壬(みずのえ)

四柱推命【壬(みずのえ)】の意味|日干と十二支別の性格・相性

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

この記事では、四柱推命の【壬(みずのえ)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が壬(みずのえ)の人との相性などを解説します。

日干に壬(みずのえ)を持つ人の性格や仕事、恋愛から相性まで、さまざまな観点から解説をしていきます。

さらに日柱干支の組み合わせによる性格についても触れているので、壬(みずのえ)についてしっかり深めていきましょう。

四柱推命【壬(みずのえ)】は十干のひとつで【水の陽】タイプ

四柱推命では、生まれた日の【干支(かんし)】から自分の「生まれ持った性質」や「運気の傾向」などを読み解いていきます。

干支とは【十干(じゅっかん)】と【十二支(じゅうにし)】の組み合わせです。

十干には「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類があります。
五行と陰陽のダイアグラム画像_メディア版十干は図のように、自然界にある「木」「火」「土」「金」「水」5つの要素(五行)で表されます。

さらに、それぞれ「陰」と「陽」から成り立ちます。

壬(みずのえ)は、「水」の「陽」タイプの十干です。

えつこ先生
えつこ先生
十干は下のように分類されます。
壬(みずのえ)を表す五行は「水」、陰陽は「陽」です。
五行
陰陽
干(かん)
甲(きのえ)
乙(きのと)
丙(ひのえ)
丁(ひのと)
戊(つちのえ)
己(つちのと)
庚(かのえ)
辛(かのと)
壬(みずのえ)
癸(みずのと)

十干は、属する五行と陰陽のタイプから特徴づけられます。

壬(みずのえ)の「水」と「陽」にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

【壬(みずのえ)】のイメージは【広く豊かな海や大河】

イメージ画像9 海

壬(みずのえ)は、自然物で例えるなら大きく広く豊かな海や大河のイメージです。

壬(みずのえ)の五行は「水」です。

陰陽は「陽」タイプで、陽は「大きい・動・主体・暑さ・熱・温かさ・明るさ・日向」などを象徴します。

「水」と「陽」の性質を組み合わせると、義理や人情に厚く社交性で人をまとめるリーダーのようなイメージになります。

たっちゃん
たっちゃん
ふむふむ。五行と陰陽のイメージを膨らませることで、壬(みずのえ)の特徴がつかみやすくなるってことですね!
えつこ先生
えつこ先生
その通り!壬(みずのえ)のイメージを頭の中で思い描いてみると、どのような性質を持つ十干なのかより分かりやすくなりますよ。

日干【壬(みずのえ)】で読み解く【あなたの本質や性格の土台】

この記事では【日干(にっかん)】に注目します。

命式の日柱の干支から、日干を確認しましょう。

日干は、下の命式の赤丸の部分です。
①命式表、日干を目立たせたもの

えつこ先生
えつこ先生
自分の命式を確認したい人は、こちらを押すと簡単に命式を出すことができますよ。
日干をチェックしてみてくださいね。
四柱推命の命式を作成する

日干は命式の中心となる重要な星で、あなたの本質的な性質や性格を表します。

では、日干が「壬(みずのえ)」の人の本質や性格の土台について見ていきましょう。

スイメイ
スイメイ
四柱推命協会のボランティア講座では、命式の読み方や日干以外の星からさらに詳しい本質を伝えているんだ。
動画でわかりやすく伝えているから、初心者でも楽しく四柱推命を学べるよ。

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

日干【壬(みずのえ)】の意味|性格・仕事・恋愛・著名人

イメージ画像2 海

壬(みずのえ)を象徴するキーワード
包容力がある・外交的な・順応性・おおらか・臨機応変

【壬(みずのえ)】は、陰陽五行で「水」の「陽」タイプです。

広く自由な海を泳ぎながら、たくさんの人と円滑な関係を築き上げ、前進していきます。

【壬(みずのえ)】の基本性格

日干が【壬(みずのえ)】の人は、包容力たっぷりの社交家タイプ

物事の変化に対応できる柔軟性を持ち、コミュニケーション能力にも長けています。

地形に沿って形を変え、常に流れている水のように、臨機応変に振る舞うことが得意です。
柔らかい発想ができるため、アイデアも豊富に湧いてきます。

また、分け隔てなく受け入れてくれるような器の大きさがあり、おおらかで楽観的。
自由奔放で、常に変化する状況を楽しめる人です。

その反面、ちょっぴり気分屋で浮き沈みがあるところもあります。
ひとたび感情があふれ出すと、氾濫した河川のような荒々しさを見せることも。

運気アップのためには、豊かな感受性や情熱をうまくコントロールすることが大切です。
堤防のような存在となってくれるパートナーや友人を見つけるのもおすすめ。

感情をうまく扱いながら、柔軟な知性を活かすことで、壬(みずのえ)さんの人生をより豊かにすることができるでしょう。

壬(みずのえ)
壬(みずのえ)
あふれる情熱や感情を上手にコントロールすることが開運につながるよ。

【壬(みずのえ)】の仕事や適職

頭がよく、発想力豊かな壬(みずのえ)さんは、アイデアを活かした知的な職業に向いています。

社交的でおおらかなので、社内での人間関係もにぎやかになりそう。
面倒見のよさから、後輩にも慕われるでしょう。

変化を好むので、毎日同じ作業の繰り返しが求められる仕事はあまり向かないかもしれません。
常に流行を追うようなファッション業界や旅行業界、IT情報分野などが得意です。

物事を大きな視点でとらえるので、スケールの大きな仕事をしたいと感じます。
制限が少なく、自分の裁量で自由に動けるポジションで、のびのびと才能を発揮できるでしょう。

少し気分屋なところがあるため、興味を抱けない仕事に対しては、腰が重くなりやすいかもしれません。
情熱を注げる業界で、楽しいと思える職場をじっくり探してみてください。

明るい気持ちで仕事に取り組むことで、豊かなイメージや発想がどんどん湧いてきます。
そのビジョンを明確にし、実現化を目標にすることで、やがて大きな成果を得られるでしょう。

壬(みずのえ)
壬(みずのえ)
豊かなインスピレーションの流れのままに、発想を活かせる仕事を見つけてね。

【壬(みずのえ)】の恋愛

自由を好む壬(みずのえ)さんは、恋愛でも気ままに振る舞うことを望みます。

水の流れのように、くるくると変わる表情や多面性が、相手にとって魅力的に映るでしょう。

壬(みずのえ)さんは、明るく楽しいおしゃべりが大好き。
テンポのよい会話で相手を楽しませることが得意です。

感受性も豊かなので、相手が感じていることや求めていることを察知できる才能もあります。

壬(みずのえ)さんの持つ包容力に、安心感を抱く異性も多いでしょう。

一方で、恋愛関係で我慢し続けるようなことがあると、ある日突然感情が爆発してしまうことも。

相手に自分の気持ちを素直に伝えながら、壬(みずのえ)さん自身が楽しめるような恋愛を探してみてください。

壬(みずのえ)
壬(みずのえ)
自分の感情に飲み込まれず、上手にコントロールして恋愛を楽しんでね。

【壬(みずのえ)】を持つ著名人

徳川家康・福沢諭吉・芥川龍之介・長嶋茂雄・さくらももこ・有吉弘行・宮沢りえ・村上春樹・小泉進次郎・小池百合子

日干【壬(みずのえ)】と【十二支】の組み合わせで読む性格

日干【壬(みずのえ)】の性質を読み解くだけでも、自分についての理解は深まりますが、

さらにコアな本質に触れたい方は、日柱の【十二支(じゅうにし)】にも注目してみましょう。

壬(みずのえ)と十二支を組み合わせて読み解くことで、さらに自分の本質へ近づくことができます。

スイメイ
スイメイ
十二支の詳しい意味や特徴はこちらで解説しているよ。

命式ではこの部分をチェックします。
1_命式画像

えつこ先生
えつこ先生
「壬(みずのえ)」の右側が、あなたの「十二支」を表す漢字です。
上の命式では「戌」が十二支になります。
スイメイ
スイメイ
命式で十二支をチェックしたい人は、ここから作成してみよう。
四柱推命の命式を作成する

壬(みずのえ)と十二支の組み合わせは、次の6パターンです。

  • 壬子(みずのえね)
  • 壬寅(みずのえとら)
  • 壬辰(みずのえたつ)
  • 壬午(みずのえうま)
  • 壬申(みずのえさる)
  • 壬戌(みずのえいぬ)

それぞれの組み合わせが持つ性格についてお伝えしていきます。

【壬子(みずのえね)】の性格

1_壬子日干が【壬(みずのえ)】で、日柱の十二支が【子(ね)】の人は、逆境に強い個人プレイヤーです。

自立精神が強く、社会に出て活躍するタイプ。
集団行動よりも個人行動のほうが得意な人が多いかもしれません。

1人でも果敢に挑戦できるパワーを持っていて、自分の道は自分で切りひらいていきます。
ただ、いつの間にか他の人より抜きん出て、少し孤独を感じてしまうことも。

壬子(みずのえね)さんは、真面目さと人気運の高さが強みです。
最初は苦労することがあっても、やがて成功をつかむでしょう。

【壬寅(みずのえとら)】の性格

2_壬寅日干が【壬(みずのえ)】で、日柱の十二支が【寅(とら)】の人は、堂々としたロマンチストです。

おしとやかな印象とは異なり、スケールの大きい野心を胸に燃やしている人です。
自分の能力に健全な自信を持っていて、トラブルにも負けない意志の強さがあります。

過去にとらわれず、まっすぐに目標に向かっていくさっぱりとした性格。

音楽や芸術などの分野に情熱を持つ傾向にあります。
冒険心も旺盛で、ロマンや刺激を求めて海外で活躍する人もいるでしょう。

【壬辰(みずのえたつ)】の性格

3_壬辰日干が【壬(みずのえ)】で、日柱の十二支が【辰(たつ)】の人は、センスのよい癒し系です。

穏やかで知的なオーラを持ち、人当たりの柔らかな性格。
安定感と包容力があり、器の大きさで周りの人に安らぎを与えます。

芸術的なセンスや審美眼にも恵まれており、アート関連に興味を持って生業とする人もいるでしょう。

自分の才能をひけらかすことなく、謙虚な姿勢で周りと接します。
現実的なバランス感覚にも優れているため、大抵のことは器用にこなしていくでしょう。

【壬午(みずのえうま)】の性格

4_壬午日干が【壬(みずのえ)】で、日柱の十二支が【午(うま)】の人は、ポジティブな個性派タイプです。

「自由にのびのびと生きたい」という思いを大切にしています。
自然体が魅力の壬午(みずのえうま)さんは、細かいことを取り繕うのは少し苦手。

周りに驚かれるような行動を選択することもありますが、その裏表のないユニークさがとても魅力的に映るでしょう。

多芸多才でいつも明るく、いろいろなタイプの人とも分け隔てなく付き合うことができる人です。

【壬申(みずのえさる)】の性格

5_壬申日干が【壬(みずのえ)】で、日柱の十二支が【申(さる)】の人は、ひたむきな勉強家です。

頭がよく知識欲が旺盛で、知らないことはすぐに調べるリサーチのプロ。

研究職など、ひとつの物事を探求していくような仕事が向いています。
部屋の中に閉じこもるよりも、自分の足で実際に赴き、確かめに行きたいタイプかもしれません。

冷静な洞察力も持っているため、問題が起こっても自力で乗り越えられます。
学んだことを積極的に吸収し、年齢を重ねるごとに応用力もどんどん高まるでしょう。

【壬戌(みずのえいぬ)】の性格

6_壬戌日干が【壬(みずのえ)】で、日柱の十二支が【戌(いぬ)】の人は、器の大きなお人好しさんです。

聡明で柔軟性があり、広い心の持ち主です。
他人をあまり疑わないピュアな心を持っています。

マイペースで、周囲の物事に左右されにくいところがあるかもしれません。
淡々と自分の道を進んでいく強さがあるのが特徴です。

一方で、親しくなるまでは本心を見せないことが多いため、周りから「何を考えているのかわからない」と思われることも。

自分の気持ちを伝えることで、壬戌(みずのえいぬ)さんが持つ誠実さや純粋さといった魅力が、周りの人に伝わりやすくなるでしょう。

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

日干【壬(みずのえ)】の人との相性を読み解く|他の日干との相性

四柱推命では、日干同士の組み合わせで相性を読み解く方法があります。

スイメイ
スイメイ
日干で相性を見るときは、「五行」の考え方を使って傾向を読み解くんだ。

命式ではここの部分をチェックしましょう。

自分の命式①命式表、日干を目立たせたもの

相手の命式
8_命式画像

えつこ先生
えつこ先生
自分と相性を占いたい相手の「日干」に注目してくださいね。
上の命式では「甲(きのえ)」と「癸(みずのと)」になります。
スイメイ
スイメイ
命式で相性をチェックしたい人は、ここから作成してみよう。
四柱推命の命式を作成する

壬(みずのえ)と日干の組み合わせは、次の10パターンです。

  • 壬(みずのえ) と 甲(きのえ)
  • 壬(みずのえ) と 乙(きのと)
  • 壬(みずのえ) と 丙(ひのえ)
  • 壬(みずのえ) と 丁(ひのと)
  • 壬(みずのえ) と 戊(つちのえ)
  • 壬(みずのえ) と 己(つちのと)
  • 壬(みずのえ) と 庚(かのえ)
  • 壬(みずのえ) と 辛(かのと)
  • 壬(みずのえ) と 壬(みずのえ)
  • 壬(みずのえ) と 癸(みずのと)

それぞれの相性を解説していきます。

【壬(みずのえ)】と【甲(きのえ)】の相性

7_壬と甲【壬(みずのえ)】と【甲(きのえ)】は、海と、樹木の組み合わせ。

豊かな水が、木を育むような関係です。
壬(みずのえ)さんは、積極的に甲(きのえ)さんを手助けしてくれます。

甲(きのえ)さんは壬(みずのえ)さんに感謝しつつ、自立心を忘れずに過ごすことで、心地よい関係性を築いていけるでしょう。

四柱推命【甲(きのえ)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【甲(きのえ)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が甲の人との相性などを解説します。...

【壬(みずのえ)】と【乙(きのと)】の相性

8_壬と乙【壬(みずのえ)】と【乙(きのと)】は、海と、草花の組み合わせ。

植物が水を吸って成長するように、壬(みずのえ)さんのサポートによって、乙(きのと)さんはのびのびと成長することができます。

ただ、壬(みずのえ)さんが乙(きのと)さんに対して与えるばかりになってしまうと、2人の関係のバランスが崩れてしまう可能性も。

ときには乙(きのと)さんを遠くからそっと見守りながら、手を差し伸べるとよさそうなタイミングにだけ、力を貸してあげるとよいでしょう。

四柱推命【乙(きのと)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【乙(きのと)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が乙の人との相性などを解説します。...

【壬(みずのえ)】と【丙(ひのえ)】の相性

9_壬と丙【壬(みずのえ)】と【丙(ひのえ)】は、海と、太陽の組み合わせ。

日の光に照らされて海が輝くように、丙(ひのえ)さんのパワーが壬(みずのえ)さんを引き立てるような関係です。

対等なパートナーでいることを心がけることで、2人の明るく楽しい関係性がさらに輝いていくでしょう。

四柱推命【丙(ひのえ)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【丙(ひのえ)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が丙の人との相性などを解説します。 ...

【壬(みずのえ)】と【丁(ひのと)】の相性

10_壬と丁【壬(みずのえ)】と【丁(ひのと)】は、海と、ロウソクの火の組み合わせ。

水面に揺らめくロウソクの火が美しく映るように、お互いの魅力を引き立て合う関係です。

ただ、水の勢いが強すぎるとき、ロウソクの火はあっという間に消えてしまうこともあります。
距離感やエネルギーのバランスを意識すると、より絆が深まるでしょう。

四柱推命【丁(ひのと)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【丁(ひのと)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が丁の人との相性などを解説します。...

【壬(みずのえ)】と【戊(つちのえ)】の相性

11_壬と戊【壬(みずのえ)】と【戊(つちのえ)】は、海と、山の関係。

洪水が起きると水は勢いよく流れていきますが、どっしりした岩石がその勢いをしっかりとせき止めてくれます。

壬(みずのえ)さんの豊かな感情を、戊(つちのえ)さんが受けとめ、上手にコントロールしてくれるような組み合わせです。

四柱推命【戊(つちのえ)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【戊(つちのえ)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が戊の人との相性などを解説します。...

【壬(みずのえ)】と【己(つちのと)】の相性

12_壬と己【壬(みずのえ)】と【己(つちのと)】は、海と、畑の土の関係。

豊かな土には水が不可欠なように、壬(みずのえ)さんが己(つちのと)さんに恩恵を与えるような組み合わせです。

ただ、強すぎる水の流れは畑の恵みを押し流してしまいます。
スピーディーな壬(みずのえ)さんと、のんびり屋の己(つちのと)さんは性格も異なるため、お互いの個性を認め合いながら関係を育むとよいでしょう。

四柱推命【己(つちのと)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【己(つちのと)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が己の人との相性などを解説します。...

【壬(みずのえ)】と【庚(かのえ)】の相性

13_壬と庚【壬(みずのえ)】と【庚(かのえ)】は、海と、金属の関係。

「金生水」という言葉があるように、金は良質な水を生むとされています。
相性がよく、庚(かのえ)さんが壬(みずのえ)さんを手助けしてくれるような関係です。

壬(みずのえ)さんは、庚(かのえ)さんに感謝の気持ちを伝えながら、お互いのよさを引き立て合えるような関係を築いてみてください。

四柱推命【庚(かのえ)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【庚(かのえ)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が庚の人との相性などを解説します。 ...

【壬(みずのえ)】と【辛(かのと)】の相性

14_壬と辛【壬(みずのえ)】と【辛(かのと)】は、海と、宝石の関係。

宝石の表面の汚れを水が流して輝かせるように、壬(みずのえ)さんが辛(かのと)さんの魅力を引き出す組み合わせです。
辛(かのと)さんもまた、壬(みずのえ)さんの力になりたいと手を貸してくれることも多いでしょう。

変化やスピード感のある壬(みずのえ)さんと、慎重派の辛(かのと)さんのペースの違いを理解すれば、素晴らしい関係を築くことができます。

四柱推命【辛(かのと)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【辛(かのと)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が辛の人との相性などを解説します。 ...

【壬(みずのえ)】と【壬(みずのえ)】の相性

15_壬と壬【壬(みずのえ)】と【壬(みずのえ)】は、海同士の関係。
同じ「水」で「陽」の組み合わせです。

似たもの同士で気が合いやすく、親友のように打ち解けられる関係になり得ます。

お互いに心が揺らぎやすい一面があるため、感情の波があることを理解し合いながら、楽しい時間を共有するとよいでしょう。

【壬(みずのえ)】と【癸(みずのと)】の相性

16_壬と癸【壬(みずのえ)】と【癸(みずのと)】は、海と、雨水の関係。
同じ「水」の性質を持つ、兄弟のような組み合わせです。

壬(みずのえ)さんが癸(みずのと)さんをリードするようなバランスを意識することで、お互いよき理解者になれます。

2人にとってちょうどよい距離感を見つけることで、素敵な関係が長続きしやすい相性です。

四柱推命【癸(みずのと)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【癸(みずのと)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が癸の人との相性などを解説します。 ...
えつこ先生
えつこ先生
日干別で2023年の運勢も解説していますよ。 仕事運や恋愛運など、より詳しい2023年の運気をお伝えしているので、ぜひ見てみてくださいね♪
【四柱推命】2023年の運勢を占う|癸卯年の運勢・仕事・恋愛四柱推命で占う2023年の運勢は?癸卯年の運勢や、日干別の開運ポイント・仕事運・恋愛運などをお届けします。...
スイメイ
スイメイ
「初心者でもわかりやすく四柱推命を学びたい」「もっと命式が読めるようになりたい」という人は、四柱推命協会の無料講座もチェックしてみてね。
日干以外の星を使って、四柱推命を実践的に学べるよ。

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

ABOUT ME
優しい四柱推命
優しい四柱推命
優しい四柱推命は、わかりやすく四柱推命が学べるサイトです。四柱推命を初めて学ぶ方、すでに学びを進めている方、プロとして活躍されている方まで学びを深めていけるように、情報をまとめてお届けしていきます。