今月の運勢

今月の運勢|かげした真由子が占う2020年4月|生年月日・星座

あなたの今月の運勢は?

星読みテラスを監修する西洋占星術師・かげした真由子先生が、今月の星の動きの解説&12星座別の運勢とアドバイスをお届けします。

世の中は、新型ウイルスの話題で生活パターンの変化を余儀なくされる方も多く、これまでの当たり前が当たり前でなくなってきています。

先月の3/20は春分、3/22には2年半ぶりに人生の課題を表す土星がサインを移り水瓶座に移動しています。

これらの重要な節目を起点として、一人一人がどのように意識を変えていけば良いか?を考えなければならない時期に入りました。

この変化の4月に、星たちのエネルギーを味方につけて進むために意識したいテーマをお伝えします。

まゆちん先生
まゆちん先生
春分や土星の水瓶座への移動について詳しくしりたい人はこちらの記事をチェック♪
2020年3月20日は春分!【根本的な改革】が求められる1年に2020年3月20日春分図から社会の動きや過ごし方を西洋占星術師・かげした真由子先生が読み解きます。...
2020年土星が山羊座と水瓶座を移動!時期は? 影響は?2020年土星は山羊座と水瓶座を行き来しながら本格的な水瓶座時代へと突入!星読み初心者向け 土星の意味や移動を詳しく解説。...

2020年4月は【冥王星逆行までに切り替えをするとスムーズ】

2020年4月の星読みトピックス

1.全天体が順行(4/24まで)
2.【4/25】冥王星が逆行を開始
3.【4/4】金星が双子座に移動

2020年という1年は、大きな時代の節目を迎えます。

この大きな節目を迎えるにあたり、4/25の破壊と再生を表す冥王星が逆行をスタートさせる日を一つのポイントと考え、それまでに必要な備えをしたり、生活の切り替えをしたりすることが重要であると解釈できます。

というのも、4/25までは全ての天体が順行中であり、プランを立てたり、契約ごとを済ませたりするのに良い時期だからです。

4/25冥王星の逆行から始まり、土星、金星、木星が相次いで逆行に入っていきます。

冥王星、土星、木星などの社会を表す天体が逆行する時は、何かと物事が遠回りする時期です。それまでに必要な切り替えを済ませておくとスムーズでしょう。

2020年4月の主な星の動き

2020年4月_星の動き
まゆちん先生
まゆちん先生
冥王星が関わる時代の変化について詳しくしりたい人はこの記事をチェック♪
冥王星4_アイキャッチ
2020年から世界は水瓶座時代へ!太陽を輝かせて自分を生きよう2020年は、大きな時代の節目を水瓶座で迎えることになります。 さらに今回のテーマである冥王星も、2023年から徐々に水瓶座へと場...

【2020年4月】12星座別の今月の運勢とテーマ

まゆちん先生
まゆちん先生
あなたの太陽星座の運勢をチェックしてね
博士
博士
「自分の太陽星座がわからない」という人は、下の天球儀をクリックじゃ!無料でホロスコープを出せるぞ
horoscope

【牡羊座】多忙の中でも成果を感じられ努力が実現しやすい時

お誕生日の方も多い今月。太陽は4/19まで牡羊座に滞在しています。

知性とコミュニケーションを表す水星も牡羊座を通過していきますので、あなたにとっては多忙でありつつ、成果も目に見える形で現れる運気となりそうです。

先月3/22には土星が水瓶座に移行し、あなたにとっての土星は葛藤の角度から生産的な角度へ移行しました。つまり、空回りの努力と思っていたことが実は成果につながる土台になっていたことを実感するでしょう。

これまでの努力が実現しやすい時期に入りました。

また、4/8の満月は、あなたにとって対人関係の部屋を照らします。対外的なことやパートナーシップのテーマで嬉しいことがあるかもしれませんし、何らかの結論を手に入れる人もいるでしょう。

2020年牡羊座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】牡羊座生まれ(3/21~4/19ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【牡牛座】高みを目指しつつも地位や責任感を定着させる時

4/19には牡牛座に太陽が巡ってきます。お誕生日月の始まりですね。

お誕生日には生まれた時の太陽の位置に、その時の太陽が巡ってきます。(=ソーラーリターン)

いわばお誕生日は、魂の目的を宇宙の意図が照らし出す日です。つまり、これから一年の自己実現サイクルのはじまりです。

これまでの1年を振り返りつつ、新しい1年をどんな風に過ごしたいか思い描いてみると有意義です。

牡牛座に変革を表す天王星が滞在している2019年3月から2025年夏までの間、あなたは長期的な時の流れの中でブレイクスルーを起こしていきます。

この間、小さなブレイクスルーの波をいくつか起こしていくことになりますが、今月はいったん小さな波が落ち着き、新たに波を起こし始めるタイミングになります。

これまでは、どれだけ高く記録を伸ばせるか?といったことを追いかけてきたのですが、これからは記録を伸ばしつつも、得てきた地位、責任感、役割を定着させていく時期でもあります。

そういった切り替えの時期であることを意識すると自分のやることが見えてくるでしょう。

2020年牡牛座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】牡牛座生まれ(4/20〜5/20ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【双子座】明るい気持ちで外に目を向けていく時

月初の4/4から愛と美を表す金星が双子座に入り、恋愛運や魅力がアップします。

これまで鬱々した気分だった人も外見を華やかにしたくなったり、おしゃれをしたくなったりと明るい気分になるでしょう。

金星があなたをホットにしてくれた後、5月には太陽や知性を表す水星が追いかけて来て、あなたは何かを雄弁に語り出したり、形にしたものを表したりしていきます。4月は予行演習の期間です。

ウイルスのこともあり、海外旅行は実現が困難でしょうが、海外や英語、また異国の歴史などに興味が出てくる人も。

資料を取り寄せたり、輸入雑貨などに凝ってみるのもあなたのモチベーションを上げてくれます。

3/22に土星が2年半ぶりにサインを移動したおかげで、双子座は少しプレッシャーからは解放されます。

がんばっているのだけど一筋縄ではいかなかった状況がシンプルさを取り戻し、いつものあなたらしい要領の良さを取り戻していくでしょう。

2020年双子座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】双子座生まれ(5/21~6/21ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。 ...

【蟹座】社会的な活動の成果が得られる時 対人関係の課題もひと段落

社会的な活動、仕事・ビジネスの運気が良く、成果を受け取る時です。

特に4/11〜28は知性を表す水星があなたを雄弁にします。打ち出したいビジョン、湧き上がる使命感を言葉にして、大きな声で伝えると遠くまで届く時です。とても忙しい時期でもあります。

3/22に土星が2年半ぶりにサインを移動したのを機に、長期的に取り組んでいる対人関係、パートナーシップの課題から緊張感が取り除かれます。
ほっとしながら、「よくぞ乗り越えた私」と労ってあげてください。

また4/19から約1ヶ月は「引き寄せ力」が高まる時。欲しいものを明確にして実際に手に入れることを意図してみましょう。

その欲しいものは、あなたが志を同じくする仲間たちからもたらされる可能性が高いでしょう。

2020年蟹座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】蟹座生まれ(6/22~7/22ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【獅子座】人間関係を掘り下げる時 新しい出会いにも恵まれる

3/22の土星水瓶座入りを機に「一対一で向き合う」人間関係を深く掘り下げる時期に入ります。

これは2年以上続く長期的なテーマですが、今月はそのテーマが訪れたことを知らせるような出来事に遭遇するでしょう。新しい人との出会いである場合もあります。

また、太陽が牡牛座に入る4/19以降は社会的使命を意識し、自分らしい方法で社会に貢献したい気持ちが高まります。

「結果を出したい!」という機運が高まりますし、実際に成果をあげる方もいるでしょう。

それをサポートするかのように、金星があなたがステップアップするために必要な仲間を連れてきてくれます。

あなたの成果を支えたり、願望実現をフォローしたりするのは、親友や仲間がポイントとなってくるのです。

2020年獅子座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】獅子座生まれ(7/23~8/22ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【乙女座】楽しい気持ちでステップアップのスタートを切る時

4/11までコミュニケーションを表す水星があなたの向かい側の部屋に滞在し、一対一のコミュニケーションの運気が上がります。言い出せなかったことを話したり、曖昧な人間関係を明確にする良い機会でもあります。

スムーズに進みやすいこの時期に、交渉、約束事、契約などを済ませておくと良いでしょう。

4/23の新月は「さらなる高み」へとステップアップすることを心に決めるとよい時です。楽しくワクワクした気持ちで何かしらのスタートを切っていけそうです。

また愛と美を表す金星があなたの社会的使命の部屋を照らし出すため、華やかな場や立ち位置に縁があります。

土星の水瓶座入りは、あなたに健康や生活習慣を見直していくことを促します。今月はやる気を後押しする火星も共に水瓶座を運行していくので運動習慣をつけるのも良いでしょう。

2020年乙女座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】乙女座生まれ(8/23~9/22ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【天秤座】自分の生き方にマッチしたものを選択していく時

4/8は天秤座で満月が起こり、去年の秋ぐらいから積み重ねてきたことに対しての成果を受け取るタイミングです。

家庭に関するテーマで役割からのプレッシャーが大きかった人もいるかもしれませんね。これまで多忙を極めていた方は、3/22の土星水瓶座入りを機に落ち着きを取り戻していきます。

プライベートよりも外の方へ意識が向き始めます。4/11以降、コミュニケーションを表す水星があなたにとって対人関係の部屋に入ると、一対一の会話も賑やかになってきます。

この時期、様々な情報が入ってきますので、あなたの生き方にマッチしたものを選んでいくことが重要です。

4/23の新月には深い信頼関係にある人から、大切なものを引き継いだり、受けとったりといったことがありそう。

責任をもって引き継いでいくことで、あなたの中に大きなブレイクスルーが起こる可能性も大です。

2020年天秤座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】天秤座生まれ(9/23~10/23ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【蠍座】自分の居場所を整えて一対一の関係を深めていく時

3/22の土星水瓶座入りを機に、他者とのやりとりに費やしていたエネルギーを、自分の居場所でなにをするのか?といったテーマに注ぐことになりそうです。

自宅で集中する環境を整えたり、創造空間にしていったりすると運気がアップします。

とはいえ、対人関係、パートナーシップのテーマがなくなるわけではありません。

というのも、あなたの対岸に長期的に滞在しているブレイクスルーの星=天王星の近くに、太陽、コミュニケーションを表す水星が徐々に接近してくるため、月の後半からは、人との会話が活発になっていきます。

また、愛と調和を表す金星は絆の部屋に入るため、愛に関することは「楽しさ、軽さ」よりも「深さ、親密さ」がテーマになってきます。

一対一の関係にしっかり丁寧に向き合っていくことで運気が上がり、実り多き時期を過ごすことができるでしょう。

2020年蠍座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運蠍座生まれ(9/23~10/23ごろ)の2020年の運勢は?全体運、恋愛運・人間関係、仕事運、金運、注目の日を大紹介!自分の星から一年の運勢を読み解く方法も解説。...

【射手座】人との対話が活発になり喜びごとも多い時

やる気を表す火星と課題を表す土星が身近な環境を表す部屋に入ったため、SNSを含め、近しい人との対話が活発になります。

だからこそ、自分の行動や発言に対する責任感も意識するようになりますが、これは今月だけではなくこれから長期的に取り組んでいくテーマとなります。

恋愛を含む人生における「楽しみ」のエリアに太陽があり、その後水星が移動してきます。

恋愛運が上昇するので相手とのコミュニケーションがとてもスムーズですし、趣味活動、育児、ペットに関しても喜びごとの多い時期です。

4/8の満月は、ステップアップのエリアで起こるため、仕事、人間関係を含む人生そのもののステージが一段階上がる体感があるでしょう。

4/15の下弦の月では、破壊と再生を表す冥王星と拡大を表す木星の力も加わり、あなたが「与える人」になればなるほど現状を大きく変えていく力になることを物語っています。

2020年射手座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】射手座生まれ(11/23~12/21ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【山羊座】自分の才能を活用していく段階へ 変化を感じる時

3/22に土星が水瓶座入りしたことは、あなたにとっては大きな節目となりました。

これまでの二年半はある意味、「自分らしさ」たどり着くまで、幾つもの殻を破ってきたような時期でしたが、ようやく殻の内側にある「本当の自分」の才能に出会えたのです。

これからは、その才能を実際に活用していくフェーズに入ります。4月は空気感が変わること、そして何より自分の変化を感じるでしょう。

4/8の満月はその変化の末に手に入れた「成果」を実感する日となるでしょう。

そしてこれまで、自分を整えることでプライベートの充実を築いてきた人は、心のときめきを外側に求めていくプロセスに入る人も多いでしょう。

4/23の新月は恋愛を含むときめきの運気が上がり、ここで何か起こりそうです。

また4/4以降は愛と調和を表す金星が「毎日の積み重ね」のエリアで輝くため、これまでの当たり前のことにときめきを感じる人も。

2020年山羊座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運山羊座生まれ(12/22〜1/19ごろ)の2020年の運勢は?全体運、恋愛運・人間関係、仕事運、金運、注目の日を大紹介!自分の星から一年の運勢を読み解く方法も解説。...

【水瓶座】土星の課題に本格的に取り組むスイッチを入れる時

3/22には水瓶座に土星がやってきて、さらにやる気を後押しする火星も水瓶座に位置しているため、「もう、やるしかない。」というエネルギーを様々な出来事として感じている人も多いでしょう。

あなたはこれから2022年にかけて何かしらの課題に取り組んでいきますが、それは決してプレッシャーを感じるだけのものではなく、あなたに確実な手応えを与えてくれる取り組みでもあります。

例えば仕事において、重要なポストに就く人もいるでしょうし、誰かの人生に責任を持つ、といったことを通して土星の課題に取り組む人もいるでしょう。

今月はそのスイッチを入れていくひと月です。

また、SNSを含む身近な対話シーンは盛り上がりを見せ、やりとりは活発です。インプットもアウトプットも多い時期で、やりとりの中で「取り組む課題」に気づくこともできます。

2020年水瓶座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】水瓶座生まれ(1/20~2/18ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...

【魚座】貢献の意識に変化していく時 想いの言語化がスイッチに

3/22に土星が水瓶座に移動したのを機に人生のステージが変わりました。

自分の野望や豊かさを超え、個人を超え「世の中をもっとよくしたい」という思いが強くなり、それに伴い、世の中に対する問題意識も高くなっていきます。

2022年までを通し、あなたがこれまで人生で通ってきた成功体験も葛藤も全てが貢献に変わっていく時期に入りました。

今月はその想いをただの「夢想」ではなく具体的な言葉として誰かに伝えたくなり、それが現実化のスイッチを入れることになります。

あなたの居場所に関しても、4/4から愛と調和を表す金星の影響で運気がアップし、心地よさと楽しさで溢れるようになります。

あなたにとって日常のキラメキは心の滋養として、とても重要です。

自分がときめく居場所作りに努めてみると良いでしょう。

4/8の満月では誰かから大切なものを受け継いだり、受け取ったりすることもありそうです。

2020年魚座の運勢 生年月日で占う全体運・恋愛運・仕事運・金運【2020年】魚座生まれ(2/19~3/20ごろ)の運勢。「大事な節目の年」の全体運・恋愛運・仕事運・金運を解説。...
まゆちん先生
まゆちん先生
2020年は、星読み的一大イベントが待っています!どんな年になるのか知りたい人はこの記事をチェック♪
【2020年運勢】星読みで知る一年【星座別ランキングあり】2020年は240年に一度のミューテーション。社会はどう動くのか を詳しく読み解き!2020年の運勢を12星座別にランキングしています!...
なこ
なこ
「かげした真由子先生の星の読み方を詳しく知りたい」という方は、かげした先生監修の星を使いこなせちゃう無料講座をチェックしてね!
かげしたさんインタビュー_アイキャッチ
講師インタビュー・かげした真由子さん 星読みで運命のその先へ「星を使いこなせちゃう無料講座」は、星読みのスキルや星読みをお仕事にするためのエッセンスをふんだんに盛り込んでいます。講座を監修した「占い師の先生」かげした真由子さんに、占いの哲学や講座に込めた思いなどをインタビューで伺いました。...
命日占い・かげした真由子 星読みが伝える「死」の世界からのメッセージ命日占いは故人の命日と残された人のホロスコープを読み解く新しい占い。考案者のかげした真由子さんのインタビュー。...

 
\星よみ協会の無料講座開催中♪/
基本的な占星術の知識を身につけながら、あなただけの星の読み方を身につけてみませんか?
星よみ協会の無料講座

ABOUT ME
かげした真由子
かげした真由子
太陽双子座、月乙女座。愛称「まゆちん」。占術はタロット占いと西洋占星術で、占い師歴は約25年。占い師の先生としてこれまでに300名のプロを輩出。心理学等も学び、未来を当てるだけではなく運命のその先へと導くことができる問題解決型の占い師を育てることにこだわる。2018年からは「信頼できる、10年続くプロを養成する」というコンセプトをもとに動画制作を行う。「星を使いこなせちゃう無料講座」監修。著書に『占い好きが幸せになれない理由』(マガジンランド刊)。