通変星

四柱推命【印綬】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説

通変星_印綬_アイキャッチ

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

この記事では、四柱推命の【印綬(いんじゅ)】の意味や性質などを解説します。

通変星に印綬(いんじゅ)を持つ人の性格や適職、恋愛から相性まで、さまざまな観点からお伝えしていきます。

さらに、命式の位置による印綬(いんじゅ)の意味についても触れているので、印綬(いんじゅ)についてしっかり深めていきましょう。

Contents

【印綬(いんじゅ)】は通変星のひとつで【知性の星・正統派の星】

四柱推命では、生まれた日から【十干(じゅっかん)】と【十二支(じゅうにし)】を導き出し、その組み合わせから【通変星(つうへんせい)】を導き出していきます。

通変星とは、自分が持って生まれた強みや才能を表す星です。

通変星は「比肩・劫財・食神・傷官・正財・偏財・正官・偏官・印綬・偏印」の10種類。

それぞれの星の性質によって、下のように分類されます。

 

星のグループ 正統派の星 型破り派の星
自我の星 比肩(ひけん) 劫財(ごうざい)
表現の星 食神(しょくじん) 傷官(しょうかん)
財の星 正財(せいざい) 偏財(へんざい)
実行力の星 正官(せいかん) 偏官(へんかん)
知性の星 印綬(いんじゅ) 偏印(へんいん)
えつこ先生
えつこ先生
印綬(いんじゅ)は「知性の星」グループの「正統派の星」です。

通変星は、属する星のグループと、「正統派」と「型破り派」どちらのタイプかから特徴づけられます。

印綬(いんじゅ)の「知性の星」と「正統派の星」にはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

通変星【印綬】は勉強や探求をしながら知識を積み上げていく星

0_通変星解説画像_印綬

通変星の【印綬(いんじゅ)】は、「知性の星」であり「正統派の星」です。

「知性の星」は、「探究心・向上心・興味好奇心・地位」を大切にしている星。

また「正統派の星」は、物事に対して正面突破で取り組んでいく性質を表します。

「知性の星」と「正統派の星」の性質を組み合わせると、勉強や探求をしながらコツコツと知識を積み上げていくイメージになります。

たっちゃん
たっちゃん
星のグループとタイプの性質を組み合わせることで、印綬(いんじゅ)がどんな星なのか読み解けるんですね。
同じ星のグループでもタイプが異なると、また違った特徴が現れてきそうです。
えつこ先生
えつこ先生
そうなんです。
例えば、印綬(いんじゅ)と偏印(へんいん)は同じ「知性の星」なので、探求心や好奇心を大切にしているところは一緒。
ただ偏印(へんいん)は「型破りの星」なので、正攻法で取り組む印綬(いんじゅ)とは異なり、今までにない発想でアプローチするタイプ…という違いがあるんですよ。

あなたの命式に【印綬】はある?通変星を調べよう

この記事では、命式の「通変星」「蔵干通変星」欄に注目します。

下の太枠部分に書かれている星が、あなたの持っている通変星です。

スイメイ
スイメイ
印綬(いんじゅ)を持っている場合は、下の太枠部分のどこかに「印綬」と書いてあるよ。
画像依頼①
えつこ先生
えつこ先生
命式がない人は、下のボタンを押すと簡単に命式を出すことができます。
もちろん無料です。
四柱推命の命式を作成する

あなたの命式に印綬(いんじゅ)はありましたか?

次からは、印綬(いんじゅ)を持つ人の基本的な性質について解説していきます。

スイメイ
スイメイ
四柱推命協会のボランティア講座では、命式の読み方や通変星などのさらに詳しい本質を伝えているんだ。
動画でわかりやすく伝えているから、初心者さんでも楽しく四柱推命を学べるよ。

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

四柱推命【印綬】の意味|性格・仕事・恋愛・運勢・著名人

印綬

【印綬(いんじゅ)】は、「知性の星」であり「正統派の星」です。

勉強や探求をしながら知識を積み上げていくような性質を持ち、学問・名誉・思いやりがテーマになります。

【印綬】の基本性格

【印綬(いんじゅ)】を持つ人は、知識を受け継ぎつなぐ人です。

「知性の星」である印綬(いんじゅ)を持つ人は、興味や関心があるものはとにかく「学びたい」と自ら調べて知識を吸収していくでしょう。

時間を忘れて読書に没頭してしまう人も多いかもしれません。

情報から物事を深く理解していく力に長けているため、膨大な知識を自分の中に蓄積し活かしていきます。

また、印綬(いんじゅ)は穏やかで優しい印象も魅力です。

面倒見のよさで、子どもや年下の人から好かれることも多いはず。
根気よく、愛情を持って目の前の人と向き合うことで、相手との信頼を築いていきます。

一方で、急な変化には弱い面もあるかもしれません。
考えることがとても得意な反面、考え過ぎてなかなか行動に移せない場合もあるでしょう。

もし動けない期間が長く続いてしまったときは、学んだ知識や知恵を人に伝えていくことを意識してみてください。

夢中になって吸収した知識が誰かに必要とされ喜ばれた経験は、印綬(いんじゅ)の行動力を後押ししてくれるでしょう。

スイメイ
スイメイ
恵まれた知性と積み重ねた知識を、どんどん周りの人に伝えていこう。

【印綬】の仕事・適職

【印綬(いんじゅ)】を持つ人は、飛び抜けた集中力を持っています。

そのため、集中力と探究心を活かせる職に就くと活躍できるでしょう。

研究職や作家、大学教授など「先生」と呼ばれるようなお仕事に縁があるかもしれません。

また、名誉を表す星でもある印綬(いんじゅ)を持つ人は、伝統芸能などの昔から受け継がれてきた分野に向いている可能性もあります。
コツコツと努力を重ねることで、地位と名誉をつかんでいくでしょう。

人に何かを教える立場になりやすい一方で、プライドが高いところも。
日頃から仕事で関わる人たちの尊敬できる部分を探してみるとよいでしょう。

また、印綬(いんじゅ)は仕事においても時間をかけて取り組みたいテーマに意識を向けるのがおすすめです。

印綬(いんじゅ)が誰かに「知ってほしい!」と思って伝える言葉には説得力があります。

穏やかな性格を活かして、豊富な知識や知恵を人に伝えていくことで、仕事でも正当な評価が得られるでしょう。

スイメイ
スイメイ
自分が熱意を注ぐテーマに集中すれば、大きな名誉を手にできそうだよ。

【印綬】の恋愛

【印綬(いんじゅ)】の人は、優しさと品のよい印象を周りに与える人です。

”知りたい欲求”が強い印綬(いんじゅ)は、恋愛においても「この人はどんな人なんだろう?」と好きな人のことを冷静に観察します。

ちょっぴり奥手で不器用なところもあるかもしれませんが、1人の人に誠実に向き合っていくでしょう。
しっかり地に足のついた恋愛ができるタイプです。

恋愛においても持ち前の高い分析力を活かして、相手が信頼できる人なのかをしっかりと見極めていきます。

愛情表現が得意なほうではないため、記念日には相手にプレゼントを渡したり感謝の気持ちを伝えたりするなど、物や言葉を使ってわかりやすく愛情を表現するのがおすすめです。

丁寧に深い愛情をパートナーへ注ぐことで、精神的にも信頼し合える関係を築けるでしょう。

スイメイ
スイメイ
一緒にいて心穏やかに過ごせるような恋愛ができそうだね。

【印綬】の運勢・開運ポイント

【印綬(いんじゅ)】を持つ人が開運するためには、常に学びをアップデートしていくことが大切です。

コツコツと時間をかけて探究し知性を高めていくことで、知識と知識をつなぎ合わせて、知恵を生み出せる才能を持っています。

探求した知識や生み出した知恵を誰かに伝えることが、豊かな人生への一歩につながるでしょう。

「興味があるものを調べたい」というスイッチが入ると、時間を忘れて没頭してしまうことも。

考え事を始めるとついつい考え過ぎてしまい、しっかり者で真面目な性格もあり、気づくと神経を張り詰めていることも多いかもしれません。
時には、頭を空っぽにしてぼーっとする時間を作ってリフレッシュしてくださいね。

印綬(いんじゅ)を持つ人は、早く結果を出そうと焦りすぎなくても大丈夫。

先人たちの残した知識に愛情を持って向き合い、自分が大切だと感じる人たちに伝えていきましょう。

歴史の中に存在する知識を見つめ、次の世代に受け継いでいく。
その担い手になることが開運につながっていきますよ。

スイメイ
スイメイ
自分のペースを大切にしながら学び続けてみよう。
学んだ知識を人へ伝えて循環させていくと、運がより開けそうだよ!

【印綬】の著名人

室伏広治・劇団ひとり・リチャード ギア ・有働由美子・森高千里・友近・黒沢かずこ・松嶋菜々子・上野樹里

柱の意味から【印綬】を深めよう|年柱・月柱・日柱

通変星の【印綬(いんじゅ)】は、命式に現れる場所によって、読み解けることが変わってきます。

スイメイ
スイメイ
印綬(いんじゅ)の性質や意味そのものは変わらないよ。
ただ、下の太枠部分のどこにあるかによって、印綬(いんじゅ)の影響が強く出やすいポイントがわかるんだ。
画像依頼②
えつこ先生
えつこ先生
命式で印綬(いんじゅ)の場所をチェックしたい人は、ここから作成してみましょう。
四柱推命の命式を作成する

それぞれの場所が表すことは、次のとおりです。

  1. 年柱にある通変星からわかること  :あなたの第一印象
  2. 年柱にある蔵干通変星からわかること:あなたが天から与えられたり家系から引き継いでいる才能
  3. 月柱にある通変星からわかること  :仕事のスタイル
  4. 月柱にある蔵干通変星からわかること:自然とできてしまう得意なことや適職
  5. 日柱にある蔵干通変星からわかること:持って生まれた本質的な性格
えつこ先生
えつこ先生
通変星、蔵干通変星や各柱の詳しい意味はこちらを見てくださいね。

1から5の場所に「印綬」がある場合の読み解き方を、ひとつずつご紹介します。

1【年柱】の【通変星】に印綬がある場合

3_1命式画像

年柱の通変星からわかることは、あなたの第一印象です。

ここに【印綬(いんじゅ)】がある場合、周囲から「上品で思慮深い人」と捉えられていることが多いでしょう。

落ち着いた雰囲気で、相手に安心感を与えることができる人です。

2【年柱】の【蔵干通変星】に印綬がある場合

4_2命式画像

年柱の蔵干通変星からわかることは、あなたが天から与えられたり家系から引き継いでいる才能です。

ここに【印綬(いんじゅ)】がある場合、向学心と高い思考能力を受け継いでいるでしょう。

穏やかな性格で、指導力にも恵まれています。

3【月柱】の【通変星】に印綬がある場合

5_3命式画像

月柱の通変星からわかることは、仕事のスタイルです。

ここに【印綬(いんじゅ)】がある場合、研究熱心に情報を集め、仕事に活かしていくでしょう。

例えば先生や研究者など、豊富な知性を活かせる仕事だと、特にプライドを持って取り組めそうです。

4【月柱】の【蔵干通変星】に印綬がある場合(中心星)

6_4命式画像

月柱の蔵干通変星からわかることは、自然とできてしまう得意なことや適職です。

四柱推命では「中心星」と呼ばれる星で、特に重要視します。

ここに【印綬(いんじゅ)】がある場合、知的好奇心が高く、自然といろいろな情報を収集するような人です。

また、難しい知識を丁寧に噛み砕いて伝えることも得意。
優しく、粘り強く接することができるため、人を教え導く先生として活躍する場合もあるかもしれません。

5【日柱】の【蔵干通変星】に印綬がある場合

7_5命式画像

日柱の蔵干通変星からわかることは、持って生まれた本質的な性格です。

ここに【印綬(いんじゅ)】がある場合、純粋に勉強を楽しめる人でしょう。

「この分野の知識なら誰にも負けない!」と健全な自信を持ちながら、自分を高めることができます。

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

命式に【印綬】が複数ある場合・持っていない場合の読み解き方

命式に【印綬(いんじゅ)】が複数ある場合の読み解き方についてお伝えします。

えつこ先生
えつこ先生
印綬(いんじゅ)をいくつ持っているのか知りたい人は、ここから命式を作成してみましょう。

四柱推命の命式を作成する
例えば、下の命式では印綬(いんじゅ)が2つあります。

1_印綬2つの命式画像

この場合、印綬(いんじゅ)の性質が強まると考えられます。

探究心や集中力といった性質がより強くなり、物事に対して深く考えることが増えるかもしれません。
学習意欲もアップするため、ある分野で専門家レベルの知識を習得することもあるでしょう。

名誉を求める傾向が強まると、高いプライドが顔を出す場面も多くなるかもしれません。
向上心の表れでもあるので、自分が関心を抱くテーマにその熱意を傾けてみるとよさそうです。

2_印綬3つの命式画像

印綬(いんじゅ)が3つある場合は、印綬(いんじゅ)と兄弟星である【偏印(へんいん)】の性質をあわせ持っていると考えられます。

「知性の星」の性質が強くなるため、気になることはすぐに調べ、知識を自分のものにしていきます。
偏印(へんいん)が持つ独自の感性やアイデア力もプラスされるので、誰も知らないような情報を知っている人として一目置かれることも。

知識が豊かな一方で、情報第一に考えてしまうと、周りの人の気持ちにやや鈍感になってしまうこともあるかもしれません。
常に新鮮な知識を取り入れることでモチベーションが高まり、周囲にも優しく穏やかに接することができるでしょう。

一方で、命式に印綬(いんじゅ)がない場合、物事を広い範囲からざっくりと捉える人が多くなります。
頭で考えて決断をするよりも、直感で判断することに長けた人もいるでしょう。

たっちゃん
たっちゃん
もっと四柱推命のことが知りたいあなたには、動画で四柱推命が学べる四柱推命協会の無料講座もおすすめです!
【ちょうどよい四柱推命講座】本質を知り命式を使いこなすコツを学ぶ四柱推命の本質を理解し、人生の運気を乗りこなしたい人のための講座。命式を読み解き使いこなすコツを無料で身につけられます。...

中心星でみる【印綬】の相性|他の通変星との相性

四柱推命では、月柱の蔵干通変星にある「中心星」を特に重要視します。

中心星同士の組み合わせに注目することで、相性を読み解けます。

命式ではここの部分をチェックしましょう。

自分の命式
9_命式画像

相手の命式
画像依頼⑧

えつこ先生
えつこ先生
自分と相性を占いたい相手の「中心星」に注目してくださいね。
上の命式では「比肩」と「印綬」になります。
スイメイ
スイメイ
命式で相性をチェックしたい人は、ここから作成してみよう。

四柱推命の命式を作成する
印綬(いんじゅ)と通変星の組み合わせは、次の10パターンです。

  • 印綬(いんじゅ) と 比肩(ひけん)
  • 印綬(いんじゅ) と 劫財(ごうざい)
  • 印綬(いんじゅ) と 食神(しょくじん)
  • 印綬(いんじゅ) と 傷官(しょうかん)
  • 印綬(いんじゅ) と 正財(せいざい)
  • 印綬(いんじゅ) と 偏財(へんざい)
  • 印綬(いんじゅ) と 正官(せいかん)
  • 印綬(いんじゅ) と 偏官(へんかん)
  • 印綬(いんじゅ) と 印綬(いんじゅ)
  • 印綬(いんじゅ) と 偏印(へんいん)

それぞれの相性を解説していきます。

【印綬(いんじゅ)】と【比肩(ひけん)】の相性

3_印綬と比肩(ひけん)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【比肩(ひけん)】の人は、お互いの能力を補い合える相性です。

印綬(いんじゅ)の知識と比肩(ひけん)の突破力が組み合わされば、どのような目標も成し遂げられる可能性を秘めます。

自分たちが思ってもいなかった遠くの地まで、2人で生み出したものを届けられるかもしれません。

通変星_比肩_アイキャッチ
四柱推命【比肩】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【比肩(ひけん)】の意味や性質などを解説。比肩を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...

【印綬(いんじゅ)】と【劫財(ごうざい)】の相性

4_印綬と劫財(ごうざい)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【劫財(ごうざい)】の人は、リラックスして自分をさらけ出せるような相性です。

印綬(いんじゅ)は穏やかさの中にも強い探究心を、劫財(ごうざい)は強い野心を持っているため、どこか似た部分があるとお互いに感じるかも。

2人で綿密に分析を重ねて準備をすれば、大きなチャレンジも楽しく乗り越えることができるでしょう。

通変星_劫財_アイキャッチ
四柱推命【劫財】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【劫財(ごうざい)】の意味や性質などを解説。劫財を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...

【印綬(いんじゅ)】と【食神(しょくじん)】の相性

5_印綬と食神(しょくじん)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【食神(しょくじん)】の人は、共通の話題や趣味があると話が尽きることなく付き合える組み合わせです。

思慮深さゆえに考え過ぎてしまう傾向のある印綬(いんじゅ)は、食神(しょくじん)の屈託のない明るさに救われることも多くなります。

お互いの価値観が違うからこそ、会話の中から新しいアイデアが生まれる可能性もあります。

通変星_食神_アイキャッチ
四柱推命【食神】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【食神(しょくじん)】の意味や性質などを解説。食神を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...

【印綬(いんじゅ)】と【傷官(しょうかん)】の相性

6_印綬と傷官(しょうかん)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【傷官(しょうかん)】の人は、じっくりと絆を深めていける組み合わせです。

独自の感性をそれぞれ持っているため、お互いを理解する時間は必要ですが、印綬(いんじゅ)は時間をかけて人と向き合うことが得意なので、焦らずじっくりと心の距離を縮めることができます。

また傷官(しょうかん)の繊細な表現力は、印綬(いんじゅ)の豊富な知識を美しい知恵に変換するサポートとなってくれるはずです。

通変星_傷官_アイキャッチ
四柱推命【傷官】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【傷官(しょうかん)】の意味や性質などを解説。傷官を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...

【印綬(いんじゅ)】と【正財(せいざい)】の相性

7_印綬と正財(せいざい)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【正財(せいざい)】の人は、心の友のように付き合える組み合わせです。

正財(せいざい)の誠実で真面目な性格は、印綬(いんじゅ)にとって心地よさを感じるでしょう。

ちょっぴり不器用さを持つ2人ですが、打ち解けてしまえば親友のようになれる可能性を秘めています。

通変星_正財_アイキャッチ
四柱推命【正財】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【正財(せいざい)】の意味や性質などを解説。正財を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...

【印綬(いんじゅ)】と【偏財(へんざい)】の相性

8_印綬と偏財(へんざい)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【偏財(へんざい)】の人は、相手を寛容に受け入れる意識を持つことで穏やかな関係を築ける相性です。

じっくりと距離を縮めたい印綬(いんじゅ)と、何事もスピーディーな偏財(へんざい)。
柔軟にどんどん変化していく偏財(へんざい)を見て、印綬(いんじゅ)は尊敬の意を示します。

印綬(いんじゅ)の知識で偏財(へんざい)をサポートしてあげると、一緒にさまざまなチャンスをつかめそうです。

通変星_偏財_アイキャッチ
四柱推命【偏財】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【偏財(へんざい)】の意味や性質などを解説。偏財を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。 ...

【印綬(いんじゅ)】と【正官(せいかん)】の相性

9_印綬と正官(せいかん)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【正官(せいかん)】の人は、信頼し合えるよきパートナーになれる相性です。

周囲への配慮を欠かさない正官(せいかん)と、人を育てる才能を持つ印綬(いんじゅ)は、周りの人からの信頼が厚いでしょう。

周りからの応援やサポートを受け取ることで、2人の関係性もより深まっていくかもしれません。

四柱推命【正官】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【正官(せいかん)】の意味や性質などを解説。正官を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。 ...

【印綬(いんじゅ)】と【偏官(へんかん)】の相性

10_印綬と偏官(へんかん)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【偏官(へんかん)】の人は、お互いの長所を活かすことで新しい世界を切り拓いていける組み合わせです。

エネルギッシュで行動派の偏官(へんかん)と、慎重な印綬(いんじゅ)。

最初は足並みが揃いにくいと感じることもありますが、お互いの長所を認め合い、目標や理想を共有することで、知恵と行動力を兼ね備えた最強のパートナーになれるでしょう。

通変星_偏官_アイキャッチ
四柱推命【偏官】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【偏官(へんかん)】の意味や性質などを解説。偏官を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...

【印綬(いんじゅ)】と【印綬(いんじゅ)】の相性

11_印綬と印綬(いんじゅ)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人同士は、お互いを刺激し合うよきライバルのような組み合わせです。

同じ印綬(いんじゅ)を持つ2人は「相手に負けたくない!」とよい意味で知識で競い合うことができるしょう。
優しく思いやりがあるため、相手を蹴落とすような争いに発展することはなさそうです。

長い時間を共に過ごすうちに、本心をさらけ出して一緒に高め合えるライバルのような存在になれるかもしれません。

【印綬(いんじゅ)】と【偏印(へんいん)】の相性

12_印綬と偏印(へんいん)

中心星が【印綬(いんじゅ)】の人と【偏印(へんいん)】の人は、お互いの知的好奇心をそそる組み合わせです。

同じ「知性の星」を持つため、興味のある知識や情報を一緒に探求することで絆を深めていきます。

偏印(へんいん)の発想力と、印綬(いんじゅ)が膨大な情報から見つけ出した知恵を組み合わせれば、誰も思いつかなかったような、新しい価値観が生まれてくるかもしれません。

通変星_偏印_アイキャッチ
四柱推命【偏印】の意味|性格・適職・恋愛・運勢を解説四柱推命の【偏印(へんいん)】の意味や性質などを解説。偏印を持つ人の性格や適職、恋愛から相性までお伝えします。...
スイメイ
スイメイ
「初心者でもわかりやすく四柱推命を学びたい」「もっと命式が読めるようになりたい」という人は、四柱推命協会の無料講座もチェックしてみてね。
通変星以外の星も使って、四柱推命を実践的に学べるよ。

命式や運勢の流れを読む基礎知識を
きちんと学び身につけられる
四柱推命協会の無料講座

ABOUT ME
優しい四柱推命
優しい四柱推命
優しい四柱推命は、わかりやすく四柱推命が学べるサイトです。四柱推命を初めて学ぶ方、すでに学びを進めている方、プロとして活躍されている方まで学びを深めていけるように、情報をまとめてお届けしていきます。