切るタイミングと言えます。

双子座のドラゴンヘッドと射手座のドラゴンテイルの軸

2021年6月10日の新月は、半年に1度の節目である日食を伴っています。

日食の時にはドラゴンヘッドドラゴンテイルに接近しているので、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルが示す意味合いも無視できないところ。

画像5_ドラ頭尾

ドラゴンヘッドとドラゴンテイルの軸が示すのは「広い視野から見た知識をどのように日常に落とし込むか」というテーマです。

2021年6月10日の双子座の新月・日食は「たくさんの豊富な選択肢をまずはテーブルの上に並べてみる」ことが自分にとって良い選択をする第1歩であることを物語っているようです。

 

さて、テーブルの上に並べられた豊富なメニュー=選択肢をどう捉えればいいのでしょう。

ここでもカフェテリアのテーブルを思い浮かべてみてください。

数人でカフェテリアに行った場合、それぞれが異なるメニューを選ぶことでしょう。

家族でファミレスに行ったとイメージしても良いでしょう。

子供たちはお子様ランチ、夫はステーキ、あなたはヘルシーな和食かもしれませんね。

 

それぞれにとってベストな選択があり、何が正しいか間違っているか? という基準はそこにはないのです。

大事なのはあなたが納得して、そのメニューを美味しく食べているかどうか? ってことですね。

月と海王星が90度【自分の物差しに気づく時】

2021年6月10日の新月と海王星は、スクエア(90度)の関係性をとります。

画像6_月海90

海王星は物事を曖昧にし、選択肢を多くします。

たくさんの中からあなたがようやく何かひとつ選んだとして、選んだ理由を説明しようとしても一筋縄ではいかない……そんな状態かもしれません。

”一筋縄ではいかない”——それはすなわち、あなたの外側の世界には明確な物差しがまだないことを物語っているのです。

しかし、だからこそ「自分の物差し」に気付かざるを得ないとも言えます。

火星と冥王星が180度【自分が欲しいものを選ぶ】

火星と冥王星がオポジション(180度)の角度を取っています。火星が個人の方向性だとしたら、冥王星はその個人のエネルギーにプレッシャーを与えます。

画像7_火冥180

つまり社会自体も方向性が定まりにくいことを物語っています。

社会全体の正解を決めるにしては、大きなプレッシャーや緊張感がぬぐえません。

外側の動向を見て自分の選択肢を決めることが困難であり、自分以外の人の選択肢は参考にはならないということかもしれません。

 

「あなたが欲しいと思うもの」を選ぶしかない、というか選んで良いのです。

周囲の意見を鵜呑みにしたり、社会が出す答えを待つのではなく、自分の中でしっかり考えることが大事と言えます。

金星と天王星が60度【自立を尊重し合う】

同じテーブルについた者たちが、それぞれ違った選択肢を持つのが「カフェテリア」的な情景であり、それが自然です。

自分と違うメニューを選んで食べている人を否定したりはしませんよね。

相手が違うメニューを食べていても、同じテーブルにつくことはできるのです。

 

金星と天王星のセクスタイル(60度)という配置がそういった尊重を大切にするようにとメッセージを送ってくれているようです。

画像8_金天60
金星調和天王星自立です。

それぞれが自立している状態を尊重し合うことで、物事は生産的に運ばれていくでしょう。

土星と天王星が90度【古いパターンを超えていく】

2021年6月10日の新月は、土星と天王星がスクエア(90度)を示しています。

画像9_土天90

これまでの古いパターンを超えて、新しいムードを作っていくことにつながるのではないでしょうか。

今回はそんな節目の新月・日食なのです。

日食だから知っておきたい【これから半年間の展望】

いつもの新月なら次の満月までの2週間ぐらいのムードを表しますが、2021年6月10日の新月は、日食を伴います。

つまり2021年6月10日の新月から半年間のムードを教えてくれるのです。

どんなムードになるかお伝えしておきましょう。

 

・火星と冥王星が180度

やはり火星と冥王星の180度は、無視することはできません。

この配置に関しては、動画でもお伝えしましたがとてもパワフルな配置です。

※「溜まっていたものが刺激されて、リセットしたくなっちゃうよ」ってことをお伝えしました。

では、これをさらに社会や世界全体で考えてみるとどうでしょうか。

日本ではこの期間、オリンピックも開催されることが予想されます。

オリンピック開催を含む半年間について、社会全体を見てみましょう。

 

・火星は蟹座の30度(数え度数)
・冥王星(逆行)は山羊座の27度(数え度数)

この2つの星が睨み合っています。

日本において冥王星はこれからの半年のテーマを象徴する1ハウスにあり、社会のムードを読み解くうえで重要なポイントであることを物語っています。

そして、注目すべきは2つの星とも「星座(サイン)のほぼ終わりの度数にある」ということです。

 

特に火星蟹座最後の度数です。

これは次のサインである獅子座に向かって、蟹座を振り切っていくようなエネルギーを表しています。

蟹座は「慣れ親しんだ共同体」です。

それは実際の仲間かもしれないし、住み慣れた街かもしれないし、自分の安心できるホームグラウンドのようなものかもしれません。

ですが、そこから独立しなければならないムードが訪れています。

親しんだ場所から新しい場所への旅立ち社会のテーマになることを物語っているようです。

何かしら乗り越えるべき変化が訪れる方も多いかもしれません。

 

2021年6月10日双子座の新月・日食は、双子座の多様性があらわすように、様々な価値観にあふれるでしょう。

そんなときこそ、カフェテリアで、違う価値観の者同士が集い、気軽に情報交換をしあえるようなムードになるといいのでしょう。

先月、魚座に入った木星も「助け合いの精神」を私たちに学ばせようとしているのかもしれませんね。

アイキャッチ_木星魚座
【2021年木星魚座期】「風の時代」に与える影響|12星座の恋と仕事2021/5/14から木星が魚座に入ります。「風の時代」への影響や12星座ごとの恋&仕事のヒントを解説!...

【まとめ】双子座新月の過ごし方のポイント

2021年6月10日の双子座新月・日食の、過ごし方のポイントをまとめておきますね。

・あらゆる可能性を考える
ひとつのものに絞るのではなく、あらゆる可能性を考えて、自分が納得できるものを選ぶことが大切です。

・自分が欲しいと思うものを選ぶ
周囲の意見を鵜呑みにしたり、社会が出す答えを待つのではなく、自分の中でしっかり考えることで良い方向が見えてくるでしょう。

素敵な新月をお過ごし下さい。

まゆちん先生
まゆちん先生
新月についてもっと知りたくなったらこちらをどうぞ
星読み部13_アイキャッチ
新月の運気を味方に!新月のラッキーカラー【新月のラッキーカラー】新月の色を使って願いを叶えよう!新月のおすすめカラーを紹介します。...
月の願い事1_アイキャッチ
新月の願い事を書こう!願いが叶いやすい書き方や例文【新月の願い事の書き方】叶いやすくなる方法を知って、あなたの夢を叶えよう!書き方と例文を紹介します。...
月の願い事_アイキャッチ②
新月の願い事を叶える|新月の星座ごとのキーワードと例文【新月の願い事の書き方】新月の星座別の叶いやすくなるキーワードや例文を知って、あなたの夢を叶えよう!...

 

新しい時代を軽やかに生きたい、
感覚的な女性にぴったりな新しい星読み

星よみ協会のボランティア講座_バナー

ABOUT ME
かげした真由子
かげした真由子
太陽双子座、月乙女座。愛称「まゆちん」。サウンドクリエイター、ベンチャー企業の立ち上げ、保険営業マンの秘書などを経てタロット占い師に。2008年より占い師・心理セラピストとして独立。現在までの鑑定数はのべ1万4千件。2018年からは星よみ協会の無料講座制作にたずさわる。一人ひとりが安心して自分らしく生きるための占い活用を日々研究しつつ、占い師の先生として後進の育成に取り組む。著書『命日占い』『命日占い〈未来編〉』(サンマーク出版)は累計10万部のベストセラー。