サイン(星座)

火のエレメントは【向上心と情熱】|火が多い人・ない人の性格と相性

アイキャッチ_水の時代PR企画_火

星読み(占星術)には、エレメント(四区分)という考え方があります。

エレメントとは火・地・風・水の4種類で、それぞれ異なる性質を持ち、あなたの価値観を教えてくれます。

火のエレメントは、牡羊座・獅子座・射手座です。

この記事では火のエレメントが持つ意味や、火のエレメントが多い人・ない人の性格、星座別の相性などを説明します。

星読み(占星術)のエレメントとは【価値観】をあらわす

12星座(サイン)は、火・地・風・水という4つのエレメントに分けられます。

この分け方は「四区分」とも言います。

牡羊座・獅子座・射手座
牡牛座・乙女座・山羊座
双子座・天秤座・水瓶座
蟹座・蠍座・魚座
画像1_4エレメント_ホロスコープ2(地黄色)

エレメントは、それぞれ異なる特有の性質を持っています。

ホロスコープにあるエレメントを調べることで、あなたの価値観を理解することができるのです。

星座の区分_4区分_アイキャッチ
【占星術四区分】星座のエレメントでわかるあなたの価値観占星術の12星座は4つのエレメント(火・地・風・水)に分類されます。それぞれの性質から、あなたがどんなことに価値観をおいているかを知ることができます。この記事では、各エレメントの意味や象徴をわかりやすく解説します。...

火のエレメントの星座の特徴|牡羊座・獅子座・射手座

火のエレメントは向上心を持ちとても情熱的

火のエレメントを理解するには、古典(伝統的)占星術の考え方を知っておくとわかりやすいです。

火・地・風・水の各エレメントは「温度(ホット/コールド)」「湿度(ドライ/モイスト)」の組み合わせでできています。

火地風水_エレメント相関図

それぞれのキーワードは、ホットは「外向き」、コールドは「内向き」、ドライは「自立」、モイストは「つながり」。

火のエレメントは【ホット ✕ ドライ】なので、【外向き ✕ 自立】が特徴です。

火のエレメントのキーワード
  • 情熱
  • ひらめき
  • 直感
  • 冒険心
  • 野心
  • 理想
  • 独立心
  • 闘争心
  • 自主性
  • 創造性

12星座(サイン)のうち、火のエレメント牡羊座・獅子座・射手座の3つです。

火のエレメントの星座は、冒険心や野心といった力強さを持っています。

独自性や創造性を大事にし、ひらめきから物事の始まりを作ろうとする星座です。

生命力にあふれた生き方は、周りの人に勇気や希望を与えてくれます。

常に理想の高みを目指し、物事を変容させていく。

火のエレメントの星座は、炎が上へ燃え上がるような向上心を持ち、とても情熱的な星座でしょう。

なこ
なこ
あなたの太陽星座のエレメントは何かな?火のエレメントには天体がどれくらいあるかな?ホロスコープを出してみよう♪
博士
博士
ホロスコープは生年月日がわかればカンタンに作れるぞ。下の画像をクリックじゃ!
horoscope
なこ
なこ
エレメント別の天体は、ホロスコープ右下の表でチェックできるよ
サイン区分-火地風水例:太陽星座は火で、地が多い人

火のエレメントの星座に天体が多い・偏っている人の性格

火のエレメントの星座に天体が多い人や偏りがある人は、前向き理想に向かって突き進んでいくのが特徴です。

火のエレメントの性質が強くあらわれるので、とても真っ直ぐな性格をしており、直感に従って行動します。

物怖じせず自分の力で新しい道を切り開いていく人でしょう。

 

火のエレメントを多く持つ有名人のなかに、女優の米倉涼子さんがいます。

似顔絵_米倉涼子
米倉涼子さんといえば、数多くの人気ドラマで主演を務める実力派女優。

2020年に独立して、個人事務所を立ち上げたことでも話題になりました。

華やかでとても存在感のある彼女は、獅子座生まれ。

火のエレメントである牡羊座・獅子座・射手座のすべてに天体を持つ、まさに火の女性です。

画像2_米倉涼子さんchart

4歳からバレエを始め、芸能界に入るまではプロを目指していたという米倉涼子さん。

プロ意識が高く、大変な努力家としても知られています。

 

彼女が活躍する場は、日本だけに留まりません。

世界中の役者が夢見るアメリカのブロードウェイという大舞台で、ミュージカル『CHICAGO』の主人公を3度も演じています。

日本人女優がアジア系以外のアメリカ人役を演じるのは、なんとブロードウェー史上初。もちろんセリフはすべて英語です。

常に挑戦を続ける彼女は、インタビューで「自分に対して課題を与えていくことの方が好きなタイプ」と語っており、火のエレメントならではの情熱や向上心がうかがえます。

 

そんな米倉涼子さんは、女優という仕事の魅力を「高みに上がるための努力をしなきゃいけない状況にいられること」とも語っています。

自分らしさを全面に出して、行動で未来を切り開く力はまさに火のエレメントが持つパワーと言えるでしょう。

火のエレメントの星座に天体がない人・少ない人の性格

火のエレメントの星座に天体がない人や少ない人は、情熱的なノリがあまり好きではないかもしれません。

理想に向かってどんどん前に進んでいこう! という熱気にいまいち乗り切れなかったり、熱血タイプの人を暑苦しく感じたりすることもありそうです。

言い換えれば、火のエレメントがない人や少ない人は、クールに現実を見ることができるタイプ。

感情的な勢いよりも、冷静で論理的な思考を大事にする人です。

火のエレメントが多い人と比べると、火のエレメントがない人や少ない人は繊細でおとなしい性格と言えるかもしれません。

 

火のエレメントに天体を持たない有名人の例では、俳優の吉沢亮さんがいます。

似顔絵_吉沢亮

人気と実力を備えた若手イケメン俳優で、NHK大河ドラマ『青天を衝け』や朝ドラ『なつぞら』などに出演されています。

水瓶座生まれの吉沢亮さんは、火のエレメントに天体を一つも持っていません。

画像3_吉沢亮さんchart

かっこいい見た目で、クールな雰囲気を感じさせる吉沢亮さん。

本人は自分自身について「普段は声が小さく、暗めな性格。役のプレッシャーをネガティブに感じやすい」とインタビューなどで語っています。

自分のことを根暗と表現する吉沢亮さんは、ワイワイと明るい現場に行くとちょっと一線を引いてしまうこともあるそうです。

また、共演者からも彼はガツガツした肉食系タイプではなく、どちらかというと奥手な草食系タイプだと言われています。

これらのエピソードはまさに、火のエレメントに天体がない人の特徴を示すものだと言えるでしょう。

 

そんな吉沢亮さんは多くの作品で様々な役どころを演じています。

なかでも特に好評なのが、役の人間性を際立たせるような繊細な演技です。

どこかしら物悲しく陰のある青年役が似合うのも、落ち着いた雰囲気をまとっているからこそ。

火のエレメントの無さが、深く内面を掘り下げるようなお芝居にもつながっていると言えそうです。

ホロスコープから湧き出るように
星の情報を読み解けるようになる

星よみ協会のボランティア講座_バナー

牡羊座は行動力があり純粋で素直|火のエレメントの星座の性格

牡羊座ってこんな性格

牡羊座イラスト

火のエレメントの中でも牡羊座は、思い立ったらすぐ行動するタイプです。

自分が経験したことのない新しいことでも、ひるむことなく挑戦する勇気を持っています。

前向きで明るいので、失敗してもあまり引きずりません。

新しいことを切り開いていくパワーを内に秘めており、ピンチの時には実力以上の真価を発揮するタイプでもあります。

 

負けず嫌いな面があり、一番にこだわる想いが人一倍強い星座です。

トップになることで自分という存在を世の中に示したいという気持ちを持っています。

目標達成のために、根気強く走っていける星座です。

 

火のエレメントは、明るく元気で楽観的な面が共通しています。

特に牡羊座は、感情に正直なので喜びや怒りをそのまま飾らずに表現します。

空気を読んだり相手に合わせたりするよりも、自分の素直な気持ちをストレートに伝えようとするのが特徴です。

牡羊座は、12サインの中でも最も純粋で素直な性格と言えるでしょう。

牡羊座は【活動宮の火】|【わたし】の視点

牡羊座は、星座の三区分では「活動宮」です。

活動宮の星座は、新しく物事を始めたり、自分から積極的に働きかけることが得意。

牡羊座の人は、すぐに行動に移せるタイプなので何かを始めるのが得意です。

また、とても直感力が働くので考える前に行動してもなんとかなってしまうという面があります。

牡羊座は、高い向上心を持ち、自ら考え行動できるパワフルな星座と言えるでしょう。

 

それでは、同じ火のエレメントである獅子座や射手座とはどういった違いがあるのでしょうか。

ヒントは、世界とのつながり方にあります。牡羊座は「私」という個人の視点を大事にします。

画像4_わたし・あなた・みんな_火

牡羊座は、自分の人生を自らの手で切り開いていきたいという情熱を持っています。

困難があっても逃げずに自分を高められる星座です。

自分の新たな可能性を感じたときや、新しい経験をできるチャンスがあったときには積極的に挑戦しようとします。

自分の人生に全力で取り組むことをきっかけに、世の中へ飛び込んでいく星座です。

12サイン牡羊座
12サインを徹底解説!牡羊座ってどんな質を持っているの?西洋占星術の牡羊座についてあらゆる角度から解説。性質や魅力、神話や基本データまで。この記事を読めば牡羊座について深く知ることができます。...

獅子座は明るく目立つカリスマタイプ|火のエレメントの星座の性格

獅子座ってこんな性格

獅子座イラスト

火のエレメントのうち獅子座を持つ人は、明るくエネルギッシュで、人を導くリーダーの気質があります。

正直者で勇気があり、あたたかく寛大な性格です。

人の生き方に影響を与えられるようなエネルギーを持っており、自然と人が周囲に集まるようなカリスマ性があります。

 

獅子座は、自分が場の主役になりたいと思っているので周りに自分をアピールして注目を集めようとします。

そのため、言動や服装などが派手になったり、主張が強いものになったりしがちかもしれません。

獅子座は、12サインの中で最も目立つ存在です。

 

火のエレメントの星座を持つ人は、燃え盛るような情熱を持っています。

特に獅子座は、ドラマチックな人生を送りたいという情熱があります。

何事にも前向きに取り組み、自分らしさを発揮しながら我が道を突き進んでいく星座です。

獅子座は【固定宮の火】|【あなた】の視点

獅子座は、星座の三区分では「固定宮」です。

固定宮の星座は、自分の中に確固たる信念を持ち、どんなことがあってもブレません。

獅子座の人は、いつも自信があり堂々としているように見えます。

自信があるのは、常に自分に対する理想を持ち、そこへ向かって努力をしているから。

自分に磨きをかけることを怠らない努力家です。

 

それでは、同じ火のエレメントである牡羊座や射手座とはどういった違いがあるのでしょうか。

ヒントは、世界とのつながり方にあります。獅子座は、「あなた」という相手の視点を大事にします。

画像4_わたし・あなた・みんな_火

獅子座は、自己主張をして周りから認められたいという気持ちを持っています。

周りの人々に自分の存在が認められ、この世に影響を与えられることに大きな喜びを感じます。

実際に、獅子座の情熱的な生き方は、周囲の人の憧れや目標になるのでプラスの影響を与えられるでしょう。

自分の人生を輝かせる姿を通じて人に情熱の炎を灯していく星座です。

12サイン獅子座
12サインを徹底解説!獅子座ってどんな質を持っているの?西洋占星術の獅子座についてあらゆる角度から解説。性質や魅力、神話や基本データまで獅子座について深く知ることができます。...

射手座は探究心と冒険心を備えた行動派|火のエレメントの星座の性格

射手座ってこんな性格

射手座

火のエレメントの中でも射手座は、向上心にあふれ、探究心冒険心を持っています。

広い視野を持ち、好奇心旺盛でなんでも果敢にチャレンジします。

際立った行動力があり、動きながら考え、経験を積みながら成長していける星座です。

夢や目標に向かっていく行動力とスピードは、射手座の大きな特徴と言えるでしょう。

 

全体的に火のエレメントを持つ人は、外向きでアクティブなタイプです。

特に射手座は、最も自由を好み、束縛を嫌う傾向があります。

視野が広く、何にもとらわれず自由に旅をしたいという気持ちがあるので、グローバルに活躍する機会も多いでしょう。

射手座は【柔軟宮の火】|【みんな】の視点

射手座は、星座の三区分では「柔軟宮」です。

柔軟宮の性質は、周囲の移り変わりにすぐ馴染み、順応していけること。

射手座の人は、まだ見ぬ世界への好奇心を強く持ちます。

他者が持つ考えや異文化に触れても、とても柔軟に受け入れられます。

 

それでは、同じ火のエレメントである牡羊座や獅子座とはどういった違いがあるのでしょうか。

ヒントは、世界とのつながり方にあります。射手座は、「みんな」という視点を大切にします。

画像4_わたし・あなた・みんな_火

射手座は、社会や人類の発展を考え、高い理想を掲げます。

高い視点から物事を見る人なので、常に時間軸は現在ではなく、はるか先の未来。

興味があるのは、目先の利益や結果ではありません。

より高い理想を追い求め、チャレンジしていくことに強い関心を持っています。

牡羊座の「わたし」という個人の視点、獅子座の「あなた」という相手の視点を飛び越え、射手座は「みんな」という人類単位の視点で理想に燃えることのできる星座です。

12サイン射手座
12サインを徹底解説!射手座ってどんな質を持っているの?西洋占星術の射手座についてあらゆる角度から解説。性質や魅力、神話や基本データまで射手座について深く知ることができます。...

火のエレメントの星座と相性|牡羊座・獅子座・射手座

火のエレメント|相性が良いエレメントは【火・風】

火のエレメントの星座にとって、相性が良いのは次の2つのエレメントです。

【1】火のエレメント
【2】風のエレメント

それぞれの関係性についてみていきましょう。

 

【1】火のエレメント

画像5_エレメントの相性(火_火)まず、火のエレメント同士は、最も良い相性です。

火のエレメント(牡羊座・獅子座・射手座)は、情熱や向上心を持って前向きに行動することを好みます。

火の星座同士はノリやテンションも同じなので、会話もどんどん盛り上がります。

一緒に行動すると楽しい時間を過ごせるでしょう。

 

【2】風のエレメント

画像6_エレメントの相性(火_風)また、火のエレメントは、風のエレメントとの相性も良いでしょう。

火の星座は、活動的なので自分の行動を後押ししてくれる関係性を心地よく感じます。

風の星座は、火の星座がやろうとしていることに対して客観的なアドバイスやヒントなどでサポートしてくれるので、一緒にいて盛り上がる相性です。

一緒にいると心強く、安心できる間柄でしょう。

相性占い1_アイキャッチ
【相性占い】誕生日がわからなくても星座で気になる恋愛運を占おう!相手の誕生日がわからなくても星座だけで相性を簡単に占うことができます!自分と相手の太陽星座から恋愛の相性を占う方法を解説...

ホロスコープから湧き出るように
星の情報を読み解けるようになる

星よみ協会のボランティア講座_バナー

火の時代の特徴|世界・日本の歴史上の出来事を読み解く

火の時代とは【新たなものが始まり発展していく時代】

火・地・風・水という4つのエレメントは、個人の価値観だけでなく、時代の空気感にも影響しています。

星読み(占星術)では、約200年ごとに火の時代、地の時代、風の時代、水の時代、そしてまた火の時代へと移り変わると考えられています。

画像6_火地風水の矢印

 

火の時代にはこんな特徴があります。

火の時代の特徴
  • 世の中にまだ無いものが生み出される
  • 種が芽吹き、新しいものがどんどん発展していく
  • 情熱や熱意が物事の原動力となる
  • 理想や信念などの高い精神性が重視される
  • ひらめきや直感が創造性につながっていく
  • 独自性の強い文化が生まれる

火の時代の歴史|前回は日本の江戸時代

過去の火の時代には、こんな出来事がありました。

1世紀ごろの火の時代
世界:イエスの処刑をきっかけにキリスト教が急発展

8世紀後半〜10世紀ごろの火の時代
日本:日本仏教が発展する、国風文化が花開き日本独自の文化が生まれる

17〜18世紀ごろの火の時代
世界:世界初の株式会社(オランダ東インド会社)の設立→株式会社の仕組みが発展
日本:江戸幕府の始まり

 

火の時代の前(水の時代)は、さまざまな物事が混ざりあって一つになりました。

そして火の時代は、一つになったものの中から再び新しいものが生まれ、発展していきます。

つまり、新たなものが始まり発展していく時代です。

 

前回の火の時代は、約400年前の江戸時代が始まったころでした。

戦国時代の混乱が収まり、徳川幕府による新しい統治体制が築かれました。

戦乱がなくなって世の中が平和になると、新しいものがどんどん生まれるようになります。

各地で新田開発が盛んに行われ、経済が飛躍的に発展しました。

また、町民が豊かになり、歌舞伎などの新しい娯楽が楽しまれるようになりました。

こうした歴史の流れも、改めて火の時代として捉えてみると新しい発見があるはずです。

風の時代|火のエレメントが果たすべき役割

2020年末からすでに新しい風の時代が始まっています。

新しい時代が始まるときはいつでも、スムーズに次の時代の波にスッと乗れる人と乗れない人が出てきます。

火地風水_エレメント相関図

火のエレメントに天体を持つ人は、風のエレメントの【ホット(外向き)】が共通しているので、比較的スムーズに流れに乗れるでしょう。

 

火のエレメントに天体を持っている人は、風の時代の社会で果たすべき役割があります。

それは、火のエレメントが持つ情熱や熱意を大切にして物事の始まりを担うこと。

みんなの個性が発揮される風の時代には、火のエレメントが持つ決して消えない情熱の力が必要です。

「私はこれがしたい」「これが好き」という揺るぎない姿を示すことが、誰かを勇気づけることでしょう。

 

鍵となるのは、火のエレメントの向上心と情熱

火のエレメントが持つ力は、風の時代に勢いよく乗り出すためのヒントになりそうです。

まとめ

星読み(占星術)では、エレメントを知ることはとても大切です。

なぜなら火・地・風・水という4つのエレメントは、私たちが生きるうえで何を大切にするのかを教えてくれる存在だからです。

エレメントとは何かを理解することで、あなたはどのような価値観を持っているのか、人生をどのように生きていけばうまくいくのかを知ることができるでしょう。

アイキャッチ_STARINNOVATION
風の時代の攻略本!『200年先の星読みSTAR INNOVATION』やなかえつこ\ 好評発売中 / やなかえつこ 『200年先の星読み STAR INNOVATION』 (サンマーク出版) ...
ABOUT ME
mizusaki
mizusaki
太陽水瓶座、月魚座。ふとしたきっかけで星読みの世界に出会う。とある占い師さんから言われた「あなたは将来海外に行って物書きのお仕事をしますよ」という言葉は数年後に現実となる。【西洋占星術を身近にぐっと分かりやすく】をモットーに、南半球ニュージーランドから記事をお届け。