癸(みずのと)

四柱推命【癸(みずのと)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格

四柱推命の学び方がわかる
初めてでもスムーズに身につく無料講座
四柱推命協会の無料講座

この記事では、四柱推命の【癸(みずのと)】の意味や、日干と十二支別の性格、日干が癸(みずのと)の人との相性などを解説します。

日干に癸(みずのと)を持つ人の性格や仕事、恋愛から相性まで、さまざまな観点から解説をしていきます。

さらに日柱干支の組み合わせによる性格についても触れているので、癸(みずのと)についてしっかり深めていきましょう。

四柱推命【癸(みずのと)】は十干のひとつで【水の陰】タイプ

四柱推命では、生まれた日の【干支(かんし)】から自分の「生まれ持った性質」や「運気の傾向」などを読み解いていきます。

干支とは【十干(じゅっかん)】と【十二支(じゅうにし)】の組み合わせです。

十干には「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類があります。
五行と陰陽のダイアグラム画像_メディア版十干は図のように、自然界にある「木」「火」「土」「金」「水」5つの要素(五行)で表されます。

さらに、それぞれ「陰」と「陽」から成り立ちます。

癸(みずのと)は、「水」の「陰」タイプの十干です。

えつこ先生
えつこ先生
十干は下のように分類されます。
癸(みずのと)を表す五行は「水」、陰陽は「陰」です。
五行
陰陽
干(かん)
甲(きのえ)
乙(きのと)
丙(ひのえ)
丁(ひのと)
戊(つちのえ)
己(つちのと)
庚(かのえ)
辛(かのと)
壬(みずのえ)
癸(みずのと)

十干は、属する五行と陰陽のタイプから特徴づけられます。

癸(みずのと)の「水」と「陰」にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

【癸(みずのと)】のイメージは【天から降り注ぐ雨】

イメージ画像10 雨

癸(みずのと)は、自然物で例えるなら天から降り注ぐ雨や雪、霧のイメージです。

癸(みずのと)の五行は「水」です。

陰陽は「陰」タイプで、陰は「小さい・静・客体・寒さ・冷たさ・暗さ・日陰」などを象徴します。

「水」と「陰」の性質を組み合わせると、他者に潤いを与える癒しの人のようなイメージになります。

たっちゃん
たっちゃん
ふむふむ。五行と陰陽のイメージを膨らませることで、癸(みずのと)の特徴がつかみやすくなるってことですね!
えつこ先生
えつこ先生
その通り!癸(みずのと)のイメージを頭の中で思い描いてみると、どのような性質を持つ十干なのかより分かりやすくなりますよ。

日干【癸(みずのと)】で読み解く【あなたの本質や性格の土台】

この記事では【日干(にっかん)】に注目します。

命式の日柱の干支から、日干を確認しましょう。

日干は、下の命式の赤丸の部分です。
①命式表、日干を目立たせたもの

えつこ先生
えつこ先生
自分の命式を確認したい人は、こちらを押すと簡単に命式を出すことができますよ。
日干をチェックしてみてくださいね。
四柱推命の命式を作成する

日干は命式の中心となる重要な星で、あなたの本質的な性質や性格を表します。

では、日干が「癸(みずのと)」の人の本質や性格の土台について見ていきましょう。

スイメイ
スイメイ
四柱推命協会のボランティア講座では、命式の読み方や日干以外の星からさらに詳しい本質を伝えているんだ。
動画でわかりやすく伝えているから、初心者でも楽しく四柱推命を学べるよ。

四柱推命の学び方がわかる
初めてでもスムーズに身につく無料講座
(記事途中バナー)

日干【癸(みずのと)】の意味|性格・仕事・恋愛・著名人

イメージ画像2

癸(みずのと)を象徴するキーワード
優しい・慎重な・忍耐力を備える・順応力・計画性

【癸(みずのと)】は、陰陽五行で「水」の「陰」タイプです。

一滴一滴を積み重ねることによって、大きな運気の流れを作り出すことができます。

【癸(みずのと)】の基本性格

日干が【癸(みずのと)】の人は、地道な努力を続ける勤勉家タイプです。

穏やかで物静かながら、堅実な努力で目的を達成する忍耐力も持ちあわせています。

癸(みずのと)さんを例えるなら、すべての命に降り注ぎ恵みを与える雨水のイメージ。
他者に潤いを与え、癒やす存在でもあります。

水は知性を司る性質があり、癸(みずのと)さんにも勉強好きな人が多いです。

真面目でロマンチストな一面があるので、学んだ知識で人を助けたり、自分の理想を実現したりするために活用することもあります。

基本的に穏やかな性質ですが、雨にも小雨や土砂降りなどさまざまな姿があるように、周囲の環境で形が変わる不安定さもあります。
また、思慮深さゆえにちょっぴり疑り深く、なかなか行動がともなわないことも。

一滴一滴の水が時間をかけて岩を穿つように、一度はじめたことは最後までやりきるのが成功の秘訣です。

知性豊かな癸(みずのと)さんは、とても聡明な人。
自分のことを客観的に見つめる時間を作りながら、成すべきことを冷静に分析してみるといいでしょう。

癸(みずのと)
癸(みずのと)
周囲に流されすぎないよう自分の立ち位置を意識することが開運につながるよ。

【癸(みずのと)】の仕事や適職

癸(みずのと)さんは、人に癒しや喜びを与える仕事で力を発揮します。

周りの人の幸せを自分の幸せのように考えられるので、お客様や仕事のパートナーのために心を尽くして働くことができます。

努力家で与えられた仕事をきっちりこなす癸(みずのと)さんは、どのような仕事に就いても周りから信頼を得て重宝される人です。
自ら人を率いていくより、リーダーを支えるナンバー2的なポジションのほうが本来の力が発揮できるでしょう。

なんでもこなせる器用さを持っていますが、持ち前の奉仕精神が活かされるサービス業や、医療・福祉系の仕事では、より優れた成果が期待できます。

人から直接感謝の言葉をかけられる機会が多ければ多いほど、やりがいを感じられるでしょう。

あるいは、研究のようにひとつのことをコツコツ追求していく仕事も、癸(みずのと)さんに向いています。

自分の働きが周りの喜びにつながると感じられることが、パワーの源になるでしょう。

癸(みずのと)
癸(みずのと)
「人から必要とされている」と感じられる仕事は満足度が高そうだよ。

【癸(みずのと)】の恋愛

恋愛における癸(みずのと)さんは、こまやかな愛情を相手に注ぐタイプ

降り注ぐ雨のように周囲を癒やすのが得意で、好きな人の笑顔に喜びを感じます。

愛情深い癸(みずのと)さんは、まるで心に豊かな愛の源泉をもっているように、好きな人に惜しみなく愛を注ぐのです。

しかしどれだけ豊かな泉も、水を汲み続ければいつか枯れてしまいます。
癸(みずのと)さんの優しさを利用しようとしてしまう人や、依存心が強い人との恋愛は難しいでしょう。

知性や内面の豊かさを重視する癸(みずのと)さんは、理知的であたたかな心を持った人を求める傾向があります。

「あなたの愛情に報いたい」という気持ちを持った人との恋愛だと、とてもいい関係が築けるでしょう。

癸(みずのと)
癸(みずのと)
優しさと穏やかさが人を惹きつける魅力になるよ。

【癸(みずのと)】を持つ著名人

高杉晋作・伊藤博文・松下幸之助・王貞治・瀬戸内寂聴・宮崎駿・明石家さんま・マザーテレサ・浅田真央・小泉孝太郎・松山ケンイチ

日干【癸(みずのと)】と【十二支】の組み合わせで読む性格

日干【癸(みずのと)】の性質を読み解くだけでも、自分についての理解は深まりますが、

さらにコアな本質に触れたい方は、日柱の【十二支(じゅうにし)】にも注目してみましょう。

癸(みずのと)と十二支を組み合わせて読み解くことで、さらに自分の本質へ近づくことができます。

スイメイ
スイメイ
十二支の詳しい意味や特徴はこちらで解説しているよ。

命式ではこの部分をチェックします。
1_命式画像

えつこ先生
えつこ先生
「癸(みずのと)」の右側が、あなたの「十二支」を表す漢字です。
上の命式では「戌」が十二支になります。
スイメイ
スイメイ
命式で十二支をチェックしたい人は、ここから作成してみよう。
四柱推命の命式を作成する

癸(みずのと)と十二支の組み合わせは、次の6パターンです。

  • 癸丑(みずのとうし)
  • 癸卯(みずのとう)
  • 癸巳(みずのとみ)
  • 癸未(みずのとひつじ)
  • 癸酉(みずのととり)
  • 癸亥(みずのとい)

それぞれの組み合わせが持つ性格についてお伝えしていきます。

【癸丑(みずのとうし)】の性格

1_癸丑日干が【癸(みずのと)】で、日柱の十二支が【丑(うし)】の人は、大器晩成の情熱家です。

おっとりしているように見えて、実は内に熱いものを秘めた情熱家。
直感力に優れ、考えをすぐに行動にうつし持ち前の勤勉さでコツコツと努力を続けられます。
そうして最終的に、大きな力を身に着けるのです。

穏やかながらも自分を曲げない強さがあり、ここぞという場面では決して折れません。

好奇心が強く、さまざまなことに興味を持って挑戦する無邪気な一面もあります。

六十干支_50_癸丑_アイキャッチ
四柱推命【癸丑(みずのとうし)】の特徴|性格・恋愛・相性を解説四柱推命の六十干支【癸丑(みずのとうし)】の特徴を解説。日柱に癸丑を持つ人の性格や恋愛傾向、相性をお伝えします。...

【癸卯(みずのとう)】の性格

2_癸卯日干が【癸(みずのと)】で、日柱の十二支が【卯(う)】の人は、繊細な気配り上手さんです。

家族や周囲の人を大切にし、常に気配りができるコミュニケーション能力の高さがあります。

優しく明るいながらも控えめな物腰には、人望が集まるでしょう。
多趣味で、私生活も充実しやすい傾向があります。

繊細で几帳面な性格なので、仕事でも信頼を置かれやすいです。
人を引っ張るリーダーというより、周囲を活かすマネージャーのような役割で本領を発揮するでしょう。

六十干支_40_癸卯_アイキャッチ
四柱推命【癸卯(みずのとう)】の特徴|性格・恋愛・相性を解説四柱推命の六十干支【癸卯(みずのとう)】の特徴を解説。日柱に癸卯を持つ人の性格や恋愛傾向、相性をお伝えします。...

【癸巳(みずのとみ)】の性格

3_癸巳日干が【癸(みずのと)】で、日柱の十二支が【巳(み)】の人は、純粋な個性派です。

独特の空気感を持ち、一見何を考えているのかわかりづらいかもしれませんが、持ち前のピュアさで人に好かれます。
女性は容姿端麗、男性は天才肌の人が多いのも特徴です。

また、癸巳(みずのとみ)さんは人脈に恵まれ、人生の随所で友人の助けを得られます。
静かで表には出にくいものの執着心が強く、こうと決めたら一直線な傾向も。

地道な努力が得意で人に好かれるので、望むものを手に入れられるでしょう。

六十干支_30_癸巳_アイキャッチ
四柱推命【癸巳(みずのとみ)】の特徴|性格・恋愛・相性を解説四柱推命の六十干支【癸巳(みずのとみ)】の特徴を解説。日柱に癸巳を持つ人の性格や恋愛傾向、相性をお伝えします。...

【癸未(みずのとひつじ)】の性格

4_癸未日干が【癸(みずのと)】で、日柱の十二支が【未(ひつじ)】の人は、愛嬌たっぷりの努力家です。

愛らしさの内に競争心を秘めており、負けず嫌いで努力をいとわない傾向があります。
とはいえ他人を蹴落とすようなことはせずに正々堂々と勝負をするので、周囲のレベルアップにもつながります。

探求心に長けていて一目を置かれる存在になりやすく、周囲の人から頼られることも多いでしょう。

頭がよく、計画性にも優れています。
そのため直感以上に、じっくり考えてから行動に移すほうが成功しやすい人です。

六十干支_癸未_アイキャッチ
四柱推命【癸未(みずのとひつじ)】の特徴|性格・恋愛・相性を解説四柱推命の六十干支【癸未(みずのとひつじ)】の特徴を解説。日柱に癸未を持つ人の性格や恋愛傾向、相性をお伝えします。...

【癸酉(みずのととり)】の性格

5_癸酉日干が【癸(みずのと)】で、日柱の十二支が【酉(とり)】の人は、大胆な戦略家です。

キラリと光る知性で物事をスムーズに運ぶのが得意。
壁に突きあたった際には大きな方向転換も行える、柔軟で大胆な面もあります。

感受性がひときわ豊かで、アートや音楽的な才能を持っている人も多いかもしれません。
こだわりが強く、他の人とは異なる物事に注目して行動を起こすこともあります。

また、人に好かれる世渡り上手さんが多いのも癸酉(みずのととり)さんの特徴です。
そのためどのような分野に挑戦しても、求められる以上の好成績を残せるでしょう。

六十干支_癸酉_アイキャッチ
四柱推命【癸酉(みずのととり)】の特徴|性格・恋愛・相性を解説四柱推命の六十干支【癸酉(みずのととり)】の特徴を解説。日柱に壬申を持つ人の性格や恋愛傾向、相性をお伝えします。...

【癸亥(みずのとい)】の性格

6_癸亥日干が【癸(みずのと)】で、日柱の十二支が【亥(い)】の人は、気高い献身家です。

優しく尽くしたい気持ちが強いものの、自分の芯はしっかり持っている高潔さがあります。
世話好きなため年下や後輩からの信頼も厚いです。

また、外に見せる顔とプライベートな顔で二面性がはっきりしているのが特徴的。
目標に突き進むエネルギッシュな面と、物事を見極めようとする慎重な面があり、いいバランスで人生を歩めます。

六十干支の一番最後の干支で、エネルギーが充満しているので成功者になりやすいとされています。
粘り強く努力しながら、後々大きな実力を身につけるでしょう。

四柱推命の学び方がわかる
初めてでもスムーズに身につく無料講座
(記事途中バナー)

日干【癸(みずのと)】の人との相性を読み解く|他の日干との相性

四柱推命では、日干同士の組み合わせで相性を読み解く方法があります。

スイメイ
スイメイ
日干で相性を見るときは、「五行」の考え方を使って傾向を読み解くんだ。
五行について詳しく知りたい人はこちらを見てね。

命式ではここの部分をチェックしましょう。

自分の命式①命式表、日干を目立たせたもの

相手の命式
8_命式画像

えつこ先生
えつこ先生
自分と相性を占いたい相手の「日干」に注目してくださいね。
上の命式では「甲(きのえ)」と「癸(みずのと)」になります。
スイメイ
スイメイ
命式で相性をチェックしたい人は、ここから作成してみよう。
四柱推命の命式を作成する

癸(みずのと)と日干の組み合わせは、次の10パターンです。

  • 癸(みずのと) と 甲(きのえ)
  • 癸(みずのと) と 乙(きのと)
  • 癸(みずのと) と 丙(ひのえ)
  • 癸(みずのと) と 丁(ひのと)
  • 癸(みずのと) と 戊(つちのえ)
  • 癸(みずのと) と 己(つちのと)
  • 癸(みずのと) と 庚(かのえ)
  • 癸(みずのと) と 辛(かのと)
  • 癸(みずのと) と 壬(みずのえ)
  • 癸(みずのと) と 癸(みずのと)

それぞれの相性を解説していきます。

【癸(みずのと)】と【甲(きのえ)】の相性

7_癸と甲【癸(みずのと)】と【甲(きのえ)】は、木に降り注ぐ雨水のような関係。

水が樹木を成長させるように、癸(みずのと)さんが甲(きのえ)さんを支えます。
雨の恵みを受けて甲(きのえ)さんが成長していくにつれ、2人の関係はより強固になっていくでしょう。

癸(みずのと)さんの献身的なところが上手く活かせるよい組み合わせです。

四柱推命【甲(きのえ)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【甲(きのえ)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が甲の人との相性などを解説します。...

【癸(みずのと)】と【乙(きのと)】の相性

8_癸と乙【癸(みずのと)】と【乙(きのと)】は、雨が草花に潤いを与えるような組み合わせ。

癸(みずのと)さんが乙(きのと)さんをいきいきとさせる素敵な関係です。

一緒にいることでお互いがリラックスでき、居場所ができたような安心感を得るでしょう。

四柱推命【乙(きのと)】の意味|日干と十二支別の性格・相性四柱推命の【乙(きのと)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が乙の人との相性などを解説します。...

【癸(みずのと)】と【丙(ひのえ)】の相性

9_癸と丙【癸(みずのと)】と【丙(ひのえ)】は、晴れ間のにわか雨のような関係です。

雨粒に太陽の光が反射して虹ができるように、一緒にいることで新たな視点が生まれる刺激的な相性です。

丙(ひのえ)さんの裏表のない正直さを癸(みずのと)さんが受け入れることができれば、よい関係を築くことができるでしょう。

四柱推命【丙(ひのえ)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【丙(ひのえ)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が丙の人との相性などを解説します。 ...

【癸(みずのと)】と【丁(ひのと)】の相性

10_癸と丁【癸(みずのと)】と【丁(ひのと)】は、ロウソクの火であたためられた雨水の関係です。

一見クールな癸(みずのと)さんが、丁(ひのと)さんと一緒にいると明るい性格に変身します。

ただ、近づきすぎると丁(ひのと)さんの火を癸(みずのと)さんが消してしまう場合も。

適度な距離感を大切にすることで、楽しい時間を共有できる存在になるでしょう。

四柱推命【丁(ひのと)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【丁(ひのと)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が丁の人との相性などを解説します。...

【癸(みずのと)】と【戊(つちのえ)】の相性

11_癸と戊【癸(みずのと)】と【戊(つちのえ)】は、山にしみこむ雨水です。

癸(みずのと)さんは戊(つちのえ)さんによってろ過され、より魅力的になっていきます。

また、山肌が潤って植物が育つように、戊(つちのえ)さんは、癸(みずのと)さんのサポートによって自分に自信がつくでしょう。

お互いのよいところを引き出せる、素晴らしい相性です。

四柱推命【戊(つちのえ)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【戊(つちのえ)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が戊の人との相性などを解説します。...

【癸(みずのと)】と【己(つちのと)】の相性

12_癸と己【癸(みずのと)】と【己(つちのと)】は、田畑に降る雨です。

田畑で雨が有効活用されるように、癸(みずのと)さんは己(つちのと)さんといると、今まで気がつかなかった自分の可能性を発見できるでしょう。

ただ、多すぎる雨は田畑を泥に変えてしまうこともあります。

癸(みずのと)さんは己(つちのと)さんに尽くしすぎないように、穏やかで心地よい関係を築いてみてください。

四柱推命【己(つちのと)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【己(つちのと)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が己の人との相性などを解説します。...

【癸(みずのと)】と【庚(かのえ)】の相性

13_癸と庚【癸(みずのと)】と【庚(かのえ)】は、雨と剣の組み合わせ。

一緒にいるとお互いが成長できる関係です。

癸(みずのと)さんにとって庚(かのえ)さんは、いつも励まし守ってくれる頼りになる存在。

庚(かのえ)さんのサポートに癸(みずのと)さんが感謝の気持ちを示すことで、さらに親しい関係を築いていけるでしょう。

四柱推命【庚(かのえ)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【庚(かのえ)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が庚の人との相性などを解説します。 ...

【癸(みずのと)】と【辛(かのと)】の相性

14_癸と辛【癸(みずのと)】と【辛(かのと)】は、宝石の光を反射して輝く雨のような組み合わせ。

癸(みずのと)さんのよい部分を、辛(かのと)さんが引き出してくれる関係です。
上品な辛(かのと)さんと一緒にいることで、癸(みずのと)さんはどんどん魅力的になっていきます。

ただ、こだわりを大切にする辛(かのと)さんにとっては、興味の幅が広い癸(みずのと)さんは少し不思議な存在に思えることも。

お互いの考え方を理解し合うことで、よりよい関係が育まれるでしょう。

四柱推命【辛(かのと)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【辛(かのと)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が辛の人との相性などを解説します。 ...

【癸(みずのと)】と【壬(みずのえ)】の相性

15_癸と壬【癸(みずのと)】と【壬(みずのえ)】は、雨と海の関係です。

お互いが「水」の性質で知性的。
考えていることが通じ合うような、友好的な関係を築けます。

特に、壬(みずのえ)さんが癸(みずのと)さんをリードすることで、さらにバランスがよくなるでしょう。

両者の力が強いと水があふれてしまうので、お互い感情的になりすぎないように気をつけると、末永く素敵な関係を育んでいけそうです。

四柱推命【壬(みずのえ)】の意味|特徴・相性・十二支別の性格四柱推命の【壬(みずのえ)】の意味や特徴、日干と十二支別の性格、日干が壬の人との相性などを解説します。 ...

【癸(みずのと)】と【癸(みずのと)】の相性

16_癸と癸【癸(みずのと)】と【癸(みずのと)】は、同じ雨同士の組み合わせです。

価値観や考え方が似ているので、一緒にいてとても居心地がよいでしょう。

ただ、似ているからこそライバル心が芽生えたり、少しの違いが許せなくなってしまったりする場合もあります。

お互いに歩み寄ることで、相性のよさがさらに際立っていくはずです。

えつこ先生
えつこ先生
日干別で2024年の運勢も解説していますよ。 仕事運や恋愛運など、より詳しい2024年の運気をお伝えしているので、ぜひ見てみてくださいね♪
日干でみる2024年の運勢
【四柱推命】2024年の運勢を占う|甲辰年の運勢・仕事・恋愛四柱推命で占う2024年の運勢は?甲辰年の運勢や、日干別の開運ポイント・仕事運・恋愛運などをお届けします。...
スイメイ
スイメイ
「初心者でもわかりやすく四柱推命を学びたい」「もっと命式が読めるようになりたい」という人は、四柱推命協会の無料講座もチェックしてみてね。
日干以外の星を使って、四柱推命を実践的に学べるよ。

四柱推命の学び方がわかる
初めてでもスムーズに身につく無料講座
(記事途中バナー)

ABOUT ME
優しい四柱推命
優しい四柱推命
優しい四柱推命は、わかりやすく四柱推命が学べるサイトです。四柱推命を初めて学ぶ方、すでに学びを進めている方、プロとして活躍されている方まで学びを深めていけるように、情報をまとめてお届けしていきます。